Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

サービス名-テーブル

構文

階層レベル

説明

PPPoE サービス名テーブルを作成して設定します。PPPoE アクティブ検出開始 (PADI) パケットの受信時に、各サービスおよびリモートアクセスコンセントレーターに対して実行されるアクションを指定します。また、動的な PPPoE インターフェイスをインスタンス化するためにルーターが使用する動的プロファイルとルーティングインスタンス、および指定されたサービスでルーターが確立できるアクティブ PPPoE セッションの最大数を指定することもできます。最大32の PPPoE サービス名テーブルが、1つのルーターでサポートされています。

オプション

table-name—PPPoE サービス名テーブルの名前。最大 32 文字の英数字の文字列。

残りのステートメントは個別に説明されています。詳細については、 CLI エクスプローラーで文を検索するか、「シンタックス」セクションでリンクされた文をクリックします。

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

文は Junos OS リリース10.0 で導入されました。

dynamic-profileJunos OS リリース10.2 でstatic-interface導入された、、、およびオプションです。 routing-instancemax-sessions