Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

リンク サービス インターフェイスでのサービス クラスの設定

ジュニパーネットワークスのデバイスでは、LFIが有効になっている場合、キュー2またはメンバーリンクに割り当てられたすべての転送トラフィックはLFI(音声)トラフィックとして扱われます。以下のトピックでは、分類子と転送クラスの概要、スケジュールマップの定義と適用、SRXシリーズファイアウォールのインターフェイスシェーピングレートの概要と設定の詳細について説明します。

分類子と転送クラスの定義方法の理解

分類子を定義することで、受信パケットを転送クラスと損失の優先度に関連付けます。関連付けられた転送クラスに基づいて、パケットを出力キューに割り当てます。分類子を設定するには、異なるタイプのトラフィックのビットパターンを指定します。分類子はこのビットパターンを取得し、インターフェイスに到着するパケットのタイプとの照合を試みます。パケットのヘッダー内の情報が指定されたパターンと一致する場合、パケットは、分類子に関連付けられた転送クラスによって定義された適切なキューに送信されます。

ジュニパーネットワークスのデバイスでは、LFIが有効になっている場合、キュー2またはメンバーリンクに割り当てられたすべての転送トラフィックはLFI(音声)トラフィックとして扱われます。ネットワーク制御トラフィックはデフォルトでキュー 3 に割り当てられるため、キューに明示的に割り当てる必要はありません。

メモ:

メンバーリンク:

  • DATA はキュー 0 に割り当てられます。

  • VOICE はキュー 2 に割り当てられます。

  • NC (ネットワーク制御) がキュー 3 に割り当てられています。デフォルトでは、NC はキュー 3 に割り当てられます。

例:分類子と転送クラスの定義

この例では、音声、データ、ネットワーク制御パケットなど、さまざまなタイプのトラフィックに分類子を定義し、トラフィックをさまざまな出力キューに誘導してスループットを管理する方法を示します。

要件

始める前に:

  • シリアルリンクで通信する少なくとも2つのシリアルインターフェイスを持つ2つのジュニパーネットワークスデバイスを設定します。

  • CoSコンポーネントを設定します。 セキュリティデバイス向けJunos OSサービスクラス設定ガイドを参照してください。

概要

この例では、サービス クラスを設定し、すべての着信トラフィックに割り当てられるデフォルトの IP 優先順位分類子を classify_input に設定します。次に、type of service フィールドの優先順位ビット値を、すべての着信データ トラフィックの場合は 000、すべての着信音声トラフィックの場合は 010 に設定します。すべての発信データ トラフィックをキュー 0 に設定し、すべての音声トラフィックをキュー 2 に設定すると、フラグメント化マップ キュー 2 はフラグメント化なしに対応します。

構成

手順

CLIクイック構成

この例をすばやく設定するには、次のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除して、ネットワーク構成に合わせて必要な詳細を変更し、 階層レベルのCLI [edit] にコマンドをコピーして貼り付けます。

手順

次の例では、設定階層のいくつかのレベルに移動する必要があります。その方法の説明については、 Junos OS CLIユーザーガイド設定モードでCLIエディターを使用するを参照してください。

分類子と転送クラスを定義するには:

  1. サービスクラスを設定します。

  2. パケットを分類するための動作集約分類器を設定します。

  3. IP優先度のあるパケットをデータ転送クラスに割り当て、損失優先度を指定します。

  4. IP優先度のパケットを音声転送クラスに割り当て、損失の優先度を指定します。

  5. 転送クラスを出力キューと 1 対 1 で指定します。

  6. インターフェイスを作成し、動作集約分類子を適用します。

  7. フラグメント化マップを設定します。

  8. フラグメント化マップをインターフェイスにアタッチします。

結果

設定モードから、 コマンドを入力して show class-of-service 設定を確認します。出力結果に意図した設定内容が表示されない場合は、この例の設定手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モードから コミット を入力します。

