Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

物理インターフェイスのプロパティ

物理インターフェイスはさまざまな移行を受け、ルーターとスイッチが適切Junos OSのためにサーバーにアドバタイズされます。ルーターおよびスイッチを通過するトラフィックに関するデータの特性を指定するアカウンティング プロファイルも、物理インターフェイス上で設定できます。SNMP(シンプルなネットワーク管理プロトコル)通知を物理インターフェイスで有効にすることにより、インターフェイスの状態や接続変更時に関する情報を提供できます。このインターフェイスは、アクセスを容易にするために、デバイス上で短距離モード、フロー制御、メディア タイプなど、さまざまなモードを設定できます。

物理インターフェイスの移行が短いダンピングを設定

デフォルトでは、インターフェイスがアップからダウンまたはダウンからアップに変わる場合、この移行は直ちにハードウェアにアドバタイズされ、 Junos OS。状況によっては、インターフェイスの移行をダンピングすることがあります。

たとえば、追加/ドロップ マルチプレクサ(ADM)または波長分割マルチプレクサ(WDM)に接続されたインターフェイス上でダンピングを設定したり、SONET/SDHフレームの穴から保護したりすることができます。

インターフェイスをダンピングとは、ホールドタイムと呼ばれる一定期間が経過するまで、インターフェイスの移行を宣伝しない、という意味です。インターフェイスがアップダウンすると、ダウンしたホールドタイム タイマーがトリガーされます。ホールド タイムに発生するインターフェイスの移行は無視されます。タイマーが切れ、インターフェイスの状態がまだダウンしている場合、ルーターはダウンしているとしてインターフェイスをアドバタイズし始まります。同様に、インターフェイスがダウンからアップに移動すると、アップ ホールドタイム タイマーがトリガーされます。ホールド タイムに発生するインターフェイスの移行は無視されます。タイマーが切れ、インターフェイスの状態がまだアップの場合、ルーターはインターフェイスがアップとしてアドバタイズされ始まります。

ミリ秒で短い物理インターフェイス移行のダンピングを設定するには、次の手順に示します。

  1. ダンピングするインターフェイスを選択し、インターフェイス名は次の場所になります interface-type-fpc/pic/port
  2. リンク アップおよびリンク ダウンのホールド タイムを設定します。

ホールドタイムには、0~4,294,967,295ミリ秒の値を指定できます。デフォルト値は0です。つまり、インターフェイスの移行がダンピングされません。 Junos OS 指定した時間値から 100 ミリ秒以内で移行をアドバタイズします。

ほとんどのイーサネット インターフェイス では、Junos OS 1 秒のポーリング アルゴリズムを使用してタイマーを保持します。1 ポート、2 ポート、4 ポートのギガビット イーサネット インターフェイスとスモール フォームファクター プラガブル(SFP)トランシーバでは、ホールド タイマーが中断駆動されます。

メモ:

この hold-time オプションは、コントローラ インターフェイスでは使用できません。

物理インターフェイスのアカウンティング

このアプリケーションでJunos OSは、デバイスを通過するトラフィックに関するさまざまなデータを収集できます。(システム管理者)は、このデータの一般的な特性を指定する 1 つ以上のアカウンティング プロファイルを設定できます。これらの特性には、以下のものが含まれます。

  • アカウンティング レコードで使用されるフィールド

  • ルーターまたはスイッチが破棄する前に保持するファイル数とファイル当たりのバイト数

  • システムがデータの記録に使用するポーリング期間

概要

アカウンティング プロファイルには、フィルタ プロファイルとインターフェイス プロファイルの 2 種類があります。階層レベルでステートメントを使用してプロファイルを [edit accounting-options] 設定します。

ステートメントを階層レベルに含めて filter-profile 、フィルター プロファイルを [edit accounting-options] 設定します。フィルタ プロファイルは、 および 階層レベルに ステートメント accounting-profile を含 [edit firewall filter filter-name] めて適用 [edit firewall family family filter filter-name] します。

ステートメントを階層レベルに含めて interface-profile 、インターフェイス プロファイルを [edit accounting-options] 設定します。インターフェイス プロファイルの設定方法については、このガイドをご覧ください。

物理インターフェイスのアカウンティング プロファイルの設定

開始する前に

階層レベルでアカウンティング データ ログ ファイルを [edit accounting-options] 設定します。オペレーティング システムは、アカウンティング データ ログ ファイルに統計情報をログに記録します。

アカウンティング データ ログ ファイルの設定方法の詳細については、「 アカウンティング データ ログ ファイルの設定 」を参照してください

構成

特定の物理インターフェイス上の入出力パケットに関するエラーと統計情報を収集するインターフェイス プロファイルを設定します。インターフェイス プロファイルは、オペレーティング システムがログ ファイルに対して指定した情報を指定します。

