Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

物理層接続をテストするためのインターフェイス診断ツールの構成

ループバックテストの構成

ループバックテストでは、回線の接続を検証できます。次のいずれかのインターフェイスを構成して、ループバックテストを実行できます。アグリゲート イーサネット、高速イーサネット、ギガビット イーサネット、E1、E3、N xDS0、シリアル、SONET/SDH、T1、T3。

通常、ネットワークデータ回線の物理パスは、伝送信号の繰り返しと再生成を行うデバイスによって相互接続されたセグメントから構成されています。1つのデバイスの送信パスは、次のデバイスの受信パスに接続します。回線故障または信号の破損の形で回路障害が発生した場合、ループバックテストを使用して問題を切り分けることができます。ループバックテストでは、回線のセグメントを分離して、個別にテストすることができます。

これを行うには、ルーターの1つでラインループバックを構成します。回線のループバックは、信号を末端デバイスに転送するのではなく、送信元ルーターに信号を送り返します。発信元ルーターが独自のデータリンク層パケットを受信した場合、送信元ルーター以外に問題があることが確認されています。次に、ローカルルーターから離れた回線ループバックを構成します。この送信元ルーターが自身のデータ リンク層パケットを受信していない場合、問題がローカル ルーターとリモート ルーターのインターフェイス カード間のいずれかのセグメントにあると仮定できます。この場合、次のトラブルシューティング手順は、ローカルルーターに近い回線ループバックを設定して、問題の原因を見つけることです。

次のタイプのループバックテストは Junos OS でサポートされています。

  • DCE ローカル—ローカル データ回線終端装置(DCE)でパケットをループ バックします。

  • DCE リモート:リモート DCE でパケットをループ バックします。

  • ローカル — 物理PICエラーのトラブルシューティングに役立ちます。インターフェイスでローカルループバックを構成すると、パケットをチャネルサービスユニット (CSU) に転送し、その後、末端デバイスへのサーキット伝送が可能になります。インターフェイスは、ローカルルーターの PIC で、データとタイミング情報を含む独自の伝送を受信します。CSU から受信したデータは無視されます。ローカルループバックをテストするには、 show interfaces interface-nameコマンドを発行します。インターフェイス上で送信されたPPPキープアリストがPICから受信された場合、フィールド Device Flags には出力が格納されています Loop-Detected

  • ペイロード— ローカル ルーターとリモート ルーターの間の物理回線問題のトラブルシューティングに役立ちます。リモート ルーターのPIC上のペイロード ループバック ループ データのみ(ククロック情報なし)。ペイロードループバックでは、オーバーヘッドが再計算されます。

  • リモート— ローカル ルーターとリモート ルーターの間の物理回線の問題のトラブルシューティングに役立ちます。データとタイミング情報を含む、リモート ループバック ループ パケットを、リモート ルーターのインターフェイス カードに戻します。サーキットの一方の端にあるルーターは、リモートパートナーへのリモートループバックを開始します。リモートループバックを構成すると、物理回線から受信したパケットと CSU がインターフェイスによって受信されます。その後、これらのパケットは、PIC と回線へのフォールバックによって再送信されます。このループバックでは、すべての中間伝送セグメントがテストされます。

表 1は、さまざまなタイプのインターフェイスでサポートされているループバックモードを示しています。

表 1: インターフェイスタイプ別のループバックモード

インターフェース

ループバックモード

使用のガイドライン

アグリゲートイーサネット、高速イーサネット、ギガビットイーサネット

地元の

イーサネットループバック機能の構成

回線エミュレーション E1

ローカル/リモート

E1 ループバック機能の設定

回線エミュレーション T1

ローカル/リモート

T1 ループバック機能の設定

E1 と E3

ローカル/リモート

E1 ループバック機能の設定とE3 ループバック機能の構成

NxDS0

ペイロード

NXDS0 IQ と IQE インターフェイスの構成、 T1 と NxDS0 のインターフェイスの構成、チャネライズド OC12/STM4 IQ および IQE インターフェイスの構成 (SONET モード)フラクショナル E1 Iq とIQE インターフェイスの設定、チャネライズド T3 iq インターフェイスの構成

シリアル (V. 35 および X. 21)

ローカル/リモート

シリアルループバック機能の設定

シリアル (EIA-530)

