Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

定期的なパケット管理

PPM(定期パケット管理)は、特定のプロセスに対して時間の影響を受けやすいさまざまな定期タスクを処理し、ルーター上の他のプロセスがリソースをより最適に誘導できるようにします。

MXシリーズルーターの定期的なパケット管理について

MX シリーズ ルーターの PPM(定期パケット管理)は、特定のプロセスに対して時間の影響を受けやすいさまざまな定期的なタスクを処理する役割を担い、ルーター上の他のプロセスがリソースをより最適に指示できるようにします。PPMは、さまざまなクライアントプロセスに代わってパケットを定期的に送信する役割を担います。これには、LACP(リンクアグリゲーション制御プロトコル)およびBFD(Bidirectional Forwarding Detection)プロトコルを制御するプロセスや、これらのクライアントプロセスに代わってパケットを受信するプロセスが含まれます。PPMが代わりにパケットを送受信できるようにするため、クライアントはPPMで隣接関係を確立します。パケットがクライアントから受信されない場合、隣接関係はダウンとしてマークされ、クライアントに通知されます。

PPMは2つのモードで動作します。

  • Centralized

    PPMが集中モードで動作している場合、ルーティングエンジンでのみ動作します。

    Distributed

    PPMが分散モードで動作している場合、パケット転送エンジンで動作します。現在、BFD(Bidirectional Forwarding Detection)、LACP(Link Aggregation Control Protocol)、LFM(Link Fault Management)、CFM(Connectivity Fault Management)、VRRP(Virtual Router Redundancy Protocol)は、デフォルトで分散モードで動作します。

分散 PPM が無効になっている場合、PPM プロセスはルーティング エンジンでのみ実行されます。PPM を使用するすべてのプロトコルで分散 PPM を無効にできます。LACP パケットに対してのみ分散 PPM を無効にすることもできます。

ベスト プラクティス:

通常、分散 PPM の無効化は、ジュニパーネットワークスカスタマー サービスから推奨される場合にのみ行うことをお勧めします。配信 PPM を無効にすべき説得力のある理由がある場合にのみ、分散 PPM を無効にしてください。

MX シリーズ ルーターでの定期パケット管理の設定

PPM(定期パケット管理)は、時間の影響を受けやすいさまざまな定期的なタスクを処理し、他のプロセスがリソースをより最適に誘導できるようにします。

このトピックでは、以下について説明します。

定期パケット管理モードの識別

定期的なパケット管理を設定する前に、定期的なパケット管理のモードを識別する必要があります。

定期的なパケット管理のモードを特定するには、次の手順にしたがっています。

  1. 動作モードから、 コマンドを show ppm adjacencies detail 入力します。

    上記の例では、分散フィールドは false です。そのため、OSPF プロトコルの定期的なパケット管理モードは、一元化されるか、ルーティング エンジンでのみ実行されます。

    または

    設定モードから、 コマンドを run show ppm adjacencies detail 入力します。

    上記の例では、分散フィールドは true です。そのため、BFD プロトコルの定期パケット管理モードは PFE に分散されます。

  2. 設定モードから、 コマンドを run show ppm adjacencies protocol protocol-name detail 入力します。

    上記の例では、分散フィールドは true です。そのため、LACP プロトコルの定期的なパケット管理モードは PFE に分散されます。

注:

PFE シェルから コマンド show ppm adjacencies を実行することもできます。PFE シェルから コマンドを実行すると、コマンドは分散モードで実行されているすべてのプロセスを表示します。

一元的な定期パケット管理の有効化

定期的なパケット管理モードを特定した後、一元的な定期的なパケット管理を有効にすることができます。一元的な定期的なパケット管理を有効にすると、プロセスは ppm ルーティング エンジンでのみ実行されます。定期的な一元的なパケット管理を有効にすると、分散 PPM が無効になっています。トラブルシューティングの一元的な定期的なパケット管理を有効にして、分散モードでの実行中にプロトコルに問題があるかどうかを特定できます。プロトコルが集中モードで実行されている間に問題に直面しない場合、問題を絞り込み、PFE エラーが原因かどうかを特定できます。

ベスト プラクティス:

通常、分散 PPM の無効化は、ジュニパーネットワークスカスタマー サービスから推奨される場合にのみ行うことをお勧めします。配信 PPM を無効にすべき説得力のある理由がある場合にのみ、分散 PPM を無効にしてください。

一元的な定期的なパケット管理を有効にするには:

  1. 設定モードから、[edit]階層レベルで ステートメントをno-delegate-processing指定することで、一元的な定期的なパケット管理を有効にします。
  2. ステートメントを使用して設定を commit コミットします。
  3. コマンドを使用して、デバイス上の現在のアクティブなプロトコル セッションを clear protocol-name session クリアします。例えば、BFDセッションをクリアするには、以下のコマンドを使用します。
  4. コマンドを使用して、定期的なパケット管理モードを run show ppm adjacencies detail 検証します。

    出力では、分散フィールドは false で、 ppm 一元化されます。