Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

tca

Syntax

Hierarchy Level

Description

TCA は、管理システムが特定のしきい値を超えたときに、関連エンティティの状態を早期に示すことができます。TCA は、ゲージの最小値と最大値の両方に対して設定でき、カウンタの最大値のみ設定できます。TCA をタイムリーに検知することは、インターフェイスを事前に管理するために不可欠です。TCA は障害を示すものではなく、エンティティが障害に近い可能性があることを示すものです。TCA を有効にすることで、監視する TCA を選択できます。デフォルトのしきい値設定を保持するか、設定を変更することができます。

次の場合に、しきい値交差アラート(TCA)を有効にします。

  • 光チャネル データ ユニット(ODU)

  • 光チャネル トランスポート ユニット(OTU)

  • レーザー電力

  • レーザー温度

Default

デフォルトでは、TCA は有効になっていません。

Options

tca-identifier —otn-options 階層レベルでは、次のいずれかになります。

  • odu-tca-bbe—ODU バックグラウンド ブロック エラーしきい値交差障害トリガー

  • odu-tca-bbe-fe—ODU 末端のバックグラウンド ブロック エラーしきい値交差障害トリガー

  • odu-tca-es—ODU エラー秒数しきい値交差障害トリガー

  • odu-tca-es-fe—ODU 末端エラー秒数しきい値交差障害トリガー

  • odu-tca-ses—ODU で重大エラー秒数のしきい値交差障害トリガー

  • odu-tca-ses-fe—ODU 末端で重大エラー秒数のしきい値交差障害トリガー

  • odu-tca-uas—ODU が使用できない秒数のしきい値交差障害トリガー

  • odu-tca-uas-fe—ODU 末端で使用できない秒数のしきい値交差障害トリガー

  • otu-tca-bbe—OTU バックグラウンド ブロック エラーしきい値交差障害トリガー

  • otu-tca-bbe-fe—OTU 末端のバックグラウンド ブロック エラーしきい値交差障害トリガー

  • otu-tca-es—OTU エラー秒数しきい値交差障害トリガー

  • otu-tca-es-fe—OTU 末端エラー秒数しきい値交差障害トリガー

  • otu-tca-fec-ber—OTU 前方誤り訂正ビット エラー レートしきい値交差障害トリガー

  • otu-tca-ses—OTU で重大エラー秒数のしきい値交差障害トリガー

  • otu-tca-ses-fe—OTU 末端で重大エラー秒数のしきい値交差障害トリガー

  • otu-tca-uas—OTU 使用不可秒数しきい値交差障害トリガー

  • otu-tca-uas-fe—OTU 末端で使用できない秒数のしきい値交差障害トリガー

tca-identifier —光インターフェイス オプション階層レベルでは、次のいずれかになります。

  • carrier-frequency-offset-high-tca—キャリア周波数高しきい値設定トリガー

  • carrier-frequency-offset-low-tca—キャリア周波数低しきい値設定トリガー

  • fec-ber:光インターフェイスエラー秒数しきい値交差障害トリガー

  • fec-corrected-errors-high-tca-FEC 修正エラー高しきい値交差障害トリガー

  • fec-ucorrected-words-high-tca—FEC 未修正の単語高しきい値交差障害トリガー

  • laser-frequency-error-high-tca—レーザー周波数エラー高 TCA

  • laser-frequency-error-low-tca—レーザー周波数誤差低 TCA

  • pam-histogram-high-tca— PAM ヒストグラム 高 TCA

  • residual-isi-high-tca—残留 ISI 高 TCA

  • residual-isi-low-tca—残留 ISI 低 TCA

  • rx-power-high-tca—Rx 電力高しきい値設定トリガー

  • rx-power-low-tca—Rx 電力低しきい値設定トリガー

  • snr-low-tca—SNR 低 TCA

  • tec-current-high-tca—TEC 電流高 TCA

  • tec-current-low-tca—TEC 電流低 TCA

  • temperature-high-tca—温度高しきい値設定トリガー

  • temperature-low-tca—温度低しきい値設定トリガー

  • tx-power-high-tca— Tx 電力高しきい値設定トリガー

  • tx-power-low-tca— Tx 電力の低しきい値設定トリガー

enable-tca |no-enable-tca — しきい値交差アラートを有効または無効にします。

しきい値|しきい値-24 時間:

  • しきい 値 — 15 分間隔のしきい値を設定します。

  • しきい値-24 時間 — 24 時間間隔のしきい値を設定します。

Required Privilege Level

interface—このステートメントを設定で表示します。

interface-control —このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 14.2 で導入されたステートメント。