Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

経由

構文

階層レベル

説明

ノードでの DM (遅延測定) 値を通過するか、通過させないでください。

バイパス文を省略すると、デフォルトの動作では ODU 遅延管理オプションが無効になります。

デフォルトでは、ノードを介して DM 値を渡さないでください。

オプション

経由

ノードを介して DM 値を渡します。

非バイパス

ノードを介して DM 値を渡さないでください。

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

文は Junos OS リリース13.2 で導入されました。