Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

targeted-options (Grouping Subscribers by Bandwidth Usage)

Syntax

Hierarchy Level

Description

プライマリおよびバックアップのリンクを構成し、類似した加入者をグループ化し、総 Ethernet メンバーリンク全体に加入者を分散させるために手動でターゲットにする加入者ウエイトを指定します。

Options

バックアップ

ナ手動ターゲットを設定する場合は、加入者ごとにバックアップメンバーリンクを指定します。

コミュニティ

ナ同様の帯域幅を使用する加入者のグループ名を割り当てます。グループ名なしで対象を絞って配布するように設定されdefaultている加入者は、グループに追加され、メンバーリンク間で均等に分散します。サブスクライバーのグループ化は、静的加入者に対してのみサポートされています。

primary

手動ターゲットを設定する場合は、加入者ごとにプライマリメンバーリンクを指定します。手動ターゲットを構成する場合は、必ずプライマリリンクを構成する必要があります。

重量($junos インターフェイス ターゲット重量| 重量値)

お客様の好み、サービスクラス (CoS)、帯域幅の要件などの要因に基づいて、PPPoe、demux、従来の Vlan などの対象となる加入者の重量を指定します。加重値に基づいて、アグリゲート型イーサネット論理インタフェースの論理インタフェースのメンバーリンクが割り当てられます。新しい VLAN が同じ集合イーサネットバンドルに追加されると、ターゲットとして選択されたプライマリメンバーのリンクは、最小プライマリロードを持ち、ターゲットとして選択されたバックアップリンクは最小全体のロードを使用したものになります。

$Junos インターフェイスターゲットとして定義された変数は、動的構成にのみ対応しています。この定義済み変数を設定すると、動的加入者が認証された場合に、RADIUS アクセス許可メッセージで VSA 26-213 から重み値を供給されます。

  • 1 ~ 1000

Required Privilege Level

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース16.1 で導入されました。

weightMX シリーズおよび MX バーチャルシャーシ用に Junos OS リリース17.3 で追加されたオプション。

$junos-interface-target-weightJunos OS リリース 18.4 R1 で追加されたオプションです。