インターフェイス プロファイルを設定するには、次の手順に示します。

  1. 階層レベルに[edit accounting-options interface-profile]移動します。インターフェイス プロファイルのprofile-name名前に、 を含める。
  2. インターフェイスに対して収集する統計情報を設定するには、 ステートメントを含fieldsにします。
  3. 各アカウンティング プロファイルは、その統計を /var/log ディレクトリ内のファイルにログに記録します。使用するファイルを設定するには、 ステートメントを使用fileします。
    メモ:

    階層レベルですでに file 設定されているインターフェイス プロファイルのステートメントを指定する [edit accounting-options] 必要があります。

  4. オペレーティング システムは、アカウンティング プロファイルが有効になっている各インターフェイスから統計情報を収集します。アカウンティング プロファイルに対して指定された間隔ごとに 1 回、統計情報を収集します。オペレーティング システムは、統計情報収集の間隔を設定した間隔でスケジュールします。この間隔を設定するには、 ステートメントを使用intervalします。
    メモ:

    許容される最小間隔は 1 分です。多数のインターフェイスについてアカウンティング プロファイルで低い間隔を設定すると、深刻なパフォーマンスの低下が発生する可能性があります。

  5. 階層レベルに ステートメントを含めて、物理インターフェイスaccounting-profileにインターフェイス プロファイルを[edit interfaces interface-name]適用します。オペレーティング システムは、指定したインターフェイスでアカウンティングを実行します。

アカウンティング プロファイルの表示方法

目的

以下で設定された [edit accounting-options interface-profile profile-name] 階層レベルに、特定の物理インターフェイスの設定されたアカウンティング プロファイルを表示するには、次の手順に従います。

  • interface-name — et-1/0/1

  • インターフェイス プロファイル —if_profile

  • ファイル名:if_stats

  • 間隔:15 分

アクション

  • 階層レベル show で コマンドを [edit interfaces et-1/0/1] 実行します。

  • 階層レベル show で コマンドを [edit accounting-options] 実行します。

意味

設定されたアカウンティングと、関連するセット オプションが期待通り表示されます。

物理インターフェイスで SNMP 通知を有効にする

デフォルトでは、 Junos OS または接続の状態が変更された場合に、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)通知を送信します。要件に応じて SNMP 通知を有効または無効にできます。

物理インターフェイスで SNMP 通知の送信を明示的に有効にするには、次の方法に示します。

  1. 設定モードで、階層レベルに [edit interfaces interface-name] 移動します。
  2. 接続のtraps状態が変更された場合に SNMP 通知を有効にするオプションを設定します。

物理インターフェイスで SNMP 通知を無効にするには、以下の方法で行います。

  1. 設定モードで、階層レベルに [edit interfaces interface-name] 移動します。

  2. 接続の no-traps 状態が変更された場合に SNMP 通知を無効にするオプションを設定します。

イーサネット ループバック機能の設定

インターフェイスをループバック モードに設定するには、 ステートメントを含 loopback にします。

デフォルト(ループバック モードを無効にする)に戻するには、次のステートメント loopback を設定から削除します。

ループバック モードを明示的に無効にするには、次のステートメントを含 no-loopback にします。

ループバックとステートメントは、no-loopback次の階層レベルに含めできます。

  • [edit interfaces interface-name aggregated-ether-options]

  • [edit interfaces interface-name ether-options]

QFX5100-48T での短距離モードの設定

QFX5100-48T スイッチでは、短いケーブル長(10m 未満)を使用して、個々の短距離モードだけでなく、銅線ベースの 10 ギガビット イーサネット インターフェイスの範囲を有効にできます。短距離モードは、これらのインターフェイスで最大 5W の消費電力を低減します。

  1. 個々のインターフェイスで短距離モードを有効にするには、次のコマンドを実行します。

    たとえば、PIC 0 のポート 0 で短距離モードを有効にするには、次のコマンドを実行します。

  2. インターフェイスの範囲で短距離モードを有効にするには、次のコマンドを発行します。

    たとえば、PIC 0上のポート0とポート47の間のインターフェイスの範囲で短距離モードを有効にするには、次のコマンドを発行します。

  3. 個々のインターフェイスで短距離モードを無効にするには、次のコマンドを実行します。

    たとえば、PIC 0のポート0で短距離モードを無効にするには、次のコマンドを実行します。

  4. インターフェイスの範囲で短距離モードを無効にするには、次のコマンドを発行します。

    たとえば、PIC 0上のポート0とポート47の間のインターフェイス範囲で短距離モードを無効にするには、次のコマンドを発行します。

フロー制御の構成

デフォルトでは、ルーターまたはスイッチは、高速イーサネット、Tri-Rateイーサネット銅線、ギガビット イーサネット、および10ギガビット イーサネット インターフェイスで送信されるトラフィック量を調整するためにフロー制御を適用します。フロー制御は、4ポート高速イーサネットPICではサポートされていません。これは、接続のリモート側がファスト イーサネットスイッチまたはギガビット イーサネット スイッチの場合に便利です。

