Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

パワー オーバー イーサネット

パワー オーバー イーサネット(PoE)は、データと電力の両方が銅線イーサネットLANケーブルを通過できるIEEE 802.3 AFおよびIEEE 802.3 AT規格の実装です。以下のトピックでは、セキュリティ デバイスのインターフェイスの設定PoEの概要と設定のPoEについて説明します。

パワー オーバー イーサネットの概要

パワー オーバー イーサネット(PoE)は、データと電力の両方が銅線イーサネットLANケーブルを通過できるIEEE 802.3 AFおよびIEEE 802.3 AT規格の実装です。

SRX シリーズ デバイスを電源ソーシング機器(PSE)として動作し、指定されたポートに接続された電源デバイスに電源を供給できます。詳細については、 データ センター PoE(パワー オーバー イーサネット) PoE ガイド を参照EX シリーズ スイッチ。

このトピックは、以下のセクションで構成されています。

SRX シリーズ サービスゲートウェイ PoE仕様

表 1 は、SRX210、SRX220、SRX240、SRX320、SRX650、SRX550 M の各デバイスのPoE仕様を示しています。(プラットフォームのサポートは、インストールJunos OSのリリースによって異なります)。

表 1:PoE、SRX210、SRX220、SRX240、SRX320 デバイスのSRX650仕様

仕様

デバイスSRX210

デバイスSRX220

デバイスSRX240

デバイスSRX320 PoE

 

SRX 550 M デバイス用

デバイスSRX650

サポートされている標準

  • IEEE 802.3 AF

  • 従来の規格

  • IEEE 802.3 AF

  • IEEE 802.3 AT(PoE+)

  • 従来の規格

  • IEEE 802.3 AF

  • IEEE 802.3 AT(PoE+)

  • 従来の規格

  • IEEE 802.3 AF

  • IEEE 802.3 AT(PoE)

  • 従来の規格

 
  • IEEE 802.3 AF

  • IEEE 802.3 AT(PoE+)

  • 従来の規格

  • IEEE 802.3 AF

  • IEEE 802.3 AT(PoE+)

  • 従来の規格

サポートされるポート

2 個のギガビット イーサネット ポート、および 2 個のファスト イーサネット ポート( 、 、 ) ge-0/0/0 ge-0/0/1 fe-0/0/2 でサポート fe-0/0/3 されます。

すべての 8 ギガビット イーサネット ポート( ~ )で ge-0/0/0 サポート ge-0/0/7 されます。

すべての 16 ギガビット イーサネット ポート( ~ )で ge-0/0/0 サポート ge-0/0/15 されます。

すべての 6 個の銅線(RJ45)ギガビット イーサネット ポート( ~ )で ge-0/0/0 サポート ge-0/0/5 されます。

 

16GE-POE xPIM カードでサポート

以下のポートでサポートされます。

  • 16ギガビット イーサネット ポートのスロット2または6

    • ge-2/0/0 to ge-2/0/15

    • ge-6/0/0 to ge-6/0/15

  • 24 ギガビット イーサネット ポートのスロット 2 または 6

    • ge-2/0/0 to ge-2/0/23

    • ge-6/0/0 to ge-6/0/23

合計 PoE ソーシング容量

50 W

120 W

150 W

180 W

 

645 W AC および 645 W の DC 電源は、次の容量をサポートします。

  • 1 台の電源で 250 W、または 2 電源オプションを使用して冗長構成。

  • 2 つの電源オプションを使用した場合、500 W をノンランダラントとして動作します。

645 W AC および 645 W の DC 電源は、次の容量をサポートします。

  • 1 台の電源で 250 W、または 2 電源オプションを使用して冗長構成。

  • 2 つの電源オプションを使用した場合、500 W をノンランダラントとして動作します。

ポートあたりのデフォルト電力制限

15.4 W

15.4 W

15.4 W

30 W

 

15.4 W

15.4 W

ポートあたりの最大電力制限

30 W

30W

30 W

30 W

 

30 W

30 W

電源管理モード

  • 静的: 各インターフェイスに電力を割り当て設定できます。

  • クラス: インターフェイスに電力を割り当てるのは、接続されている電源デバイスのクラスに基づいて行います。

  • 静的: 各インターフェイスに電力を割り当て設定できます。

  • クラス: インターフェイスに割り当てられた電力は、接続されている電源デバイスのクラスに基づいて行います。

  • 静的: 各インターフェイスに電力を割り当て設定できます。

  • クラス: インターフェイスに割り当てられた電力は、接続されている電源デバイスのクラスに基づいて行います。

  • 静的: 各インターフェイスに電力を割り当て設定できます。

  • クラス: インターフェイスに電力を割り当てるのは、接続されている電源デバイスのクラスに基づいて行います。

 
  • 静的: 各インターフェイスに電力を割り当て設定できます。

  • クラス: インターフェイスに割り当てられた電力は、接続されている電源デバイスのクラスに基づいて行います。

  • 静的: 各インターフェイスに電力を割り当て設定できます。

  • クラス: インターフェイスに割り当てられた電力は、接続されている電源デバイスのクラスに基づいて行います。

PoEクラスと定格電力

表 2 は 、クラスとその定格を、各標準規格の指定に従IEEEしています。

表 2:SRX シリーズのPoE仕様

クラス

使用

ポートからの最小電力PoE出力

0

既定

15.4 W

1

オプション

4.0 W

2

オプション

7.0 W

3

オプション

15.4 W

4

予約

クラス 4 の電源デバイスは、標準に従って最大 30 W の電力IEEEされます。

PoEオプション

デバイスを設定PoE、ポート用の PoE インターフェイスを有効にして、接続された電源を取り付されたデバイスに電力を供給する必要があります。さらに、次の機能を設定PoEできます。

