Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

インターフェイス (M Series、MX シリーズ、T Series ルーター、PTX シリーズ管理、内部イーサネット) を表示します。

構文 (M Series、MX シリーズ、T Series、PTX シリーズルーター管理イーサネットインターフェイス)

構文 (M Series、MX シリーズ、T Series、PTX シリーズルーター内部イーサネットインターフェイス)

説明

(M Series、T Series、TX マトリクスプラス、PTX シリーズデバイスのみ)管理イーサネットと内部イーサネットインターフェイスに関するステータス情報を表示します。

オプション

em0 | fxp0 | mgmtre0

(M Series、MX シリーズ、T Series、PTX シリーズ)管理イーサネットインターフェイスに関する標準情報を表示します。シャーシとルーティングエンジンによるサポート対象のイーサネットインターフェイスについては、サポートされているルーティングエンジンをルーター別に参照してください。

bcm0 | em0 | em1 | fxp1 | fxp2 | ixgbe0 | ixgbe1

(M Series、MX シリーズ、T Series、PTX シリーズ)内部イーサネットインターフェイスに関する標準情報を表示します。ハードウェアプラットフォーム別の各ルーティングエンジンの内部イーサネットインターフェイス名について、サポートされているルーティングエンジンをルーター別に表示します。

注:

Junos OS 進化した ixgbe0 と ixgbe1 の内部インターフェイスは推奨されていません。

brief |詳細 |拡張可能な |かつ

ナ指定された出力レベルを表示します。

名称

ナインターフェイスの説明文字列を表示します。

メディア

ナメディア固有の情報を表示します。

snmp-index snmp-index

ナインターフェイスの指定された SNMP インデックスの情報を表示します。

統計

ナ静的なインターフェイスの統計情報を表示します。

必須の権限レベル

'95'5c

出力フィールド

表 1M Series ルーター、T Series ルーター、 show interfaces TX マトリクスプラスルーター、PTX シリーズにおける (管理) コマンドの出力フィールドをリストします。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: インターフェイスを表示 M Series、MX シリーズ、T Series、PTX シリーズルーター管理イーサネットインターフェイスの出力フィールド

フィールド名

フィールドの説明

出力レベル

物理インターフェイス  

Physical interface

物理インタフェースの名前。

すべてのレベル

Enabled

インターフェイスの状態。使用可能な値については、 共通出力フィールドの説明 の「有効な フィールド」セクションを参照してください

すべてのレベル

Interface index

その初期化シーケンスを反映した物理インターフェイスのインデックス番号。

detail extensive なし

SNMP ifIndex

物理インターフェイスの SNMP インデックス番号。

detail extensive なし

Generation

ジュニパーネットワークス技術サポートのみで使用される固有の番号。

detail extensive

Type

インターフェイスのタイプ。

すべてのレベル

Link-level type

物理インターフェイスで使用されるカプセル化タイプです。

すべてのレベル

MTU

最大送信単位(MTU) — 送信する最大パケットのサイズ。

すべてのレベル

Clocking

インターフェイスのリファレンスクロックソース。

すべてのレベル

Speed

インターフェイスのネットワーク速度。

すべてのレベル

Device flags

物理デバイスに関する情報。可能な値については、 共通出力フィールドの説明 の「デバイス フラグ 」セクションを参照してください

すべてのレベル

Interface flags

インターフェイスに関する情報。可能な値については、 共通出力フィールドの説明 の「インターフェイス フラグ 」セクションを参照してください

すべてのレベル

Link type

データ伝送タイプ。

detail extensive なし

Link flags

リンクに関する情報。可能な値については、 共通出力フィールドの説明 の「リンク フラグ」セクションを参照してください

detail extensive

Physical info

物理インターフェイスに関する情報。

detail extensive

Hold-times

現在のインターフェイスの保留時間と停止時間が短縮されます。値はミリ秒単位です。

detail extensive

Current address

MAC アドレス構成されています。

detail extensive なし

Hardware address

インターフェイスのメディアアクセスコントロール (MAC) アドレス。

detail extensive なし

Alternate link address

バックアップリンクアドレス

detail extensive

Last flapped

日付、時刻、インターフェイスがダウンしてから上へと経過した期間。形式はLast flapped: year-month-day hour:minute:second timezone (hour:minute:second ago)です。たとえば、 Last flapped: 2002-04-26 10:52:40 PDT (04:33:20 ago)のようになります。

detail extensive なし

Input packets

物理インタフェース上で受信したパケット数。

指定なし

Output packets

物理インタフェースで送信されたパケット数。

指定なし

Statistics last cleared

インターフェースの統計情報が最後にゼロに設定された時刻。

detail extensive

Traffic statistics

論理および物理インタフェース上で送受信されるバイト数およびパケットレート。

  • Input bytesOutput bytes インターフェイス上で送受信されたバイト数。

  • Input packetsOutput packets インターフェイス上で送受信されたパケット数。

detail extensive

Input errors

  • Errors—インターフェイス上の入力エラー。

  • Drops—I/O Manager ASICの出力キューで破棄されたパケット数。

  • Framing errors—無効なFCS(フレーム チェックサム)を使用して受信したパケット数。

  • Runts:ラントしきい値よりも小さいフレームが受信された。

  • Giants—巨大なしきい値を超えるフレームが受信された。

  • Policed Discards—受信パケット一致コードが認識されていない、または不要な理由で破棄されたフレーム。通常、このフィールドは Junos がサポートしていないプロトコルを報告します。

