Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

1ポートクリアチャネルDS3/E3 GPIMの設定

1ポートクリアチャネルDS3/E3 GPIMは、全二重DS3(T3)またはE3ラインレートをサポートできるチャネルインターフェイスです。以下のトピックでは、インターフェイスの概要を示し、1ポートクリアチャネルDS3/E3 GPIMをDS3ポートモード、E3ポートモード、M23マッピングモードにそれぞれ設定する方法について説明します。

1ポートクリアチャネルDS3/E3 GPIMについて

デバイスの1ポートクリアチャネルDS3/E3ギガビットバックプレーン 物理インターフェイスモジュール (GPIM)は、それぞれ44.796または34.368Mbpsの全二重DS3(T3)またはE3ラインレートをサポートできるクリアチャネルインターフェイスとして機能します。DS3/E3インターフェイスは、大企業の支社/拠点で広く利用されている広帯域WANインターフェイスで、低レイテンシで高品質の音声、ビデオ、およびデータアプリケーションを可能にします。GPIMデバイスはチャネル化をサポートしていませんが、サブレートDS3/E3コンフィギュレーションをサポートしています。

このトピックは、以下のセクションで構成されています。

サポートされている機能

クリアチャネルの実装は、主要なDSUベンダーが使用するサブレートオプションやスクランブルオプションなどの機能を提供します。インターフェイスとモードの選択に応じて、次の主な機能を使用できます。

  • フレーム付きおよび非フレーム型DS3(デフォルト)およびE3ポートモード

  • フレームリレー、ポイントツーポイント、HDLCシリアルカプセル化プロトコルをサポート

  • サブレートおよびペイロードスクランブルのための一般的なベンダーアルゴリズムのサポート

  • ループバック制御コード(ラインループバックのアクティブ化と非アクティブ化)およびFEACコードの生成と検出をサポート

  • 外部および内部クロッキングのサポート

  • DS3およびE3ネットワークアラームのサポート

  • シャーシ クラスタのサポート

  • 偽造防止チェックのサポート

  • ループバック(ローカル、リモート、ペイロード)およびBERT/PRBS/QRSS診断サポート

  • MTU サイズ 4474 バイト (デフォルト) および 9192 バイト (最大)

インターフェイス命名規則

次の形式は、1ポート クリア チャネル DS3/E3 GPIM インターフェイス名を表します。

どこ:

  • type- メディア タイプ(T3 または E3)

  • fpc- 物理インターフェイスが配置されているFPC(フレキシブルPICコンセントレータ)カードの番号

  • pic- 物理インターフェイスが配置されているPICの番号

  • port—PIC上の特定のポート

例: t3-1/0/0 および e3-2/0/0

物理インターフェイス設定

1ポートクリアチャネルDS3/E3 GPIMは、IP設定をサポートします。CLIを使用して、1ポートクリアチャネルDS3/E3 GPIMがDS3またはE3モードで動作するように設定できます。デフォルトでは、物理インターフェイスt3-x/y/zは、T3フレーミングでDS3モードで動作するGPIMポートで有効になります。

次のコマンドを使用して edit chassis 、物理インターフェイスのモードを E3 にリセットできます。

論理インターフェイス設定

デバイスの論理インターフェイスは、コマンドの edit interfaces または e3-options を設定するt3-optionsことで決定されます。

GPIM インターフェイスの MTU サイズを指定できます。Junos OSは、デフォルト値で4474バイト、または最大ジャンボGPIM実装で最大9192バイトのMTU値をサポートしています。

表 1 に、DS3 または E3 モードのネットワーク インターフェイスの仕様を示します。

表1:1ポートクリアチャネルDS3/E3 GPIMインターフェイスオプション

説明

DS3モード

E3モード

ネットワークインターフェイスの仕様

ラインエンコーディング

B3ZS

HDB3

フレーミング

  • C ビット パリティ (デフォルト)

  • M23

G.751(デフォルト)

サブレートとスクランブル

サポートされているベンダーアルゴリズム:

  • アドトラン

  • デジタルリンク

  • ケントロックス

  • ラースコム

  • ベリリンク

サポートされているベンダーアルゴリズム:

  • デジタルリンク

  • ケントロックス

ネットワーク アラーム

ANSI 仕様に従ってサポートされています。

  • 信号損失(LOS)

  • フレーム外 (OOF)

  • LOF(フレーム損失)

  • アラーム識別信号(AIS)