  • ポートの優先度 — ポートの優先度を設定します。接続されているすべてのポートの電力を維持できない場合、優先度の高いポートの前に低い優先ポートの電源が切れになります。優先度の高いポート上のデバイスを接続すると、優先度の高いポートの電力が不足している場合、優先度の低いポートの電源が自動的にオフになります。(優先度が同じ設定のポートの場合、左側のポートは右側のポートよりも高い優先度が与えられる)。

  • ポートに使用可能な最大消費電力— ポートに供給できる最大電力量を設定します。ポートあたりのデフォルトワット数は15.4ワットです。

  • PoE消費電力のロギング — ポート単位のログ作成と電力PoEできます。デフォルトではテレメトリ セクションは無効になっています。ロギングを有効にするには、明示的に指定する必要があります。デフォルトのテレメトリ期間は 1 時間で、間隔は 5 分です。

  • PoE管理モード — 2 つのモード:

    • クラス — 分類プロセスを使用して、電力が動的に割り当てされます。

    • 静的 — 最大電力構成に基づいて電力が割り当てされます。

  • 電力の予約 — 電力消費量が急増した場合に備え、指定した電力量をゲートウェイのためにPoEします。デフォルトは0です。

例: インターフェイスのPoE設定

このトピックでは、すべてのインターフェイス、個々のインターフェイスでPoE インターフェイスを設定し、インターフェイスを無効にする方法についてPoEできます。以下の表は、インターフェイスCLI設定に使用する簡易設定コマンドの簡単なPoE示します。

CLI迅速な設定

次の表を使用して、個々CLIすべてのインターフェイスで PoE を設定する簡易設定コマンドとインターフェイスの詳細を表示します。

表 3:簡易CLI構成

構成手順

CLI設定コマンドの迅速な設定

個々のPoEインターフェイスでインターフェイスの設定を行います。

set poe interface ge-0/0/0 priority high maximum-power 15.4 telemetries
set poe management static guard-band 15 

すべての個別PoE インターフェイスでインターフェイスを設定します。

set poe interface all priority low maximum-power 15.4 telemetries
set poe management static guard-band 15 

インターフェイスPoE設定

次の表では、セキュリティ デバイス上で複数のインターフェイスをPoE手順を示します。

表 4:PoEインターフェイスの設定

構成手順

コマンド

ステップ 1:デバイスのPoE

個別のインターフェイスの場合:

[edit]
user@host# edit poe interface ge-0/0/0

すべてのインターフェイスの場合:

[edit]
user@host# edit poe interface all

ステップ 2:電源ポートの優先度を設定します。

個別のインターフェイスの場合:

[edit poe interface ge-0/0/0]
user@host# set priority high

すべてのインターフェイスの場合:

[edit poe interface all]
user@host# set priority low

ステップ 3: ポートで使用可能PoE最大電力を設定します。

個々のインターフェイスの場合:

[edit poe interface ge-0/0/0]
user@host# set maximum power 15.4

すべてのインターフェイスの場合:

[edit poe interface all]
user@host# set maximum power 15.4

ステップ 4:デバイスの電力消費のPoEを有効にします。

個別のインターフェイスの場合:

[edit poe interface ge-0/0/0]
user@host# set telemetries

すべてのインターフェイスの場合:

[edit poe interface all]
user@host# set telemetries

管理モードPoE設定します。

[edit]
user@host# set poe management static

ステップ 6:消費電力の急増に備え、消費電力PoEします。

[edit]
user@host# set poe guard-band 15

ステップ 7:(オプション)すべてのインターフェイスPoEを無効にします。

[edit]
user@host# set poe interface all disable

ステップ 8:(オプション)特定のインターフェイスPoE無効にする。

[edit]
user@host# set poe interface ge-0/0/0 disable

ステップ 9: デバイスの設定が完了したら、設定をコミットします。

[edit]
user@host# commit

および を show poe interface ge-0/0/0 使用 show poe interface all して、設定の出力を確認します。設定が正常に機能されていることを確認するには、 コマンドを入力 show poe interface します。

検証

目的

個々のインターフェイスPoEのインターフェイスが有効になっているか、インターフェイスを無効にする方法PoEします。(この例で使用するデバイスは、インストールSRX240のJunos OSに応じて、サービスゲートウェイまたはSRX340のデバイスです)。

アクション

  • インターフェイスで設定されたパラメータに関する情報をPoEするには。

  • 指定期間PoEインターフェイスの消費電力を検証します。

    すべての記録について:

    特定のレコード数:

    テレメトリ ステータスには、指定されたインターフェイスの電力消費量履歴が表示されます。このインターフェイスに対してテレメトリが設定されている場合)。

  • ガード 帯域、電力制限、消費電力などのグローバル パラメータを検証します。

  • デバイス上の PoE が有効で、必要な優先度設定に設定されている必要があります。(ここで使用されているデバイスは SRX340デバイスサービスゲートウェイ。

    この出力は、デバイスに4つのインターフェイス インターフェイスPoE、この2つのインターフェイスはデフォルト値で有効になっています。1 つのポートにデバイスが接続され、想定した制限内で電力が供給されます。