Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

マルチリンクバンドルで広帯域、ロードバランシング、冗長性を実現

以下のトピックでは、シリアルリンクでのMLPPPバンドルとリンクフラグメンテーションおよびインターリーブ(LFI)の概要、およびセキュリティデバイスでのMLPPバンドルの設定について説明します。

例:MLPPP バンドルの設定

この例では、トラフィック帯域幅を増やすためにMLPPPバンドルを設定する方法を示しています。

要件

開始する前に、2台のジュニパーネットワークスデバイスに、シリアルリンクで通信する少なくとも2つのシリアルインターフェイスを設定する必要があります。

概要

この例では、ジュニパーネットワークスのデバイス R0 および R1 上のリンク サービス インターフェイス lsq-0/0/0 の論理ユニット レベルで MLPPP バンドル lsq-0/0/0.0 を作成します。次に、2つのシリアルインターフェイスse-1/0/0とse-1/0/1をマルチリンクバンドルに構成要素リンクとして追加します。 図 1 では、会社のブランチ オフィスがデバイス R0 および R1 を使用してメイン ブランチに接続されています。データと音声のトラフィックは、2 つの低速 1 Mbps シリアル リンクで送信します。帯域幅を増やすには、MLPPPを設定し、2つのシリアルリンクse-1/0/0とse-1/0/1をマルチリンクバンドルlsq-0/0/0.0に結合します。次に、R0 と R1 で LFI と CoS を設定して、データ パケットよりも先に音声パケットを送信できるようにします。

図1: シリアルリンク Configuring MLPPP and LFI on Serial LinksでのMLPPPとLFIの設定

構成

手順

CLIクイック構成

この例を迅速に設定するには、次のコマンドをコピーしてテキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致させる必要がある詳細情報を変更し、コマンドを階層レベルでCLI [edit] にコピーアンドペーストして、設定モードから を入力します commit

手順

次の例では、設定階層のいくつかのレベルに移動する必要があります。その方法の詳細については、 設定モードでのCLIエディターの使用を参照してください。

MLPPPバンドルを設定するには、次の手順に従います。

  1. 両方のデバイスでインターフェイスを作成します。

  2. ファミリーinetを設定し、デバイスR0でIPアドレスを定義します。

  3. ファミリーinetを設定し、デバイスR1でIPアドレスを定義します。

  4. 両デバイスのマルチリンクバンドルに追加する構成要素リンクの名前を指定します。

  5. R0 の両方のインターフェイスのシリアル オプションを同じ値に設定します。

    メモ:

    R0 は DCE デバイスとして設定されます。R1 のインタフェースにシリアル オプションは設定されていません。シリアルオプションは、ネットワークの設定に応じて設定できます。

結果

設定モードから、R0 と R1 の 、 、 および show interfaces se-1/0/1 のコマンドを入力してshow interfaces lsq-0/0/0show interfaces se-1/0/0設定を確認します。出力結果に意図した設定内容が表示されない場合は、この例の設定手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モードから を入力します commit

検証

設定が正常に機能していることを確認します。

MLPPP バンドルの検証

目的

構成要素リンクがバンドルに正しく追加されていることを確認します。

アクション

動作モードから コマンド show interfaces lsq-0/0/0 statistics を入力します。