Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

tca

構文

階層レベル

説明

TCAs では、管理システムが特定のしきい値を通過したときに、関連付けられたエンティティの状態に関する事前の通知を得ることができます。TCAs は、ゲージの最小値と最大サイズの両方に対して設定できます。また、カウンターには最大値のみです。TCAs を適時に検知するには、インターフェイスを積極的に管理することが不可欠です。TCAs は障害を示すものではなく、エンティティが障害に近いと考えられることを示しています。TCA を有効にすることで、どの TCAs を監視するかを選択することができます。デフォルトのしきい値設定を保持するか、設定を変更することができます。

次のようなしきい値クロスアラート (TCAs) を有効にします。

  • ODU (光チャネル・データ・ユニット)

  • 光チャネル・トランスポート・ユニット (OTU)

  • レーザー電源

  • レーザー温度

デフォルトでは、TCAs は有効ではありません。

オプション

tca 識別子 — otn-options 階層レベルでは、以下のいずれかを使用できます。

  • odu-tca-bbe—ODU バックグラウンド ブロック エラーしきい値- 交差障害トリガー

  • odu-tca-bbe-fe—ODU 遠方の背景ブロック エラーしきい値クロス障害トリガー

  • odu-tca-es—ODU エラーが発生した秒のしきい値を超えた障害トリガー

  • odu-tca-es-fe—ODU の遠端エラー(秒)しきい値を超えた障害トリガー

  • odu-tca-ses—ODU 重大エラー(秒)しきい値を超えた障害トリガー

  • odu-tca-ses-fe:ODU 遠端で重大エラーが発生した秒のしきい値を超えた障害トリガー。

  • odu-tca-uas—ODU を使用できない数秒のしきい値超過障害トリガー

  • odu-tca-uas-fe—ODU 遠端を使用できない秒のしきい値クロス障害トリガー

  • otu-tca-bbe—OTU 背景ブロック エラーしきい値- 交差障害トリガー

  • otu-tca-bbe-fe—OTU 遠端の背景ブロック エラーしきい値通過障害トリガー

  • otu-tca-es—OTU エラーが発生した秒のしきい値を超えた障害トリガー

  • otu-tca-es-fe—OTU の端間エラーが発生した秒のしきい値を超えた障害トリガー

  • otu-tca-fec-ber—OTU 転送エラー修正 ビット エラー レートしきい値クロス障害トリガー

  • otu-tca-ses—OTU 重大エラーが発生した秒のしきい値を超えた障害トリガー

  • otu-tca-ses-fe—OTU の端で重大エラーが発生した秒のしきい値を超えた障害トリガー

  • otu-tca-uas—OTU を使用できない数秒のしきい値超過障害トリガー

  • otu-tca-uas-fe—OTU の端が使用できない数秒のしきい値クロス障害トリガー

tca 識別子 —optics-options 階層レベルでは、以下のいずれかを使用できます。

  • carrier-frequency-offset-high-tca—キャリア周波数高しきい値設定トリガー

  • carrier-frequency-offset-low-tca—キャリア周波数低しきい値設定トリガー

  • fec-ber:光ファイバー エラー 2 秒しきい値交差障害トリガー

  • fec-corrected-errors-high-tca—FEC 修正エラー 高しきい値交差障害トリガー

  • fec-ucorrected-words-high-tca—FEC 未修正ワード 高しきい値超過障害トリガー

  • laser-frequency-error-high-tca:レーザー周波数エラー(高い TCA)

  • laser-frequency-error-low-tca:レーザー周波数エラー(低い TCA)

  • pam-histogram-high-tca:PAM のくり高い TCA

  • residual-isi-high-tca—一部の ISI high TCA

  • residual-isi-low-tca—一部の ISI 低 TCA

  • rx-power-high-tca—Rx 電力のしきい値(高)設定トリガー

  • rx-power-low-tca—Rx 電力低しきい値設定トリガー

  • snr-low-tca—SNR Low TCA

  • tec-current-high-tca—TEC Current High TCA

  • tec-current-low-tca—TEC 電流低 TCA

  • temperature-high-tca:温度の高いしきい値設定トリガー

  • temperature-low-tca:温度低しきい値設定トリガー

  • tx-power-high-tca—Tx 電力の高しきい値設定トリガー

  • tx-power-low-tca:Tx 電力低しきい値設定トリガー

enable-tca |no-enable-tca — しきい値超過アラートを有効または無効にします。

しきい値 |しきい値-24 時間:

  • しきい 値番号— 15 分間隔のしきい値を設定します。

  • threshold-24hrs 番号— 24 時間間隔のしきい値を設定します。

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

文は Junos OS リリース14.2 で導入されました。