Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

最大セッション数 (PPPoE サービス名テーブル)

構文

階層レベル

説明

PPPoE サービス名テーブルの指定されたサービス、 emptyサービス、またはanyサービスエントリでルーターが確立できる静的または動的 pppoe インターフェイスを使用して、アクティブな pppoe セッションの最大数を設定します。ルーターは、各サービスエントリに対してアクティブな PPPoE セッション数を管理し、最大セッション数の制限に達したことを確認します。

ルーターは PPPoE サービスmax-sessions名テーブルエントリの値を使用して、pppoe のmax-sessions基礎となるインターフェイスに設定された値と、ルーターでサポートされる pppoe セッションの最大数を指定します。構成がこれらの最大セッション制限を超えた場合、ルーターは PPPoE セッションを確立できません。

オプション

number:指定されたPPPoEサービス名テーブル エントリーでルーターが確立できるアクティブPPPoEセッションの最大数(ルーターでサポートされるプラットフォーム固有の最大PPPoEセッション数1)。です。デフォルト値は、ルーティングプラットフォームでサポートされる PPPoE セッションの最大数と同じです。

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

文は Junos OS リリース10.2 で導入されました。