Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show chassis hardware

構文

構文(EXシリーズ、MX104、MX204、MX2010、MX2020、MX10003、MX10008、MX2008ユニバーサルルーティングプラットフォーム)

構文(TXマトリクス ルーター)

構文(TX Matrix Plusルーター)

構文(MXシリーズルーター)

構文(QFXシリーズ)

説明

ハードウェアバージョンレベルやシリアル番号を含む、ルーターまたはスイッチ シャーシにインストールされたすべての FPC(フレキシブル PIC コンセントレータ)と PICのリストを表示します。

EXシリーズスイッチコマンド出力では、FPCは以下のことを示します。

  • EX2200スイッチ、EX3200スイッチ、EX4200スタンドアロンスイッチ、EX4500スイッチでは、スイッチを示します。FPCnumberは常に0となります。

  • バーチャルシャーシ構成内のEX4200スイッチでは、バーチャルシャーシのメンバーを示します。FPCnumberは、メンバーID(0~9)と等しくなります。

  • EX8208およびEX8216スイッチでは、ラインカードを示します。FPCnumberは、ラインカードのスロット番号と等しくなります。

QFX3500、QFX5100、OCXシリーズスタンドアロンスイッチ、PTX1000ルーターでは、FPCとFPCnumberは両方とも常に0です。

T4000タイプ5 FPCでは、 top temperature sensorまたはbottom temperature sensor パラメーターはありません。代わりに、 fan exhaust temperature sensorsおよび fan intake temperature sensorパラメーターが表示されます。

Junos OSリリース11.4から show chassis hardware models操作モードコマンドの出力には、ルーターに基づく拡張ミッドプレーンFRUモデル番号(CHAS-BP3-MX240-S、CHAS-BP3-MX480-S、またはCHAS-BP3-MX960-S)が表示されます。リリース 11.4以前は、ルーターに拡張ミッドプレーンがある場合、FRUモデル番号は空白のままとなります。拡張ミッドプレーンは、Junos OSリリース 13.3で導入されますが、すべてのJunos OSリリースでサポートできます。

Junos OSリリース14.1以降、 show chassis hardware detail | extensive | clei-models | models操作モードコマンドの出力には、PTX5000パケットトランスポートルーターの高密度FPC(FPC2-PTX-P1A)およびその他のコンポーネントに電力を提供するために追加される新しいDC PSM(電源モジュール)およびPDU(配電ユニット)が表示されます。

オプション

none

ハードウェアに関する情報を表示します。TX Matrix ルーターの場合、TX Matrix ルーターとそのアタッチされた T640 ルーターに関する情報を表示します。TX Matrix Plus ルーターの場合、TX Matrix Plus ルーターとそのアタッチされたルーターに関する情報を表示します。

clei-models

(オプション)C命令可能な FRU(フィールド交換可能ユニット)の CLEI(Common Language Equipment Identifier)バーコードとモデル番号を表示します。

detail

(オプション)出力にRAMおよびディスク情報を含めます。

extensive

(オプション)ID EEPROM 情報を表示します。

all-members

(MXシリーズ ルーターのみ)(オプション)仮想シャーシ構成のすべてのメンバーのハードウェア固有の情報を表示します。

interconnect-device name

(QFabricシステムのみ)(オプション)相互接続デバイスのハードウェア固有の情報を表示します。

lcc number

(TX MatrixルーターおよびTX Matrix Plusルーターのみ)(オプション)TX Matrixルーターでは、TX Matrixルーターに接続された、指定されたT640ルーター(ラインカードシャーシ)のハードウェア情報を表示します。TX Matrix Plus ルーターでは、TX Matrix Plus ルーターに接続された、指定されたルーター(ラインカードシャーシ)のハードウェア情報を表示します。

LCC設定に応じて、numberを以下の値に置き換えます。

  • 0~3(T640ルーターが、ルーティングマトリクス内のTX Matrixルーターに接続された場合)。

  • 0~3(T1600 ルーターが、ルーティング マトリクス内の TX Matrix Plus ルーターに接続された場合)。

  • 0~7(T1600 ルーターが、ルーティング マトリクス内に 3D SIB を持つ TX Matrix Plus ルーターに接続された場合)。

  • 0、2、4、または 6(T4000ルーターが、ルーティングマトリクス内で3D SIBを備えたTX Matrix Plusルーターに接続された場合)。

local

(MXシリーズルーターのみ)(オプション)ローカルバーチャルシャーシメンバーのハードウェア固有の情報を表示します。

member member-id

(MXシリーズルーターおよびEXシリーズスイッチ)(オプション)バーチャルシャーシ構成の指定されたメンバーに関するハードウェア固有の情報を表示します。member-id変数を、0あるいは1の値に置き換えます。

models

(オプション)命令可能な FRU と、ID EEPROM フォーマット v2(CLEI コード)を使用するコンポーネントのモデル番号と部品番号を表示します。

node-device name

(QFabric システムのみ)(オプション)ノード デバイスのハードウェア固有の情報を表示します。

satellite [slot-id slot-id | device-alias alias-name]