検証

設定が正常に機能していることを確認するには、このタスクを実行します。

分類子と転送クラスの検証

目的

分類子と転送クラスを検証します。

アクション

動作モードから コマンド show class-of-service を入力します。

スケジューラ マップを定義および適用する方法の理解

ジュニパーネットワークス デバイスは、ユニット単位のスケジューリング set class-of-service schedulers S0 priority lowをサポートしており、MLPPP または MLFR マルチリンク バンドルごとにスケジューラ マップを設定できます。スケジューラマップを構成要素リンクに設定することもできますが、構成要素リンクとマルチリンクバンドルで同じ相対優先度を維持する必要があります。

ジュニパーネットワークスのデバイス上でLFIを使用してCoSコンポーネントを設定する場合、シェーピングレート、スケジューリングの優先度、バッファサイズに関する特定の推奨事項に従うことを推奨します。

LFIを設定する場合、マルチリンクバンドルの各構成要素リンクにシェーピングレートを設定することをお勧めします。LFI キューの ジッター を制限するには、構成要素リンクのシェーピング レート設定が必要です。LFI キューに遅延やジッターの影響を受けやすいトラフィックがないと予想される場合、または LFI トラフィックがまったくない場合、シェーピング レートの設定はオプションです。

表1 は、マルチリンクバンドルとその構成要素リンクにおける正しい相対的優先順位と誤った相対優先順位の例を示しています。この例では、マルチリンクバンドル上のLFIパケットに高い優先度を割り当て、データパケットに低い優先度を割り当てています。構成リンクの相対的な優先度を維持するには、LFI パケットに高い優先度、データ パケットに中-高優先度を割り当てることができますが、LFI パケットに中-高優先度、データ パケットに高優先度を割り当てることはできません。

表1:マルチリンクバンドルと構成要素リンクの相対的な優先順位

マルチリンクバンドル

構成要素リンクの優先度の修正

構成要素リンクの優先順位が正しくない

LFI パケット—高優先度

LFI パケット—高優先度

LFI パケット - 中高優先度

データパケット—低優先度

データ パケット - 中-高優先度

データパケット—高優先度

スケジューラーを定義することによって、各キューの伝送サービス・レベルを決定する出力キューのプロパティーを構成します。これらのプロパティには、キューに割り当てられたインターフェイス帯域幅の量、パケットを格納するために割り当てられるメモリ バッファーのサイズ、およびキューの優先順位が含まれます。スケジューラを定義した後、スケジューラ マップを使用して、スケジューラを転送クラスに関連付けます。次に、各スケジューラ マップをインターフェイスに関連付けて、このマッピングに従って動作するハードウェア キューとパケット スケジューラを設定します。

メモ:

データストリームとLFIストリームが存在する場合、構成要素リンクには以下のスケジューラマップ設定を推奨します。これにより、LFIトラフィックの遅延が軽減され、データトラフィックの順不同送信を回避できます。

以下のスケジューラを設定します。

  • set class-of-service schedulers S0 buffer-size temporal 20k

  • set class-of-service schedulers S0 priority low

  • set class-of-service schedulers S2 priority high

  • set class-of-service schedulers S3 priority high

以下のスケジューラ マップを設定します。

  • set class-of-service scheduler-maps lsqlink_map forwarding-class best-effort scheduler S0

  • set class-of-service scheduler-maps lsqlink_map forwarding-class assured-forwarding scheduler S2

  • set class-of-service scheduler-maps lsqlink_map forwarding-class network-control scheduler S3

スケジューラマップをすべてのメンバーリンクに添付:

  • set class-of-service interfaces t1-2/0/0 unit 0 scheduler-map lsqlink_map

メモ:

