Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show interfaces irb

構文

説明

統合型ルーティングおよびブリッジング インターフェイス情報を表示します。

オプション

要約|詳細|広範な|簡潔

(オプション)指定された出力レベルを表示します。

説明

(オプション)インターフェイスの説明の文字列を表示します。

メディア

(オプション)ネットワーク インターフェイスに関するメディア固有の情報を表示します。

routing-instance instance-name

(オプション)指定されたSNMPインデックスを持つインターフェイスの情報を表示します。

snmp-index snmp-index

(オプション)指定されたSNMPインデックスを持つインターフェイスの情報を表示します。

統計

(オプション)静的インターフェイス統計情報を表示します。

その他の情報

IRB(統合型ルーティングおよびブリッジング)は、同じインターフェイス上のレイヤー 2 ブリッジングとレイヤー 3 IP ルーティングを同時にサポートします。IRB では、ローカル パケットを別のルーティング インターフェイス、またはレイヤー 3 プロトコルが設定された別の VLAN にルーティングできます。

必須の権限レベル

ビュー

出力フィールド

表 1 は 、 コマンドの出力フィールドを示 show interfaces irb しています。出力フィールドは、概して表示される順序で一覧表示されます。

表 1: show interfaces irb 出力フィールド

フィールド名

フィールドの説明

出力レベル

物理インターフェイス  

物理インターフェイス

物理インターフェイスの名前。

すべてのレベル

有効

物理インターフェイスの状態。使用可能な値については、 共通出力フィールドの説明 の「有効なフィールド 」セクションを参照してください

すべてのレベル

プロト

インターフェイス上に設定されたプロトコル。

簡潔

インターフェイス インデックス

初期化シーケンスを反映した物理インターフェイス インデックス番号。

詳細詳細なし

SNMP if

物理インターフェイスのSNMPインデックス番号。

詳細詳細なし

物理インターフェイス タイプ。

詳細詳細なし

リンクレベル タイプ

物理インターフェイスで使用されているカプセル化。

詳細概要(なし )

MTU

MTU インターフェイスのインターフェイス サイズを変更します。

詳細概要(なし )

クロック

リファレンス クロック ソース:内部または外部IRB インターフェイスでは、常に未指定です。

詳細な概要

速度

インターフェイスが実行される速度。IRB インターフェイスでは、常に未指定です。

詳細な概要

デバイス フラグ

物理デバイスに関する情報。可能な値については、 共通出力フィールドの説明 の「デバイス フラグ 」セクションを参照してください

詳細概要(なし )

インターフェイス フラグ

インターフェイスに関する情報。可能な値については、 共通出力フィールドの説明 の「インターフェイス フラグ 」セクションを参照してください

詳細概要(なし )

リンク タイプ

物理インターフェイス リンク タイプ: 全二重 または 半二重

詳細詳細なし

リンク フラグ

リンクに関する情報。可能な値については、 共通出力フィールドの説明 の「リンク フラグ 」セクションを参照してください

詳細詳細なし

物理情報

物理インターフェイス情報。

すべてのレベル

ホールドタイム

ミリ秒で示す現在のインターフェイスのホールドタイム アップとホールドタイム ダウン。

詳細詳細

現在の住所

設定済MAC アドレス。

詳細詳細なし

ハードウェア アドレス

MAC アドレスの一部です。

詳細詳細なし

代替リンク アドレス

リンクのバックアップ アドレス。

詳細詳細

最後にフラグが立て

日付、時刻、インターフェイスがダウンからアップに移動した時間。フォーマットは最後に表示されます。 例年 1 か月の時間:分:秒のタイム ゾーン(数時間:分:秒前)たとえば、Last flapped: 2002-04-26 10:52:40 PDT(04:33:20 前)