(Junos Fusionのみ)(オプション)Junos Fusion内にある指定されたサテライトデバイス(または指定されたサテライト デバイスがない場合は、Junos Fusion 内のすべてのサテライトデバイスのハードウェア情報)を表示します。

scc

(TX Matrix ルーターのみ)(オプション)TX Matrix ルーター(スイッチカード シャーシ)のハードウェア情報を表示します。

sfc number

(TX Matrix Plus ルーターのみ)(オプション)TX Matrix Plus ルーター(スイッチファブリック シャーシ)のハードウェア情報を表示します。number変数を、0に置き換えます。

詳細な情報

show chassis hardware detail コマンドは、表 1 に示すように、以下のルーティング エンジンの DIMM 情報を表示します。

表 1: DIMM情報を表示するルーティングエンジン
ルーティング エンジン ルーター

RE-S-1800x2 と RE-S-1800x4

MX240、MX480、MX960 ルーター

RE-A-1800x2

M120 および M320 ルーター

Junos OSリリース11.4以降では、MXシリーズルーターの show chassis hardware models操作モードコマンドの出力に、ルーターに基づく拡張ミッドプレーンFRUモデル番号(CHAS-BP3-MX240-S、CHAS-BP3-MX480-S、または CHAS-BP3-MX960-S)が表示されます。Junos OS リリース 11.4 以前のリリースでは、ルーターに拡張ミッドプレーンがある場合、FRU モデル番号は空白のままになります。拡張ミッドプレーンは、Junos OS リリース 13.3 で導入されますが、すべての Junos OS リリースでサポートできます。

Junos OS リリース 17.3R1以降、 show chassis hardwareコマンドの出力に、FPCの部品番号フィールドに vMXが実行されているモード(パフォーマンスモードまたはライトモード)が表示されるようになりました。 RIOT-PERFはパフォーマンス モードを示し、 RIOT-LITEはライトモードを示しています。

必要な権限レベル

view

出力フィールド

表 2 では、show chassis hardware コマンドの出力フィールドの一覧が表示されます。出力フィールドは、基本的に表示されている順序で一覧表示されます。

表 2: show chassis hardware出力フィールド

フィールド名

フィールドの説明

出力レベル

Item

デバイスハードウェアに関する情報を表示します。

すべてのレベル

Version

シャーシ コンポーネントの改訂レベル。

すべてのレベル

Part number

シャーシ コンポーネントの部品番号。

すべてのレベル

Serial number

シャーシ コンポーネントのシリアル番号。バックプレーンのシリアル番号は、ルーターシャーシのシリアル番号でもあります。ルーターまたはスイッチ シャーシに関して、ジュニパーネットワークスのカスタマーサポートに連絡される場合は、このシリアル番号を使用してください。

すべてのレベル

Assb ID または Assembly ID

extensive キーワードのみ)FRUハードウェアを説明する識別番号。

extensive

Assembly Version

extensive キーワードのみ)FRUハードウェアのバージョン番号。

extensive

Assembly Flags

extensiveドのみ)フラグ。

extensive

FRU model number

clei-modelsextensiveおよび modelsキーワードのみ)FRUハードウェア コンポーネントのモデル番号。

none specified

CLEI code

clei-modelsおよび extensive キーワードのみ)Common Language Equipment Identifier コード。この値は、ID EEPROM フォーマット v2 を使用するハードウェア コンポーネントのみに表示されます。この値は、ID EEPROM フォーマット v1 を使用するコンポーネントには表示されません。

none specified

EEPROM Version

ハードウェアコンポーネントで使用されるID EEPROMバージョン:0x00(バージョン 0)、0x01(バージョン 1)、または 0x02(バージョン 2)。

extensive

Description

ハードウェアアイテムの概要:

  • 電源のタイプ。

  • PIC のタイプ。PIC タイプが現在のソフトウェアリリースでサポートされていない場合、出力は Hardware Not Supportedを示します。

  • FPC のタイプ:FPC Type 1FPC Type 2FPC Type 3FPC Type 4、または OC192FPC Type

    EXシリーズスイッチでは、FPCの概要。

    以下のリストは、出力でのPIM省略と対応するPIM名を示します。

    • 2x FE—2 つの組み込みファスト イーサネット インターフェイス(固定 PIM)またはデュアル ポート ファスト イーサネット PIM のいずれか

    • 4x FE—4 ポート ファスト イーサネット ePIM

    • 1x GE Copper—銅線ギガビット イーサネット ePIM(1 つの 10-Mbps、100-Mbps、または 1000-Mbps ポート)

    • 1x GE SFP—SFP ギガビット イーサネット ePIM(1 つのファイバー ポート)

    • 2x Serial—デュアルポート シリアル PIM

    • 2x T1—デュアルポート T1 PIM

    • 2x E1—デュアルポート E1 PIM

    • 2x CT1E1—デュアルポート チャネル化 T1/E1 PIM

    • 1x T3—T3 PIM(1 つのポート)

