Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

lmi (Ethernet OAM)

Syntax

Hierarchy Level

Description

ルーターの場合gexe、、 ae 、またはインターフェイスを使用して、oam イーサネットローカル管理インターフェイス (E-LMI) を構成します。

注:

MX シリーズルーターでは、E-LMI はギガビットイーサgeネット ()、10ギガビットイーサxeネット ()、および mxaeシリーズルーター上で構成されたアグリゲートイーサネット () インターフェイスでのみ DPC を使用してサポートされています。

Options

status-counter count—ステータス カウンター(N393)、デフォルトは 4 です。

interface name—ポーリング検証タイマー(T392)、デフォルトでは 15 秒。

uni-id uni-name—(オプション)デフォルトで物理インターフェイス名を指定します。

status-counter number—(オプション)デフォルトではグローバル値になります。

polling-verification-timer value—(オプション)デフォルトではグローバル値になります。

evc-map-type (all-to-one-bundling | bundling | service-multiplexing)—EVC(イーサネット仮想接続)マップ タイプを指定します。

evc evc-name—EVC の名前を指定します。

default-evc—指定したE EVCをデフォルトのE EVCとして設定します。

vlan-list vlan-id-list—EVCに割り当てるV VLANのグループを指定します。

Required Privilege Level

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース9.5 で導入されました。