Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

周期的なパケット管理

周期的なパケット管理 (PPM) では、特定のプロセスについて、時間に依存した各種の定期タスクを処理して、ルーター上の他のプロセスがリソースをより適切に管理できるようにします。

MX シリーズルーターにおける定期的なパケット管理について

MX シリーズルーターの定期パケット管理 (PPM) では、特定のプロセスに関するさまざまな時間に依存する定期タスクを処理して、ルーター上の他のプロセスがリソースをより適切に管理できるようにします。PPM は、さまざまなクライアントプロセスに代わってパケットを定期的に伝送します。これには、リンクアグリゲーション制御プロトコル (LACP) と双方向フォワーディング検知 (BFD) プロトコルを制御するプロセス、さらにはこれらのクライアントプロセスに代わってパケットを受信します。PPM がユーザーに代わってパケットを送信および受信できるようにするために、クライアントは PPM との隣接関係を確立します。クライアントからパケットを受信していない場合、隣接関係が停止し、クライアントに通知されます。

PPM は次の2つのモードで動作します。

  • PPM が集中モードで動作している場合、そのルーティングエンジンで実行されます。

    分配

    PPM が分散モードで動作している場合、そのパケット転送エンジンで実行されます。現在、双方向フォワーディング検知 (BFD)、リンクアグリゲーション制御プロトコル (LACP)、リンク障害管理 (LFM)、接続障害管理 (CFM)、仮想ルーター冗長プロトコル (VRRP) は、デフォルトで分散モードで動作します。

分散型 PPM が無効になっている場合、PPM プロセスはルーティングエンジンでのみ実行されます。PPM を使用するすべてのプロトコルに対して、分散された PPM を無効にすることができます。LACP パケットに対してのみ、分散された PPM を無効にすることもできます。

ベスト プラクティス:

一般に、ジュニパーネットワークスカスタマーサービスによって提供される場合のみ、分散している PPM を無効にすることをお勧めします。分散した PPM を無効にする理由がある場合のみ、そのようなファイルを無効化する必要があります。

MX シリーズルーターでの定期的なパケット管理の構成

周期的なパケット管理 (PPM) では、時間に依存する各種の定期タスクを処理して、他のプロセスがリソースをより最適に利用できるようにします。

このトピックでは、以下を説明します。

定期的なパケット管理モードを識別する

定期的なパケット管理を構成する前に、定期的なパケット管理のモードを確認する必要があります。

定期的なパケット管理のモードを確認するには、次のようにします。

  1. 動作モードから、 show ppm adjacencies detailコマンドを入力します。

    上記の例では、分散フィールドは false になっています。そのため、OSPF プロトコルの周期的なパケット管理モードは、ルーティングエンジンでのみ一元化されているか、稼働しています。

    および

    設定モードからrun show ppm adjacencies detailコマンドを入力します。

    上記の例では、[分散] フィールドは true になっています。そのため、BFD プロトコルの定期パケット管理モードは PFE に配信されます。

  2. 設定モードからrun show ppm adjacencies protocol protocol-name detailコマンドを入力します。

    上記の例では、[分散] フィールドは true になっています。そのため、LACP プロトコルの定期パケット管理モードは PFE に分散されています。

注:

PFE シェルからshow ppm adjacenciesコマンドを実行することもできます。PFE シェルからコマンドを実行すると、分散モードで実行されているすべてのプロセスが表示されます。

一元化された定期的なパケット管理の実現

周期的なパケット管理モードを特定した後、一元化された定期的なパケット管理を有効にすることができます。周期的な定期的なパケット管理を有効ppmにすると、プロセスはルーティングエンジンでのみ実行されます。一元化された定期的なパケット管理を有効にすると、分散 PPM が無効になります。一元化された定期的なパケット管理を有効にすると、トラブルシューティングによって、プロトコルに問題が発生しているかどうかを特定して、分散モードで実行できます。プロトコルが集中モードで動作しているときに問題が発生しない場合は、問題を絞り込んで、PFE の障害が原因かどうかを確認します。

ベスト プラクティス:

一般に、ジュニパーネットワークスカスタマーサービスによって提供される場合のみ、分散している PPM を無効にすることをお勧めします。分散した PPM を無効にする理由がある場合のみ、そのようなファイルを無効化する必要があります。

一元化された定期パケット管理を有効にするには

  1. 設定モードから、[ no-delegate-processingedit] 階層レベルのステートメントを指定して、集中型の定期的なパケット管理を可能にします。
  2. commitステートメントを使用して構成をコミットします。
  3. clear protocol-name sessionコマンドを使用して、デバイス上の現在アクティブなプロトコルセッションをクリアします。たとえば、BFD セッションをクリアするには、次のコマンドを使用します。
  4. run show ppm adjacencies detailコマンドを使用して、定期的なパケット管理モードを確認します。

    この出力では、分散ppmされたフィールドは false であり、集中しています。