Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

system-priority

Syntax

Hierarchy Level

Description

グローバル(シャーシ)レベルでアグリゲート イーサネット インターフェイスの LACP システム優先度を定義します。

システムの優先度が低いデバイスは、LACP パートナーデバイスとの間のリンクをアクティブにし、各 LACP グループに対してスタンバイ状態にするかを決定します。リンクの制御側であるデバイスは、ポートの優先度を使用して、集合バンドルにバンドルされるポートと、どのポートがスタンバイモードになっているかを判断します。他のデバイスのポートの優先度 (リンクの非制御終端) は無視されます。優先度の比較では、下位の値が優先度の高い順になります。したがって、LACP システムの優先度で数値の小さい値 (優先度の高い値) を持つシステムが制御システムになります。どちらのデバイスも同じ LACP システムの優先度を持っている場合 (たとえば、デフォルト設定が127の場合)、デバイス MAC アドレスによって、制御されているスイッチが決定されます。

Options

priority—アグリゲート イーサネット システムの優先度。値が小さいほど、高い優先度が示されます。

  • 0 ~ 65535

  • 127

Required Privilege Level

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース9.3 で導入されました。