Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

始動

構文

階層レベル

説明

障害発生トリガーを指定します。

デフォルトでは、トリガーは無視されます。

オプション

トリガー識別子—(M Series、MX シリーズ、SRX シリーズ、T Series ルーターの場合) トリガー識別子。以下のいずれかを指定できます。

  • oc-lof:光チャネル フレーム損失障害トリガー。

  • oc-lom:光チャネル マルチフレーム障害トリガーの損失。

  • oc-los:光チャネル信号損失障害トリガー。

  • oc-wavelength-lock:光チャネル波長ロック障害トリガー。

  • odu-ais:光チャネル データ ユニット(ODU)アラーム表示信号障害トリガー。

  • odu-bbe-th—ODU バックグラウンド ブロック エラーしきい値障害トリガー。

  • odu-bdi:ODU下位障害表示障害トリガー。

  • odu-bei—(MX シリーズのみ)ODU下位エラー表示障害トリガー。

  • odu-es-th—ODU Errored Seconds しきい値障害トリガー。

  • odu-iae—(ルーター MX シリーズ)ODU受信アライメント エラー障害トリガー。

  • odu-lck—ODU ロックされた障害トリガー。

  • odu-oci:ODU オープン接続表示障害トリガー。

  • odu-sd:ODU 信号劣化障害トリガー。

  • odu-ses-th:ODU 重大エラー数秒しきい値障害トリガー。

  • odu-tca-es—(MX シリーズルーターのみ) ODU エラー 1 秒のしきい値交差障害トリガー。

  • odu-tca-ses—(MX シリーズルーターのみ) ODU 重大エラー Seconds しきい値交差障害トリガー。

  • odu-tca-uas—(ルーター MX シリーズ)ODU 使用不可の秒 しきい値交差障害トリガー。

  • odu-ttim—ODU 証跡トレース識別子不一致障害トリガー。

  • opu-ptim—(MX シリーズのみ)タイプペイロード不一致障害トリガーをサポートします。

  • odu-uas-th—ODU 使用不可の秒しきい値障害トリガー。

  • opu-ptm:OPU(Optical Channel ペイロード)タイプ不ペイロード障害トリガーです。

  • otu-ais:OTU(光チャネル トランスポート ユニット)アラーム表示信号障害トリガー。

  • otu-bbe-th—OTU 背景ブロック エラーしきい値障害トリガー。

  • otu-bdi—OTU下位障害表示障害トリガー。

  • otu-es-th—OTU エラー秒しきい値障害トリガー。

  • otu-fec-deg—OTU FEC劣化障害トリガー。

  • otu-fec-exe—OTU FEC 超過エラー障害トリガー。

  • otu-iae—OTU 受信調整障害トリガー。

  • otu-sd—OTU 信号劣化障害トリガー。

  • otu-ses-th—OTU 重大エラー秒しきい値障害トリガー。

  • otu-tca-es—(MX シリーズのみ) OTU エラー 1 秒 しきい値交差障害トリガー。

  • otu-tca-ses—(MX シリーズルーターのみ) OTU 重大エラー 2 秒しきい値交差障害トリガー。

  • otu-tca-uas—(MX シリーズ)OTU 使用不可の Seconds しきい値交差障害トリガー。

  • otu-ttim—OTU 証跡トレース識別子不一致障害トリガー。

  • otu-uas-th—OTU 使用不可の秒しきい値障害トリガー。

トリガー識別子—(ルーター PTX シリーズの場合) トリガー識別子。以下のいずれかを指定できます。

  • oc-lof:光チャネル フレーム損失障害トリガー。

  • oc-lom:光チャネル マルチフレーム障害トリガーの損失。

  • oc-los:光チャネル信号損失障害トリガー。

  • oc-tsf:光チャネル TOE セキュリティ機能(TSF)障害トリガー。

  • oc-wavelength-lock:光チャネル波長ロック障害トリガー。

  • odu-ais—ODU アラーム表示 信号障害トリガー。

  • odu-bdi:ODU下位障害表示障害トリガー。

  • odu-bei:ODU 下位エラー表示障害トリガー。

  • odu-iae:ODU IAE 障害トリガー。

  • odu-lck—ODU ロックされた障害トリガー。

  • odu-oci:ODU オープン接続表示障害トリガー。

  • odu-sd:ODU 信号劣化障害トリガー。

  • odu-tca-bbe—ODU バックグラウンド ブロック エラーしきい値交差障害トリガー。

  • odu-tca-bbe-fe:ODU の端の背景ブロック エラー(BEI)しきい値交差障害トリガー。

  • odu-tca-es—ODU Errored Seconds Threshold Crossing defect Trigger(

  • odu-tca-es-fe:ODU の端でエラーが発生した Seconds しきい値交差障害トリガー。

  • odu-tca-ses:ODU 重大エラー数秒しきい値超過障害トリガー。

  • odu-tca-ses-fe:ODU 遠方 重大エラー 2 秒しきい値交差障害トリガー。

  • odu-tca-uas— ODU使用不可数秒しきい値超過障害トリガー。

  • odu-tca-uas-fe:ODU 遠方使用不可の Seconds しきい値超過障害トリガー。

  • odu-ttim—ODU 証跡トレース識別子不一致障害トリガー。

  • opu-ptim—ペイロード タイプ識別子不一致障害トリガー。

  • otu-ais—OTU アラーム表示 信号障害トリガー。

  • otu-bdi—OTU下位障害表示障害トリガー。

  • otu-fec-deg—OTU FEC劣化障害トリガー。

  • otu-fec-exe—OTU FEC 超過エラー障害トリガー。

  • otu-iae—OTU 受信調整障害トリガー。

  • otu-sd—OTU 信号劣化障害トリガー。

  • otu-tca-bbe—OTU 背景ブロック エラーしきい値交差障害トリガー。

  • otu-tca-bbe-fe—OTU の端の背景ブロック エラー(BEI)しきい値交差障害トリガー。

  • otu-tca-es—OTU エラー 2 秒しきい値超過障害トリガー。

  • otu-tca-es-fe—OTU の端でエラーが発生した Seconds しきい値超過障害トリガー。

  • otu-tca-ses—OTU 重大エラー数秒しきい値超過障害トリガー。

  • otu-tca-ses-fe—OTU の端重大エラー 2 秒のしきい値交差障害トリガー。

  • otu-tca-uas—OTU 使用不可な秒しきい値超過障害トリガー。

  • otu-tca-uas-fe—OTU の端 使用不可な秒のしきい値超過障害トリガー。

  • otu-ttim—OTU 証跡トレース識別子不一致障害トリガー。

ホールドタイム ホールドタイム値 —時間値を保持します。以下のいずれかを指定できます。

  • down:障害が発生した場合、マーキング インターフェイス ダウンの前に遅延(1.65534 ミリ秒)。

  • up:障害がリポートの場合にマーキング インターフェイスをアップする前に遅延(1.65534 ミリ秒)

注:

トリガー保持時間の値だけでは、欠陥が存在しない場合、または欠陥が発生したときにインターフェイスを停止するようにマークされません。保留時間の値は、アラームの報告にかかる時間にのみ影響します。インターフェイスを上下にマークするには、で物理インターフェイスの停止時刻も設定する必要[edit interfaces interface-name hierarchy level]があります。

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

文は Junos OS リリース9.4 で導入されました。