Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

interfaces (QFX Series)

構文

以下のステートメントとそれに関連するサブステート メントは、OCX シリーズ スイッチではサポートされていません。 auto-negotiationspeedethernet-switchingfcoe-lagfibre-channelfibrechannel-optionsmc-aevlanvlan-idvlan-tagging

階層レベル

説明

QFXシリーズとOCXシリーズのインターフェイスを設定します。

以下のステートメントとそれに関連するサブステート メントは、OCX シリーズ スイッチではサポートされていません。 auto-negotiationethernet-switchingfcoe-lagfibre-channelfibrechannel-optionsmc-aespeedvlanvlan-idvlan-tagging

ほとんどの標準 Junos OS 設定ステートメントは、スイッチの Junos OS で使用できます。このトピックでは、スイッチを設定する際によく使用するJunos OSステートメントと、スイッチのみをサポートするために追加されたステートメントを一覧表示します。

オプション

Aex-集合型イーサネットインターフェイスを設定します。

xe-0/0/port/—10ギガビット イーサネット インターフェイスを設定します。

ge-0/0//port—ギガビット イーサネット インターフェイスを設定します。

fc-0/0/port/—ファイバーチャネルインターフェイスを設定します。

meX/—管理インターフェイスを設定します。

mc-ae—MC-AE(マルチシャーシ集合型イーサネット)インターフェイスを設定します。

残りのステートメントは別々に説明します。 CLI エクスプローラを参照してください。

必要な権限レベル

インターフェイス—設定でこのステートメントを表示します。インターフェイス制御—設定にこのステートメントを追加します。

リリース情報

Junos OS リリース 11.1 で導入されたステートメント。