Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

送信元アドレス-フィルター

構文

階層レベル

説明

集約型イーサネット、高速イーサネット、ギガビットイーサネット、ギガビットイーサネット PICs、Sfp (10 ポートギガビットイーサネット PIC と、M7i ルーター上の組み込みギガビットイーサネットポートを除く)。このインターフェイスはパケットを受信できます。このステートメントを有効にするには、送信元アドレスsource-filteringのフィルタリングを有効にするために、構成にステートメントを含める必要があります。

オプション

mac-address—MAC アドレス フィルタ。MAC アドレスとしてnn:nn:nn:nn:nn:nn 、またはnnnn.nnnn.nnnnn 10 進数の数字を指定できます。1つ以上のアドレスを指定するにmac-addressは、複数source-address-filterのオプションをステートメントに含めます。

VRRP を高速イーサネットまたはギガビットイーサネットインターフェイスで有効にする場合、VRRP と VRRP の説明に従ってIPv6 の概要を示し、インターフェイスで MAC ソースアドレスフィルタリングを有効にしている場合は、 source-address-filterステートメントで指定したソース MAC アドレスのリストにバーチャル MAC アドレスを含める必要があります。からまでのMACアドレスは 00:00:5e:00:01:0000:00:5e:00:01:ff 、RFC 3768、Virtual Router Redundancy Protocol で定義されている VRRP 用 に予約されています。VRRP group を設定する場合、グループ番号はバーチャル MAC アドレスの最後の16進バイトと同じ10進数である必要があります。

タグなしギガビットイーサネットインターフェイスでは、 source-address-filterステートメントとaccept-source-macステートメントを同時に構成することはできません。タグ付きギガビットイーサネットインターフェイスでは、両方source-address-filterのフィルターでaccept-source-mac指定された同一の MAC アドレスを持つステートメントとステートメントを設定しないでください。

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

Junos OS リリース7.4 の前に導入された文。