Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

エージェント指定子

構文

階層レベル

説明

指定されたエージェントサーキット識別子/エージェントリモート識別子 (ACI/ARI) ペアのインターフェイスが、そのベンダー固有のタグと ACI/ARI ペア情報を含む PPPoE アクティブ検出開始 (PADI) 制御パケットを受信したときに、インターフェースが実行するアクションを指定します。PPPoE サービスネームテーブルの名前付きサービス、 emptyサービス、またはanyサービスに対して、ACI と ARI のペアを構成できます。PPPoE サービスネームテーブル当たりの最大 8000 ACI/ARI ペアがサポートされています。ACI と ARI のペアは、サービス名テーブルの名前付きemptyanyサービスエントリーの中から任意の組み合わせで分散させることができます。

アスタリスク (*) をワイルドカード文字として使用して、ACI/ARI ペア、ACI のみ、または ARI だけを照合することができます。アスタリスクは、識別子文字列の先頭、末尾、またはその両方に置くことができます。また、「ACI」または「ARI」のどちらかにアスタリスクを指定することもできます。ACI と ARI の両方にアスタリスクのみを指定することはできません。識別子として1つのアスタリスクを指定すると、その識別子は PADI パケットでは無視されます。

例えば、ACI とのマッチングだけを行い、ARI が PADI パケットにどのような値を持っているか、またはパケットに ARI 値が含まれているかどうかについても気にする必要があるとします。この場合、 remote-id-stringを1つのアスタリスクに設定できます。その後、インターフェイスは、パケットで受信した ARI を無視し、インターフェースは指定された ACI に一致するものだけに基づいてアクションを実行します。

デフォルトのアクションは終了しています。

オプション

aci circuit-id-string—サービスリクエストを開始したDSLAMインターフェイスに対応するエージェント回線IDの識別子。これは最大63文字の文字列です。

ari remote-id-string:サービスリクエストを開始したDSLAMインターフェイスに関連付けられた加入者の識別子。これは最大63文字の文字列です。

残りのステートメントは個別に説明されています。詳細については、 CLI エクスプローラーで文を検索するか、「シンタックス」セクションでリンクされた文をクリックします。

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

文は Junos OS リリース10.0 で導入されました。

dropdelayrouting-instanceJunos OS リリース10.2 で導入さstatic-interfaceれた、、、、、およびオプションです。 terminatedynamic-profile