Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

thresholds

Syntax

Hierarchy Level

Description

縮退インターフェイスでさまざまな是正措置がトリガーされるように、BER しきい値 (set および clear threshold など) を設定します。

Options

明確 な明確な価値

劣化したリンクが回復したと見なされ、インターフェイスに適用される是正措置が元に戻される、BER しきい値。この値は 1E~n 形式で設定できます。1 は mantissa(常に固定 )、n は指数です。たとえば、IE–3 のしきい値は、1x10 -3 の BER しきい値を指します。サポートされている指数の範囲は 1 ~ 16 で、デフォルト値は12です。

インターバル

連続リンク数によって、是正措置が行われる前に考慮されるイベントが低下します。サポートされている期間の値範囲は 1 ~ 256 で、デフォルトの間隔は10です。

set- value(セット値を設定)

リンクが低下していると見なされる BER しきい値。ユーザーが指定した是正措置がトリガーされます。この値は 1E~n 形式で設定できます。1 は mantissa(常に固定 )、n は指数です。たとえば、IE–3 のしきい値は、1x10 -3 の BER しきい値を指します。サポートされる指数の範囲は 1 ~ 16 で、デフォルト値は7です。

警告( 明確な警告-clear-value)

リンクのクリア警告しきい値。このしきい値に達するたびに、システムメッセージがログに記録され、リンクの劣化状況がインターフェイスでクリアされたことを示します。この値は 1E~n 形式で設定できます。1 は mantissa(常に固定 )、n は指数です。たとえば、IE–3 のしきい値は、1x10 -3 の BER しきい値を指します。サポートされる指数の範囲は 1 ~ 16 で、デフォルト値は11です。

警告セット の警告とセット値

リンクによって警告のしきい値が低下します。このしきい値に達するたびに、システムメッセージがログに記録され、インターフェイスでリンクの低下が発生したことを示します。この値は 1E~n 形式で設定できます。1 は mantissa(常に固定 )、n は指数です。たとえば、IE–3 のしきい値は、1x10 -3 の BER しきい値を指します。サポートされている指数の範囲は 1 ~ 16、デフォルト値は9です。

注:

高い精度レベルで BER が低くなるほど、その予測にかかる時間が長くなります。このような場合、(ビットエラー配信に基づいて) いくつかのパケットロスが検知され、リンク低下イベントが発生します。

Required Privilege Level

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース15.1 で導入されました。