Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

lane-all

Syntax

Hierarchy Level

Description

すべてのメディア レーンに対して QSFP(クアッド スモール フォームファクター プラガブル)モジュールの光モジュール パラメータを設定します。次の QSFP モジュールがサポートされています。

  • QSFP+ : 4つのホストレーン、1レーンあたり10g、40gの総帯域幅をサポート

  • QSFP28: 4 ホスト レーン、25 g/レーン、100 g の総帯域幅をサポート

  • QSFP56 : 4 ホスト レーン、50 g/レーン、200 g の総帯域幅をサポート

  • QSFP28-DD: 8 ホスト レーン、25 g/レーン、200 g の総帯域幅をサポート

  • QSFP56-DD: 8 ホスト レーン、50 g/レーン、400 g の総帯域幅をサポート

以下の仕様では、ホスト・デバイスが QSFP 光モジュールとどのように通信するかを標準化しています。

  • 4 レーン QSFP モジュールは、SFF-8636 管理インターフェイス仕様に準拠しています。

  • 8 レーン QSFP-DD モジュールは CMIS(共通管理インターフェイス仕様)に準拠しています。

ジュニパー認定光インターフェイス用の QSFP28 および QSFP28-DD 光モジュールの光モジュール パラメーターと、Junos OS のサードパーティー製光インターフェイスを設定できます。QSFP 銅線 DAC(ダイレクト アタッチ ケーブル)または QSFP ロード モジュールの光モジュール パラメータを設定することはできません。

Options

rx-cdr 制御は光インターフェイスのクロックおよびデータ回復ブロックを受信します。
  • Off—受信クロックとデータ復旧は無効です。

  • On—受信クロックとデータ復旧が有効になっています。

rx 出力 制御は、光インターフェイスからホスト デバイスに向かって出力を受信します。
  • Off—光インターフェイスの出力が無効になっています。

  • On—光インターフェイスの出力が有効です。

rx-output-振幅 イコライゼーションが適用される受信出力の振幅を制御します。
  • 1200mV—600mV~1200mVの振幅でイコライゼーションなし。

  • 400mV—100mV~400mVの振幅でイコライゼーションなし。

  • 600mV—300mV~600mVの振幅でイコライゼーションなし。

  • 800mV—400mV~800mVの振幅でイコライゼーションなし。

rx-output-emphasis 光の受信出力信号の等化値(dB)。
  • 範囲:0~15

rx-rate-select 受信出力信号のボーレートを制御します。
  • 範囲:0~3

rx-squelch 光の受信出力信号を鳴らします。
  • Off—光インターフェイスの受信出力信号が無効になっています。

  • On—光インターフェイス用の受信出力信号が有効になっています。

tx-cdr 光インターフェイスの送信クロックとデータ回復ブロックを制御します。
  • Off—送信クロックとデータ復旧が無効になっています。

  • On—送信クロックとデータ復旧が有効になっています。

tx-input-equalization-adaptive 光伝送入力の適応型イコライゼーションを制御します。
  • Off—送信適応型イコライゼーションは無効です。

  • On—送信適応型イコライゼーションが有効です。

tx-input-equalization-manual 光インターフェイスの手動送信イコライゼーションステータスを指定します。
  • 範囲:0~15

tx-レーザー 光インターフェイスの送信レーザー ステータスを指定します。
  • Off—送信レーザーが無効です。

  • On—送信レーザーが有効です。

tx-rate-select 光インターフェイスで送信レートの選択が可能かどうかを指定します。
  • 範囲:0~3

tx-squelch 光インターフェイスの送信入力信号を鳴らします。
  • Off—光インターフェイスの送信入力信号が無効になっています。

  • On—光インターフェイスの送信入力信号が有効になっています。

Required Privilege Level

interface—このステートメントを設定で表示します。

interface-control —このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS Evolvedリリース21.1R1で導入されたステートメント。