Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

dhcp (DHCP Client)

構文(EX シリーズ)

構文(SRX シリーズ)

階層レベル(EX シリーズ)

階層レベル(SRX シリーズ)

説明

論理システムおよびテナント システム用の IPv4 インターフェイスに、DHCP(動的ホスト構成プロトコル)クライアントを設定します。

残りのステートメントについては、別途説明しています。

注:

Junos OS リリース 18.1R1 から、DHCPv4 および DHCPv6 クライアントは、非デフォルトの管理ルーティング インスタンスで設定された管理インターフェイス(fxp0 および em0)でサポートされています mgmt_junos

オプション

クライアント識別子 duid-type

クライアント識別子値でクライアントを識別します。このステートメントは必須です。

dns-installなし

DHCP サーバーから学習した後でも、DNS 情報を DHCP クライアントに追加しません。

オプション

DHCPv4 クライアントによって要求されたオプションを指定します。

強制検出

DHCPREQUEST 再送障害の後に DHCPDISCOVER を送信する

リース期間

DHCP クライアント プロトコル パケットで要求されたリース時間を秒で指定します(SRX デバイスの場合、60~2147、483、647 秒)

メトリック

client開始 default-route メトリック(デバイスのデフォルトルートSRX シリーズ)

要求されたオプション

DHCP オプションを指定します。

残りの記述については、個別に説明します。

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 9.0 Junos OSで発表されたステートメント。

logical-systems オプション tenants は、リリース リリースのJunos OSで18.4R1。