Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ループバック インターフェイス

このトピックでは、例を使用してループバック インターフェイスを設定する方法について、ループバック インターフェイスの使用と手順を説明します。

ループバックインターフェイスについて

インターネットプロトコル (IP) は、(IPv4) アドレス127.0.0.0/8を使用したループバックネットワークを指定します。ほとんどの IP 実装では、ループバックlo0機能を表すループバックインターフェイス () がサポートされています。コンピュータープログラムがループバックネットワークで送信するすべてのトラフィックは、同じコンピューターに送られます。ループバックネットワークで最もよく使用される IP アドレスは127.0.0.1 、IPv4 と::1 IPv6 に対応しています。アドレスの標準ドメイン名はlocalhostです。

ネットワーク デバイスには、内部ループバック アドレス( )も含まれます lo0.16384 。内部ループバックアドレスは、論理ユニット番号16384を使用したループバックアドレスの特定のインスタンスです。

ループバック インターフェイスは、デバイスの識別に使用されます。どのインターフェイスアドレスでもデバイスがオンラインかどうかを判断できますが、ループバックアドレスを使用することをお勧めします。インターフェイスが削除されたり、ネットワークトポロジの変更に基づいてアドレスが変更されたりする可能性がありますが、ループバックアドレスは変化することはありません。

個々のインターフェイスアドレスに ping を実行しても、その結果には常にデバイスの正常性が示されるわけではありません。たとえば、あるサブネットがポイントツーポイントリンク上の2つのエンドポイントの構成と一致していない場合、そのリンクは動作していないように見えます。デバイスがオンラインかどうかを確認するためにインターフェイスに ping を実行して、誤解を招く結果が得られます。デバイスの設定や運用に関係ない問題が発生するため、インターフェイスが使用できない可能性があります。ループバック インターフェイスを使用して、これらの問題に対処できます。

Benefits of Loopback Interface

  • ループバック アドレスは変化したことがないので、ネットワーク内のデバイスを特定するのに最適です。

  • ループバック インターフェイスは常にアップされ、その IP アドレスへのルートが IP インターフェイスで使用可能な限り、ループバック インターフェイスに到達ルーティング テーブル。そのため、診断およびトラブルシューティングの目的でループバック インターフェイスを使用できます。

  • OSPFなどのプロトコルは、ループバック アドレスを使用してデバイスまたはネットワークのプロトコル固有のプロパティを決定します。さらに、適切に機能ping mplsするためにループバックアドレスを必要とするコマンドもあります。

  • ステートレス ファイアウォール フィルタをループバック アドレスに適用して、仮想ファイアウォールから発信されたパケット、または宛先のパケットをルーティング エンジン。

  • Junos OS、内部ルーティング インスタンスのループバック インターフェイスを作成します。この場合、フィルタによって内部 lo0.0 トラフィックが中断されるのを防ぐ必要があります。

ループバックインターフェイスの設定

ループバックインターフェイスの設定

ループバックアドレスを指定する場合は、宛先プレフィックスを含めないでください。また、ほとんどの場合、ユニット0以外のユニットにループバックアドレスを指定することはできません。

注:

レイヤー3仮想プライベートネットワーク (Vpn) では、ループバックインターフェイス用に複数の論理ユニットを構成できます。これにより、仮想ルーティングおよび転送 (VRF) ルーティングインスタンスごとに論理ループバックインターフェイスを構成できます。詳細については、 ルーティング デバイスの Junos OS VPN ライブラリ を参照してください

Junos XML プロトコルの SSL など、一部のアプリケーションでは、インターフェイスlo0.0のアドレスがである127.0.0.1必要があります。

ループバックインターフェイスを構成するには、inet と inet6 の両方のアドレスファミリーのサブネットワークアドレスを使用します。多くのプロトコルは、送信元アドレスとしてサブネットワークアドレスを必要とします。寄付者インターフェイスとしてのサブネットワークループバックアドレスの設定により、これらのプロトコルを番号なしのインターフェイスで実行できるようになります。

ループバックインターフェイスを構成すると、自動的に使用されて、番号なしのインターフェイスになります。ループバックインターフェイスを構成しない場合、ルーターはデフォルトとしてオンラインになる最初のインターフェイスを選択します。ループバックインターフェイスに複数のアドレスを設定する場合は、1つをプライマリアドレスに設定して、番号付けなしのインターフェイスで使用するように選択することをお勧めします。デフォルトでは、パケットがインターフェイスから発信されるときに、プライマリアドレスが送信元アドレスとして使われます。

ルーターでは、物理ループバックインターフェイス、 lo0およびインターフェイス上の1つ以上のアドレスを構成できます。単なる設定以外にも設定できますが、各ユニットをメイン インスタンス以外の場所 unit 0lo0 に適用する必要があります。

物理ループバックインターフェイスを構成するには、次のステートメントを[edit interfaces]階層レベルで記述します。

例:ループバックインターフェイス上の2つのアドレスの構成 (ホストルート)

ループバックインターフェイス上の2つのアドレスをホストルートで構成するには、次のようにします。

例:サブネットワークルートを使用したループバックインターフェイス上の2つのアドレスの構成

Loopback インターフェイス上の2つのアドレスをサブネットワークルートで構成するには、以下のようにします。

例:サブネットワークルートを使用したループバックインターフェイス上の IPv4 および IPv6 アドレスの設定

Loopback インターフェイス上の IPv4 および IPv6 アドレスをサブネットワークルートで構成するには、以下のようにします。