Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show lacp interfaces

Syntax

Description

指定されたアグリゲートイーサネット、高速イーサネット、またはギガビットイーサネットインターフェイスに関するリンクアグリゲーション制御プロトコル (LACP) 情報を表示します。

Options

none

すべてのインターフェイスの LACP 情報を表示します。

interface-name

ナ指定されたインターフェイスの LACP 情報を表示します。

  • アグリゲート イーサネット:aenumber

  • 高速イーサネット:fe-fpc/pic/port

  • ギガビット イーサネット:ge-fpc/pic/port

  • 10 ギガビット イーサネット:xe-fpc/pic/port

大きな

インターフェイスの LACP 情報の詳細を表示します。

注:

アクティブshow lacp interfacesまたはパッシブな LACP モードでシステムが構成されていない場合は、次のエラーメッセージが返されます。

「警告: lacp サブシステムが稼働していない–設定で不要」

Required Privilege Level

'95'5c

Output Fields

表 1show lacp interfacesコマンドの出力フィールドの一覧が表示されます。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: show lacp interfaces Output Fields

フィールド名

フィールドの説明

出力レベル

LACP の状態

強制アップステートメントで構成された子インターフェイスの場合、LACP 状態はインターフェイス名と共に FUP を表示します。

すべてのレベル

Aggregated interface

集約型インターフェイス値。

すべてのレベル

LACP State

各集約インターフェイスの LACP 状態情報:

  • Role—インターフェイスが果たす役割。以下のいずれかを指定できます。

    • Actor—LACP ネゴシエーションに参加しているローカル デバイス。

    • Partner—LACP ネゴシエーションに参加するリモート デバイス。

  • Exp—期限切れ間近の状態。 Yes は、アクターまたはパートナーが期限切れになっている状態を示します。 No は、誰またはパートナーが期限切れになっているか示します。

  • Def—[Default]を選択します。 Yes は、アクタの受信マシンがデフォルトの運用パートナー情報を使用し、そのパートナーに対して管理的に設定されていることを示します。 No は、使用している運用パートナー情報が LACP PDU で受信された状態を示します。

  • Dist—送信フレームの配信。 No は、リンク上の送信フレームの配信が現在無効であり、有効になっている予定はないを示します。そうしないと、 という値が Yes .

  • Col—受信フレームの収集。 Yes は、リンク上の受信フレームの収集が現在有効であり、無効になる予定はないを示します。そうしないと、 という値が No .

  • Syn:同期。値が の場合 Yes 、リンクは同期されたと見なされます。適切なリンクアグリゲーショングループに割り当てられていて、グループが互換性のある集合体に関連付けられており、リンクアグリゲーショングループのアイデンティティが、送信されるシステム ID および運用キー情報と一貫しています。値が の場合 No 、リンクは同期されません。現在は適切なアグリゲーションではありません。

  • Aggr—アグリゲーション ポートのアグリゲーション ポート( )または個々のリンク( )として Yes のみ動作する機能 No

  • Timeout—LACP タイムアウト設定。LACP CPU の定期的な送信は、表された LACP タイムアウト設定( または ) に応じて、遅い伝送速度または高速伝送速度で Slow Timeout 行われます Fast Timeout 。高速タイムアウトでは、 PDUS は 2 秒ごとに送信され、タイムアウト時間は 30 秒ごとに送信されます。LACP タイムアウトは、3 回連続する CPU が欠落している場合に発生します。LACP タイムアウトが高速タイムアウトの場合、3 回連続する CPU を見逃した場合に取る時間は 3 秒(3x1 秒)になります。LACP タイムアウトが長いタイムアウトの場合、取得する時間は90秒(3x30秒)になります。

  • Activity:アクターまたはパートナーのポート アクティビティ。 Passive は、パートナーの制御値がなされない限り、LAC PDUS を送信しないポートの設定を示します ActiveActive は、パートナーの制御値に関係なく、プロトコルに参加するポートの設定を示します。

  • コア分離ステートダウン(CDN) — LACPインターフェイスの状態。Down は、イーサネット VPN (EVPN) の eBGP セッションがすべて停止しているため、LACP インターフェイスがダウンしていることを示します。