この設定後も、再構築側で範囲外のシーケンス番号ドロップが見られる場合は、バンドルのドロップ タイムアウトを 200 ミリ秒に増やしてください。

例:スケジューラ マップの設定

この例では、スケジューラ マップを構成して、各出力キューの伝送サービス レベルを決定する方法を示します。

要件

開始する前に、2台のジュニパーネットワークスデバイスに、シリアルリンクで通信する少なくとも2つのシリアルインターフェイスを設定する必要があります。

概要

この例では、lsq-0/0/0、se-1/0/0、se-1/0/1 というインターフェイスを作成します。ユニットごとのスケジューリングを有効にして、バンドル上のスケジューラ マップの設定を許可します。スケジューラ マップを lsq-0/0/0 で s_map として設定します。次に、マルチリンクバンドルの構成要素リンクse-1/0/0とse-1/0/1にスケジューラマップを適用します。スケジューラを、転送クラス DATA、VOICE、NC のそれぞれに関連付けます。DATA スケジューラーの出力キューのプロパティーを定義するには、伝送速度とバッファー・サイズを 49% に設定します。VOICE スケジューラーの出力キューのプロパティーを指定するには、伝送速度を 50%、バッファー・サイズを 5%、優先順位を高に設定します。最後に、送信レートとバッファサイズを 1% に設定し、優先度を高に設定して、NC スケジューラの出力キューのプロパティを定義します。

トポロジ

構成

手順

CLIクイック構成

この例をすばやく設定するには、次のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除して、ネットワーク構成に合わせて必要な詳細を変更し、 階層レベルのCLI [edit] にコマンドをコピーして貼り付けます。

手順

次の例では、設定階層のいくつかのレベルに移動する必要があります。その方法の説明については、 Junos OS CLIユーザーガイド設定モードでCLIエディターを使用するを参照してください。

スケジューラ マップを設定するには:

  1. インターフェイスを作成し、ユニット単位のスケジューリングを有効にします。

  2. スケジューラマップを定義し、マルチリンクバンドル内の構成要素リンクに適用します。

  3. 各転送クラスにスケジューラを関連付けます。

  4. DATA スケジューラーの出力キューのプロパティーを定義します。

  5. VOICE スケジューラーの出力キューのプロパティーを定義します。

  6. 不適合スケジューラの出力キューのプロパティを定義します。

結果

設定モードから、 コマンドを入力して show class-of-service 設定を確認します。出力結果に意図した設定内容が表示されない場合は、この例の設定手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モードから コミット を入力します。

検証

設定が正常に機能していることを確認するには、このタスクを実行します。

スケジューラ マップの構成の確認。

目的

スケジューラ マップの構成を確認します。

アクション

動作モードから、 show class-of-services lsq-0/0/0 scheduler-map s_mapshow class-of-services se-1/0/0 scheduler-map s_map、および show class-of-services se-1/0/1 scheduler-map s_map コマンドを入力します。

インターフェイスシェーピングレートの理解

LFIを設定する場合、マルチリンクバンドルの各構成要素リンクにシェーピングレートを設定することをお勧めします。LFI キューの ジッター を制限するには、構成要素リンクのシェーピング レート設定が必要です。LFI キューに遅延やジッターの影響を受けやすいトラフィックがないと予想される場合、または LFI トラフィックがまったくない場合、シェーピング レートの設定はオプションです。

シェーピング レートは、マルチリンク バンドルに割り当てる帯域幅の量を指定します。シェーピング レートが、構成要素リンクの物理インターフェイス帯域幅の合計と等しくなるように設定する必要があります。2つの構成要素リンクの合計帯域幅容量は2Mbpsです。したがって、各構成要素リンクで2Mbpsのシェーピングレートを設定します。

例:インターフェイス シェーピング レートの設定

この例では、インターフェイスシェーピングレートを設定して、インターフェイス上で送信されるトラフィックの最大レートを制御する方法を示します。

要件

始める前に:

  • シリアル リンクで通信する少なくとも 2 つのシリアル インターフェイスで構成された 2 台のジュニパーネットワークス デバイスを構成します。シリアルインターフェイスの詳細については。 「 シリアル インターフェイスの概要」を参照してください。

  • インターフェイスにシェーピング レートを適用するには、まずユニット単位のスケジューリングを有効にする必要があります。ユニットごとのスケジューリングの詳細については、こちら。 「例:スケジューラ マップの設定」を参照してください。

概要

この例では、マルチリンクバンドルの構成要素リンクse-1/0/0とse-1/0/1のシェーピングレートを2000000に設定します。

トポロジ

構成

手順

手順

インターフェイスのシェーピングレートを設定するには:

  1. サービスクラスを設定します。

  2. マルチリンクバンドルの構成要素リンクにシェーピングレートを適用します。

検証

設定が正常に機能していることを確認するには、 コマンドを入力します show class-of-service