ルーターやスイッチで制限のないトラフィックを許可したい場合、フロー制御を無効にできます。フロー制御を無効にするには、 ステートメントを含 no-flow-control にします。

フロー制御を明示的に元に戻す場合は、 ステートメントを含 flow-control める:

これらのステートメントは、以下の階層レベルに含めできます。

  • [edit interfaces interface-name aggregated-ether-options]

  • [edit interfaces interface-name ether-options]

  • [edit interfaces interface-name fastether-options]

  • [edit interfaces interface-name gigether-options]

メモ:

タイプ 5 FPC では、イングレスオーバーオーバーの場合に制御パケットに優先度を設定するには、隣接するピアが MAC フロー制御をサポートしている必要があります。ピアがMACフロー制御をサポートしていない場合、フロー制御を無効にする必要があります。

物理インターフェイスを無効にする

物理インターフェイスを無効にし、ダウンとしてマークを付け、インターフェイス設定ステートメントを設定から削除する必要があります。

物理インターフェイスを無効にする方法

注意:

動的加入者および論理インターフェイスは、ネットワークへの接続に物理インターフェイスを使用します。動的加入者および論理インターフェイスがアクティブな状態の場合、インターフェイスを無効に設定して変更をコミットできます。このアクションにより、インターフェイス上のすべての加入者接続が失われる可能性があります。インターフェイスを無効化する場合は注意してください。

物理インターフェイスを無効にするには、次の方法に行います。

  1. 設定モードで、階層レベルに[edit interfaces interface-name]移動します。
  2. ステートメントを含disableめる。

    例えば:

    メモ:

    PICタイプにdisableedit interfaces応じて階層レベルで ステートメントを使用すると、インターフェイスはレーザーをオフにする可能性またはオフになる可能性があります。古いPICトランシーバはレーザーのスイッチをオフに対応していますが、SFPおよびXFPトランシーバを搭載した新しいギガビット イーサネットPICでサポートされています。新しいICを持つデバイスでは、インターフェイスが無効になっているときにレーザーがオフになります。

    レーザーに関する警告:

    インターフェイスが無効化されている場合でも、レーザー ビームを見つめなくても、光学機器で直接見つめなくても、

例: 物理インターフェイスの無効化

インターフェイスの設定例:

インターフェイスを無効にします。

インターフェイス設定を検証します。

インターフェイスを 1 つの PIC でT Series効果

次の表は、ステートメントを T シリーズの PIC に使用 set interfaces disable interface_name した場合の影響を示しています。

表 1: セット インターフェイスが T シリーズ PIC <interface_name>無効にした影響

PICモデル番号

PICの説明

PICのタイプ

動作

PF-12XGE-SFPP

10 ギガビット イーサネット LAN/WAN PIC と SFP+(T4000 ルーター)

5

送信(Tx)レーザー無効化

PF-24 XGE-SFPP

10 ギガビット イーサネット LAN/WAN PIC とオーバーサブビションおよび SFP+(T4000 ルーター)

5

Tx レーザー無効化

PF-1CGE-CFP

100 ギガビット イーサネット PIC と CFP(T4000 ルーター)

5

Tx レーザー無効化

PD-4XGE-XFP

10 ギガビット イーサネット、4 ポート LAN/WAN XFP

4

Tx レーザー無効化

PD-5-10XGE-SFPP

10 ギガビット LAN/WAN と SFP+

4

Tx レーザー無効化

PD-1XLE-CFP

40 ギガビット、CFP 付き

4

Tx レーザー無効化

PD-1CE-CFP-FPC4

100 ギガビットと CFP

4

Tx レーザー無効化

PD トンネル

40 ギガビット トンネル サービス

4

NA

PD-4OC192-SON-XFP

OC192/STM64、4 ポート XFP

4

Tx レーザーは無効化されない

PD-1OC768-SON-SR

OC768c/STM256、1 ポート

4

Tx レーザーは無効化されない

リリース履歴テーブル
リリース
説明
19.3R1
Junos OS リリース 19.3R1 から、EX4300-48MP スイッチ上で 2 ポート 40 ギガビット イーサネット QSFP+/100 ギガビット イーサネット QSFP28 アップリンク モジュールを設定し、2 個の 40 ギガビット イーサネット ポートまたは 2 個の 100 ギガビット イーサネット ポートのいずれかを動作できます。
19.1R1
Junos OS リリース 19.1R1 から、2 ポート 40 ギガビット イーサネット QSFP+/1 ポート 100 ギガビット イーサネット QSFP28 アップリンク モジュール(EX4300-48MP スイッチ)で、ブレークアウト ケーブルを使用して 100 ギガビット 4 個の独立 25 ギガビット イーサネット ポートをチャンネル化できます。