Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

number-of-sub-ports

Syntax

Hierarchy Level

Description

PTX10003 (の Qfx10003-80c、PTX10003 (-16 0C ルーター:

チャネライズドモードで光ファイバーが使用されている場合に、特定のポートの光チャネル数を設定します。この設定オプションを使用して、使用する光ファイバーに基づいて異なるチャネル数で速度 (10、40、100 Gbps) を設定できます。光ファイバー当たりのnumber-of-sub-portsデフォルト値は1です。以下に、対応する光ファイバータイプの設定値を示します。

光ファイバータイプ

QSFP56-DD-400GBASE-LR8 (400G)

QSFP DD 28F (200G)

QSFP 28 (100G)

QSFP + (40G)

QSFP 28 (25G)

QSFP 28 DD (25G)

チャネライズド

1

2

1

4

4

8

1

非チャネライズド

該当なし

該当なし

1

1

1

1

1

40G または400G の設定中number-of-sub-portsは、サブポート数のデフォルト値は1であるため、値を設定する必要はありません。

デバイス上でサポートされる MPC10E-15C-MRATE MX240、MX480、MX960:

チャネライズドモードで光ファイバーが使用されている場合に、特定のポートのサブチャネル数を設定します。

(チャネライズドモード)指定された速度で物理ポート上に作成する必要がある IFDs (またはインターフェイス) の数を指定するnumber-of-sub-ports <number-of-sub-ports>には、構成ステートメントを使用します。たとえば、4x10GE モードをサポートする特定のポートでは、to number-of-sub-ports 2 が指定されている場合、2つの ifds が作成されると、x/y/z: 0および et-x/y/z: 1.

チャンネル化された10ギガビット イーサネット インターフェイスのデフォルト値は4です。設定できるサブポート数は 1、2、3、または 4 です。40ギガビット イーサネット インターフェイスを4つの10ギガビット イーサネット インターフェイスにチャンネル化するには number-of-sub-ports 、4に設定する必要があります。

設定number-of-sub-ports文は、PIC レベルとポートレベルの両方で、レート設定が可能な構成で使用できます。この設定文が有効なのは、ポート速度が 10 Gbps の場合のみです。

注:

サブポート 数は 10 Gbps の速度にだけ設定できます。その他のスピードでは、この設定はサポートされていません。

MPC11E物理ポート上に作成するインターフェイス数を指定します。

(JNP10K-LC1201 および JNP10K-LC1202)指定された速度を使用して物理ポートに設定できる、チャンネル化インターフェイスの数を指定します。階層 edit chassis は PTX10001-36MR 20.2R1リリースで使用できます。その20.3R1階層のみを使用 edit interfaceinterface-name する必要があります。

Options

サブポート数 (サブポート数)

物理ポート当たりのサブポート数を指定します。PTX10003-80C および PTX10003-160C ルーターの場合、値は 1、2、4 です。MPC10E-15C-MRATEライン カードでは、値は1、2、3、4です。JNP10K-LC1201では、値は0~7です。JNP10K-LC1202では、値は1through 8です。

Required Privilege Level

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 19.1 R1 で導入された文。

ルーティング ルーター上の JNP10K-LC120 PTX10008 1 ライン Junos OS Evolved Release 20.1R2で導入されたインターフェイス階層。