Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

speed (Chassis Cluster)

構文

説明

SRX4600 は、8 ポート 10 ギガビット イーサネット PIC、4 ポート 40 ギガビット または 100 ギガビット イーサネット PIC、4 ポート 10 ギガビット イーサネット PIC(シャーシ クラスタ)の 3 種類の PIC タイプをサポートします。シャーシ クラスタ内の10ギガビット イーサネットPICの4個のポートの中で 2個のポートがファブリックポート、他の2個のポートがシャーシ クラスタ制御ポートです2 つのファブリック ポートは 1 Gbps の速度をサポートしません。ポート速度 1 Gbps に対応できるのは、シャーシ クラスタの 2 個の制御ポートのみです。1 つのノードを返品許可(RMA)に置き換える場合は、オンラインに近い制御リンク用に速度を設定し、ノードを再起動する必要があります。

シャーシ クラスタ 制御インターフェイスでは、4 ポート 10 ギガビット イーサネット PIC の動作速度を、デフォルトの 10 Gbps ポート速度から 1 Gbps ポート速度まで設定できます。変更された設定を有効にするために、デバイスを再起動する必要があります。

シャーシ クラスタ制御インターフェイスは、複数速度に対応していない。

次に、SRX4600 でサポートされる光ファイバーのリストを示します。

  • SRX-SFP-1GE-LX

  • SRX-SFP-1GE-LX-ET

  • SRX-SFP-1GE-SX

  • SRX-SFP-1GE-SX-ET

インターフェイス上で 1 Gbps 速度が設定されている場合、自動ネゴレーションは自動的に無効になります。

注:
  • xeインターフェイスのインターフェイス名は、速度を10Gから1Gに変換した後でも変わりません。

  • インターフェイスに設定された速度を表示するには、 コマンドを実行 show interfaces extensive します。コマンド出力のフィールド値またはコマンド出力内の値は、インターフェイスの現在の動作速度がそれぞれ Speed Configuration 1G 1 Gbpsかデフォルト AUTO の10 Gbpsかを示します。

オプション

  • 1g — 1 Gbps のリンク速度

  • 10g — 10 Gbpsのリンク速度

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

SRX4600 Junos OS リリース 18.1R1で発表されたステートメント。