  • リモート欠陥識別(RDI)

ITU-T 仕様に準拠したサポート:

  • 信号損失(LOS)

  • フレーム外 (OOF)

  • アラーム識別信号(AIS)

  • リモート欠陥識別(RDI)

  • フェーズロックループ(PLL)

エラー カウンター

定期的な 1 秒間のポーリング ルーチン中に増加します。

  • 回線コード違反(LCV)

  • P ビット コード違反(PCV)

  • C ビット コード違反(CCV)

  • ラインエラー秒数(LES)

  • P ビットエラー秒数(PES)

  • C ビットエラー秒数(CES)

  • 重大エラーフレーミング秒数(SEFS)

  • P ビット重大エラー秒数(PSES)

  • C ビット重大エラー秒数(CSES)

  • 使用不可秒数(UAS)

定期的な 1 秒間のポーリング ルーチン中に増加します。

  • フレーム アライメント エラー(FAE)

  • バイポーラ コーディング違反(BCV)

  • 過剰なゼロ (EXZ)

  • 回線コード違反(LCV)

  • ラインエラー秒数(LES)

  • 重大エラーフレーミング秒数(SEFS)

  • 使用不可秒数(UAS)

HDLCの機能

Mtu

デフォルト(4474バイト)または最大ジャンボ(最大9192バイト)

デフォルト(4474バイト)または最大ジャンボ(最大9192バイト)

共有フラグ

サポート

サポート

アイドル フラグ/フィル (0x7e またはすべての 1)

サポート

サポート

カウンター

ラント、巨人

ラント、巨人

例:DS3 ポート モードの 1 ポート クリアチャネル DS3/E3 GPIM の設定

この例では、DS3(T3)動作モードでGPIMを設定します。

要件

始める前に:

  • SRXシリーズサービス物理インターフェイスモジュールのハードウェアガイドの指定に従ってデバイスをインストールします。

概要

この例では、基本的な T3 インターフェイスを設定し、フレーミングを C ビット パリティ モードに変更します。

トポロジ

構成

手順

手順

GPIM を設定するには、次の手順に従います。

  1. GPIM のインストール、場所、および状態を確認します。この例では、GPIMはスロット8/PIC 0にインストールされ、現在オンラインです。

  2. 論理インターフェイスのIPアドレスを設定します。

  3. MTU 値を 9018 に設定します。

  4. フレーミング モードを設定します。

  5. フレームなしの DS3 モードを有効にします。

  6. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

  7. デバイスの構成を確認するために、次の動作コマンドを入力します。

例:E3 ポート モード用の 1 ポート クリア チャネル DS3/E3 GPIM の設定

この例では、E3 環境の既定の構成を変更します。

要件

始める前に:

  • SRXシリーズサービス物理インターフェイスモジュールのハードウェアガイドの指定に従ってデバイスをインストールします。

概要

この例では、基本的な E3 インターフェイスを設定します。

トポロジ

構成

手順

手順

E3 フレーミングで GPIM を設定するには、次の手順に従います。

  1. GPIM のインストール、場所、および状態を確認します。この例では、GPIMはスロット8/PIC 0にインストールされ、現在オンラインです。

  2. E3ポートモードに変更します。

  3. MTU 値を 3474 にリセットします。

  4. フレームなしモードを有効にします。

  5. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

  6. デバイスの構成を確認するために、次の動作コマンドを入力します。

例:M23マッピングモード用の1ポートクリアチャネルDS3/E3 GPIMの設定

次の例は、M23マッピングモードでDS3でGPIMを設定します。M23マッピングはCビットパリティを提供しないことに注意してください。

要件

始める前に:

  • SRXシリーズサービス物理インターフェイスモジュールのハードウェアガイドの指定に従ってデバイスをインストールします。

概要

この例では、基本的な T3 インターフェイスを設定し、C ビット パリティなしでフレーミングを M23 モードに変更します。

トポロジ

構成

手順

手順

GPIM を設定するには、次の手順に従います。

  1. GPIM のインストール、場所、および状態を確認します。この例では、GPIMはスロット8/PIC 0にインストールされ、現在オンラインです。

  2. 論理インターフェイスのIPアドレスを設定します。

  3. MTU 値を 9018 に設定します。

  4. フレーミング モードを設定します。

  5. M23 モードで C ビット パリティを無効にします。

  6. デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

  7. デバイスの構成を確認するために、次の動作コマンドを入力します。