Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

イーサネットインターフェイスの概要

イーサネットは、Xerox Palo Alto Research Center (PARC) の初期の段階で、コンピューターを相互接続するためのデータリンク制御レイヤープロトコルとして開発されました。同軸ケーブル上で 10 Mbps(10 メガビット/秒)、後に 10Base-T を使用して非コードツイスト ペアで広く使用されました。最近では、100Base-TX(高速イーサネット、100 Mbps)、ギガビット イーサネット(1 ギガビット/秒[Gbps])、10 ギガビット イーサネット(10 Gbps)、100 ギガビット イーサネット(100 Gbps)が利用可能になってきました。

ジュニパーネットワークスルーターは、以下のタイプのイーサネットインターフェイスをサポートしています。

  • 高速イーサネット

  • トライレートイーサネット銅線

  • ギガビットイーサネット

  • ギガビットイーサネットインテリジェントキューイング (IQ)

  • ギガビットイーサネット IQ2 と IQ2-E

  • 10ギガビットイーサネット IQ2 と IQ2-E

  • 10 ギガビット イーサネット

  • 10ギガビットイーサネット高密度波長分割多重化 (DWDM)

  • 100ギガビットイーサネット

  • 管理イーサネットインターフェイス (ルーター内のアウトオブバンド管理インターフェイス)

  • ルーティングエンジンをパケット転送コンポーネントに接続する内部イーサネットインターフェイス

  • 集約型イーサネット・インタフェース、高速イーサネット、ギガビット・イーサネット、または10ギガビット・イーサネットの物理接続の論理的なリンク