Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

フロー単位 (集約型イーサネットインターフェイス)

構文

階層レベル

説明

MPC3Es と MPC4Es を除く、MX シリーズルーター (aempcs) にバンドルされたアグリゲート型イーサネットインターフェイスのメンバーリンク全体に、トラフィックフローをさらに効果的に分散させるメカニズムを可能にします。複数のフローがaeインターフェイスから送信される場合は、フローをさまざまなメンバーリンクに均等に分散させることで、効果的かつ最適な負荷分散動作を実現する必要があります。効率的で堅牢なロードバランシングの方法を実現するために、負荷分散のたびに選択される集約型イーサネットインターフェイスバンドルのメンバーリンクが重要な役割を果たしています。

オプション

フローごと

集約型イーサネットインターフェイスで、トラフィックフローごとにステートフルな負荷分散メカニズムを有効にします。

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

Junos OS のリリース 13.2 R1 で導入された文です。