すべてのレベル

LACP Protocol

各集約インターフェイスの LACP プロトコル情報:

  • リンク保護が設定されている場合は、インターフェイスの横に丸括弧で囲まれた link state (アクティブまたはスタンバイ)。

  • Receive State—以下のいずれかの値:

    • Current—ステート マシンが LACP PDU を受信して状態に入 Current ります。

    • Defaulted—状態のタイマーが 2 回目に切れる前に LACP PDU が受信された場合、ステート マシンが Current 状態に入 Defaulted ります。

    • Expired—状態のタイマーが期限切れになる前に LACP PDU を受信がない場合、ステート マシンが Current 状態に入 Expired ります。

    • Initialize:リンクの物理接続が変更または Begin イベントが発生すると、ステート マシンが状態に入 Initialize ります。

    • LACP Disabled—ポートが半二重で動作している場合、ポートでは LACP の動作が無効になっており、状態は LACP Disabled . この状態は状態に似ていますが、ポートは個々のポートとして動作 Defaulted することを余儀なくされています。

    • Port Disabled—ポートが動作しなくなり、Begin イベントが発生していない場合、ステート マシンが状態に入 Port Disabled ります。

  • Transmit State:ステート マシンの状態を送信します。次のいずれかの値を指定します。

    • Fast Periodic—定期的な伝送は高速伝送速度で有効化されます。

    • No Periodic—定期的な伝送は無効化されます。

    • Periodic Timer—定期的なタイマーの有効期限切れ時に一過性の状態を入力します。

    • Slow Periodic—定期的な伝送は遅い伝送速度で有効になります。

  • Mux State—アグリゲーション ポート用のマルチプレクサ ステート マシンの状態。この状態は、以下のいずれかの値になります。

    • Attached—マルチプレクサステート マシンは、ポートを選択したアグリゲータに接続するプロセスを開始します。

    • CollectingYes アグリゲーションへの参加に関して、このリンクの受信機能が有効になっていると示します。受信したフレームは収集のためにアグリゲータに渡されます。 No は、このリンクの受信機能が有効になっていないを示します。

    • Collecting Distributing:状態の収集と分散を合わせて統合し、統合された状態(制御の組み合わせ)を形成します。独立した制御が可能ではないため、結合型制御ステートマシンは、収集が開始されたことをパートナーが通知するのを待たずに、収集と配信の両方を有効にします。

    • Detached—ポートをアグリゲータから切り離すプロセスが進行中です。

    • DistributingYes アグリゲーションへの参加に関して、このリンクの送信機能が有効になっていると示します。フレームは、送信のためにアグリゲータの配信機能から渡される場合があります。 No は、このリンクの送信機能が有効になっていない状態を示します。

    • Waiting:マルチプレクサステートマシンは保持中で、結果の処理を待っています。

すべてのレベル

LACP info

  • Role以下のいずれかを指定できます。

    • Actor—LACP ネゴシエーションに参加しているローカル デバイス。

    • Partner—LACP ネゴシエーションに参加するリモート デバイス。

  • System priority:システムに割り当てられた優先度(管理ポリシーまたは管理ポリシーによる)で、整数でエンコードされます。

  • System identifier:ネットワーク ネットワークとしてエンコードされた、アクターまたはMAC アドレス。

  • Port priority:ユーザーまたはパートナーがポートに割り当てた優先度(管理ポリシーまたは管理ポリシーによる)で、フィールドに変換された整数としてエンコードされます。

  • Port number—アクタまたはパートナーによってポートに割り当てられたポート番号で、編集されていない整数としてエンコードされます。

  • Port key:アクタまたはパートナーによってポートに割り当てられた、操作キー値(読み取り済み整数としてエンコード)

大きな

Sample Output

show lacp interfaces (Aggregated Ethernet)

show lacp interfaces (Gigabit Ethernet)

show lacp interfaces (10 Gigabit Ethernet)

Release Information

Junos OS リリース7.6 で導入されたコマンド

extensive のステートメントをJunos OSリリース16.1R1。