    • 1x E3—E3 PIM(1 つのポート)

    • 4x BRI S/T—4 ポート ISDN BRI S/T PIM

    • 4x BRI U—4 ポート ISDN BRI U PIM

    • 1x ADSL Annex A—ADSL 2/2+ Annex PIM(1つのポート、POTS向け)

    • 1x ADSL Annex B—ADSL 2/2+ Annex B PIM(1つのポート、ISDN向け)

    • 2x SHDSL (ATM)—G SHDSL PIM(2 ポート 2 線モジュールまたは 1 ポート 4 線モジュール)

    • 1x TGM550—TGM550テレフォニーゲートウェイモジュール(1 つのコンソール ポート、2 つのアナログLINEポート、2 つのアナログTRUNK ポートを持つAvaya VoIPゲートウェイモジュール)

    • 1x DS1 TIM510—TIM510 E1/T1 テレフォニー インターフェイス モジュール(1 つの E1 または T1 トランク終端ポートと ISDN PRI バックアップがある Avaya VoIP メディア モジュール)

    • 4x FXS, 4xFX0, TIM514—TIM514 アナログ テレフォニー インターフェイス モジュール(4 つのアナログ ポーLINEトと 4 つのアナログ ポーTRUNKトを持つ Avaya VoIP メディア モジュール)

    • 4x BRI TIM521—TIM521 BRI テレフォニー インターフェイス モジュール(4 つの ISDN BRI ポートを持つ Avaya VoIP メディア モジュール)

    • Crypto Accelerator Module—IPsec(IP セキュリティ)サービスに使用される暗号アルゴリズムのパフォーマンスの強化のため

  • MPC M 16x 10GE—SFP+光トランシーバーをサポートする16 ポート10ギガビットモジュールポートコンセントレーター。(EXシリーズスイッチ上にはありません)

  • ホストの場合、ルーティングエンジンタイプ。

  • SFP(スモール フォームファクター プラガブルトランシーバー)モジュールの場合、ファイバーのタイプ:LXSXLH、またはT

  • EXシリーズスイッチ(EX2200スイッチを除く)のLCDに関する説明。

  • MPC2—MIC 向けの 2 つの個別のスロットをサポートする 1 ポート MPC2。

  • MPC3E—MX960、MX480、およびMX240ルーター上の2つの個別のMIC(MIC-3D-1X100GE-CFPおよびMIC-3D-20GE-SFP)向けスロットをサポートする1 ポートMPC3E。MPC3E は、MPC3E は、1 つの MIC を 1 つの PIC にマッピングします(1 MIC、1 PIC)。レガシー MPC のマッピングとは異なります。

  • 100GBASE-LR4、プラグブルCFP光インターフェイス

  • ファブリックの冗長性がある拡張MXスイッチコントロールボードとファブリックの冗長性がない既存のSCBをサポートします。

  • FPC(Flexible Port Concentrators)、DPC(Dense Port Concentrators)、MPC(Modular Port Concentrators)を含む既存のMXシリーズラインカードと相互運用します。

  • MPC4E—2 つのフレーバーで利用される固定構成 MPC4E:MX2020、MX960、MX480およびMX240ルーター上のMPC4E-3D-32XGE-SFPPとMPC4E-3D-2CGE-8XGE。

  • MXシリーズルーターのLCDに関する説明

すべてのレベル

サンプル出力

show chassis hardware(MX10008ルーター)

show chassis hardware(PTX10008ルーター)

show chassis hardware(PTX10016ルーターJunos OS Evolvedリリース)

show chassis hardware clei-models(PTX10016 ルーター)

show chassis hardware(QFX5700 ルーター)

show chassis hardware(SRX5800 ルーター)

show chassis hardware detail(EX9251スイッチ)

show chassis hardware extensive(T640ルーター)

show chassis hardware interconnect-device(QFabricシステム)

show chassis hardware lcc(TX Matrixルーター)

show chassis hardware models(MX2010ルーター)

show chassis hardware node-device(QFabricシステム)

show chassis hardware scc(TX Matrixルーター)

show chassis hardware sfc(TX Matrix Plusルーター)

show chassis hardware(ACX7100-48L)

show chassis hardware(SRX5800)

show chassis hardware(PTX10001-36MR)(400G ZRおよび400G ZR-M光インターフェイス)

show chassis hardware(MX10008)

リリース情報

Junos OSリリース7.4より前に導入されたコマンド。

modelsJunos OS リリース 8.2 で導入された オプション。

sfcTX Matrix Plusルーター向けにJunos OSリリース9.6で導入されたオプション。

QFX10002、QFX10008、および QFX10016 スイッチのJunos OSリリース15.1X53-D60 で導入されたdiskusbに関する情報。

pem は、SRX5800 の Junos OS リリース 21.4R1 に追加された出力を詳細に示します。
注:

ルーターとルーティング プラットフォームは、別途記載されていない限り、基本的な構文を使用します。例えば、EXシリーズでは追加のサテライトパラメーターが利用可能です。