DCE ローカル、DCE リモート、ローカル、およびリモート

シリアルループバック機能の設定

SONET/SDH

ローカル/リモート

問題を内部または外部として特定するための SONET/SDH ループバック機能の設定

T1 と T3

ローカル、ペイロード、リモート

T1 ループバック機能を構成し、 T3 ループバック機能を構成します。

T1 リモートループバック応答の構成」も参照してください。

ループバックテストを構成するにはloopback 、以下のステートメントを含めます。

このステートメントは、以下の階層レベルで含めることができます。

BERT テストの構成

BERT を構成するには

  • テストの期間を設定します。

    BERT期間は、一部のPCでは1~239秒、他のPICでは1~240秒まで設定できます。デフォルトでは、BERT 期間は10秒に設定されています。

  • 受信パターンが受信されたときに監視するエラーレートを設定します。

    レート はビット エラー レートです。これは、0~7の整数を指定できます。これは、10-0(ビット当たり1つのエラー)から10 ~7(1,000万ビット当たり1つのエラー)のビット エラー レートに対応します。

  • 転送パスに送信するビットパターンを構成します。

    アルゴリズム は、ビット ストリームで送信するパターンです。サポートされているアルゴリズムのリストに?ついてbert-algorithmは、ステートメントの後に「」を入力してください。例えば:

特定の階層情報については、個々のインターフェイスタイプを参照してください。

注:

4ポート E1 は、以下のアルゴリズムのみをサポートしています。

CLI からhelpコマンドを発行すると、PIC タイプに関係なく、すべての BERT アルゴリズムオプションが表示されます。また、コミットチェックは使用できません。PIC タイプのサポートされていないパターンは、システムログメッセージに表示できます。

注:

12ポートの T1/E1 回線エミュレーション (CE) PIC は、以下のアルゴリズムのみをサポートしています。

CLI からhelpコマンドを発行すると、PIC タイプに関係なく、すべての BERT アルゴリズムオプションが表示されます。また、コミットチェックは使用できません。PIC タイプのサポートされていないパターンは、システムログメッセージに表示できます。

注:

IQE PICs は、以下のアルゴリズムのみをサポートしています。

CLI からhelpコマンドを発行すると、PIC タイプに関係なく、すべての BERT アルゴリズムオプションが表示されます。また、コミットチェックは使用できません。PIC タイプのサポートされていないパターンは、システムログメッセージに表示できます。

注:

BERT は、チャネライズド SONET/SDH OC3/STM1 (マルチレート) MIC の PDH インターフェイスでサポートされており、SFP および DS3/E3 MIC に対応しています。以下の BERT アルゴリズムがサポートされています。

表 2は、さまざまなタイプのインターフェイスの BERT 機能を示しています。

表 2: インターフェイスタイプ別の BERT 機能

インターフェース

T1 BERT

T3 BERT

ディスカッション

12ポート T1/E1 回線エミュレーション

○(ポート 0~11)

  • 限定アルゴリズム

4ポートチャネライズド OC3/STM1 回線エミュレーション

○(ポート 0~3)

  • 限定アルゴリズム

E1 または T1

○(ポート 0~3)

○(ポート 0~3)

  • 一度に1つのポート

  • 限定アルゴリズム

E3 または T3

○(ポート 0~3)

○(ポート 0~3)

  • 一度に1つのポート

チャネライズド OC12

○(チャネル 0~11)

  • 一度に1つのチャネル

  • 限定アルゴリズム

  • ビット数がありません

チャネライズド STM1

○(チャネル 0~62)

  • 複数のチャネル

  • アルゴリズムは1つだけ

  • エラーの挿入なし

  • ビット数がありません

チャネライズド T3 およびマルチチャネルの T3

○(チャネル 0~27)

○(チャネル 0 のポート 0~3)

  • 複数のポートとチャネル

  • T1 の制限付きアルゴリズム

  • T1 への挿入でエラーは発生しません。

  • T1 のビット数がありません

これらの制限は、チャネライズド IQ インターフェイスには適用されません。チャネライズド IQ インターフェイスでの BERT 機能の詳細については、チャネライズド IQ と IQE インターフェイスのプロパティを参照してください。

BERT テストの開始と停止

BERT テストを開始するには、インターフェイスを無効にする必要があります。これを行うには、 disable次のよう[edit interfaces interface-name]に階層レベルのステートメントを追加します。

BERT のプロパティを設定して構成をコミットしたら、 test interface interface-name interface-type-bert-start運用モードコマンドを発行してテストを開始します。

bert-periodステートメントで指定した期間だけテストが実行されます。テストを早期に終了したい場合は、次test interface interface-name interface-type-bert-stopのコマンドを発行します。

たとえば、以下のように記述します。

BERT テストの結果を表示するには、以下show interfaces extensive | find BERTのコマンドを発行します。

BERT プロシージャの実行と評価の詳細については、 CLI を参照してください

注:

ローカルルーターとリモートルーター間で BERT パターンを交換するには、 loopback remoteリンクのリモートエンドのインターフェイス構成にステートメントを含めます。ローカルルーターからtest interfaceコマンドを発行します。