Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

primary (Interface for Router)

Syntax

Hierarchy Level

Description

デバイスのプライマリ インターフェイスを設定します。デフォルトでは、最小インデックス アドレスを持つマルチキャスト対応インターフェイスがプライマリ インターフェイスとして選択されます。このようなインターフェイスがない場合は、最もインデックスの少ないアドレスを持つポイントツーポイント インターフェイスが選択されます。それ以外の場合は、アドレスを持つインターフェイスを選択できます。これは実際には、デバイス fxp0 上で、または em0 インターフェイスがデフォルトで選択されていることを意味します。別のインターフェイスをプライマリ インターフェイスに設定するには、このステートメントを含めます。

ルーターの プライマリ インターフェイス の特性は次のとおりです。

  • ping 255.255.255.255.255 などのコマンドを入力すると、パケットが送信されるインターフェイスです。つまり、インターフェイス名を含まない(インターフェイス type-0/0/0.0 修飾子がありません)、宛先アドレスが特定の発信インターフェイスを意味しないコマンドです。

  • デフォルトでは、SAP(Session Announcement Protocol)など、ルーター上でローカルで実行されているマルチキャスト アプリケーションがグループ結合を実行するインターフェイスです。

  • ループバック インターフェイス lo0 に 127 以外のアドレスが設定されていない場合、番号なしインターフェイスから送信元のパケットに対して、デフォルトのローカル アドレスが導出されるインターフェイスです。

Required Privilege Level

interface—このステートメントを設定で表示します。

interface-control —このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 7.4 より前に導入されたステートメント。