  • Resource errors—送信ドロップの合計。

extensive

Output errors

  • Carrier transitions—インターフェイスが から . に変えた down 回数 up 。通常、この数値は急速に増加しないため、ケーブルが抜かれたときにだけ、末端のシステムの電源が切られたり、他の問題が発生したりすることがあります。キャリアの移行数が急速に増加した場合、10秒ごとにケーブル、リモートシステム、またはインターフェイスが誤動作する可能性があります。

  • Errors—送信フレームの終了とFCSエラーの合計。

  • Drops—I/O Manager ASICの出力キューで破棄されたパケット数。インターフェイスが飽和状態になっている場合、この数は ASIC レッドメカニズムによってドロップされたパケットごとに1回ずつ増加します。

  • Resource errors—送信ドロップの合計。

extensive

論理インタフェース  

Logical interface

論理インタフェースの名前

すべてのレベル

Index

初期化シーケンスを反映した論理インタフェースのインデックス番号。

detail extensive なし

SNMP ifIndex

論理インタフェース SNMP インターフェイスインデックス番号。

detail extensive なし

Generation

ジュニパーネットワークス技術サポートのみで使用される固有の番号。

detail extensive

Flags

論理インターフェイスに関する情報。値については、 共通出力フィールドの説明 の「デバイス フラグ 」セクションを参照してください

すべてのレベル

Encapsulation

論理インタフェースのカプセル化。

detail extensive なし

inet

論理インタフェースの IP アドレス。

brief

Protocol

論理インターフェイス上に設定されたプロトコル ファミリー(または など isoinet6 )。

detail extensive なし

MTU

論理インターフェイス上の MTU サイズ

detail extensive なし

Generation

ジュニパーネットワークス技術サポートのみで使用される固有の番号。

detail extensive

Route table

このアドレスが存在するルートテーブルです。たとえば、 Route table:0 inet.0 を指します。

detail extensive

Flags

プロトコルファミリフラグに関する情報。可能な値については、 共通出力フィールドの説明 の「ファミリー フラグ 」セクションを参照してください

detail extensive なし

Addresses, Flags

アドレスフラグについて説明します。可能な値については、 共通出力フィールドの説明 の「アドレス フラグ」セクションを参照してください

detail extensive なし

Destination

接続のリモート側の IP アドレス。

detail extensive なし

Local

論理インタフェースの IP アドレス。

detail extensive なし

Broadcast

ブロードキャストアドレスです。

detail extensive なし

Generation

ジュニパーネットワークス技術サポートのみで使用される固有の番号。

detail extensive

サンプル出力

インターフェイスの簡易表示 (管理イーサネット)

インターフェイスの表示 (管理イーサネット)

インターフェイスの表示 (管理イーサネット [TX Matrix + ルーター])

インターフェイスの表示 (管理イーサネット [PTX シリーズパケットトランスポートルーター])

インターフェイスの詳細を表示 (管理イーサネット)

インターフェイスの詳細を表示する (管理イーサネット [TX Matrix + ルーター])

インターフェイスの詳細を表示する (管理イーサネット [PTX Packet Transport ルーター])

インターフェイスの詳細 (管理用イーサネット)

インターフェイスを拡張して表示する (管理イーサネット [TX Matrix + ルーター])

インターフェイスを拡張して表示する (管理イーサネット [PTX シリーズパケットトランスポートルーター])

インターフェイスの表示 mgmtre0 (管理イーサネット [PTX5000 ルーター])

インターフェイスの簡易表示 (管理イーサネット)

インターフェイスの概要を表示する (管理イーサネット [TX Matrix + ルーター])

インターフェイスの概要 (管理イーサネット [PTX シリーズパケットトランスポートルーター])

インターフェイスの表示 (内部イーサネット)

インターフェイスの表示 (内部イーサネット [TX Matrix + + ルーター])

インターフェイスの詳細を表示 (内部イーサネット)

インターフェイスの詳細を表示 (内部イーサネット [TX Matrix + ルーター])

show interfaces extensive(内部イーサネット)

show interfaces extensive(内部イーサネット[TXマトリクス プラス ルーター] )

リリース情報

Junos OS リリース7.4 より前に導入されたコマンド

Junos OS リリース12.1 用の PTX シリーズパケットトランスポートルーターに導入されたコマンド