詳細詳細なし

統計情報の最後のクリア

インターフェイスの統計情報が最後にゼロに設定された時刻。

詳細詳細

トラフィック統計情報

物理インターフェイス上で送受信されるバイトおよびパケットの数とレート。

  • 入力バイト — インターフェイスで受信したバイト数。

  • 出力バイト — インターフェイス上で送信されたバイト数。

  • 入力パケット — インターフェイスで受信したパケット数

  • 出力パケット — インターフェイス上で送信されたパケット数。

詳細詳細

IPv6 トランジット統計

IPv6統計追跡が有効になっている場合に、物理インターフェイス上で送受信されたIPv6トランジットバイトおよびパケットの数。

  • 入力バイト — インターフェイスで受信したバイト数。

  • 出力バイト — インターフェイス上で送信されたバイト数。

  • 入力パケット — インターフェイスで受信したパケット数。

  • 出力パケット — インターフェイス上で送信されたパケット数。

詳細詳細

入力エラー

インターフェイス上の入力エラー。次の段落では、分からない可能性があるカウンターについて説明しています。

  • エラー — 受信フレームが終了したエラーとFCSエラーの合計。

  • ドロップ — I/O Manager ASICの入力キューで破棄されたパケット数。インターフェイスが飽和状態にある場合、ASICのREDメカニズムによりパケットが破棄されるごとに、この数字が増加します。

  • フレーム エラー — 無効なFCS(フレーム チェックサム)を使用して受信したパケット数。

  • Runts — ラントしきい値よりも小さい受信フレーム数。

  • 巨大 — 巨大なしきい値を超える受信フレーム数。

  • 基になる破棄 — 受信パケット一致コードが認識されていない、または不要だったために破棄されたフレームの数。通常、このフィールドはアプリケーションが処理Junos OSプロトコルを報告します。

  • リソース エラー — 送信ドロップの合計。

詳細詳細

出力エラー

インターフェイス上の出力エラー。次の段落では、分からない可能性があるカウンターについて説明しています。

  • キャリアの移行 — インターフェイスがダウンからアップに遷移した回数。この数字は通常、急速に増加しません。ケーブルを取り外したり、端端システムの電源を切り離したり、別の問題が発生したりした場合にのみ増加します。キャリアの移行数が急速に増加した場合(おそらく10秒ごとに増加)、ケーブル、端のシステム、または障害が発生DPC。

  • エラー — 送信フレームが終了したエラーとFCSエラーの合計。

  • ドロップ — I/O Manager ASICの出力キューで破棄されたパケット数。インターフェイスが飽和状態にある場合、ASICのREDメカニズムによりパケットが破棄されるごとに、この数字が増加します。

  • MTUエラー — サイズがインターフェイスの上限を超えたMTU数。

  • リソース エラー — 送信ドロップの合計。

詳細詳細

論理インターフェイス

論理インターフェイス

論理インターフェイスの名前。

すべてのレベル

インデックス

論理インターフェイスのインデックス番号(初期化シーケンスを反映)。

詳細詳細なし

SNMP if

論理インターフェイスのSNMPインターフェイス インデックス番号。

詳細詳細なし

世代

技術サポートでのみ使用ジュニパーネットワークス一意の番号。

詳細詳細

フラグ

論理インターフェイスに関する情報。可能な値については、 共通出力フィールドの説明 の「論理インターフェイス フラグ 」セクションを参照してください

詳細詳細

カプセル 化

論理インターフェイスでのカプセル化。

詳細詳細

帯域 幅

IRB インターフェイスで無視されるダミー値。IRB インターフェイスは擬似インターフェイスであり、物理帯域幅が関連付いてはなされません。

詳細詳細

ルーティング インスタンス

ルーティング インスタンス IRB は、 の下で設定されています。

詳細詳細

ブリッジング ドメイン

ブリッジング ドメイン IRB が参加しています。

詳細詳細

トラフィック統計情報

論理インターフェイス上で送受信されるバイトおよびパケットの数とレート。

  • 入力バイト — インターフェイスで受信したバイト数。

  • 出力バイト — インターフェイス上で送信されたバイト数。

  • 入力パケット — インターフェイスで受信したパケット数

  • 出力パケット — インターフェイス上で送信されたパケット数。

詳細詳細

IPv6 トランジット統計

IPv6統計追跡が有効になっている場合に論理インターフェイスで送受信されたIPv6トランジット バイトおよびパケットの数。

  • 入力バイト — インターフェイスで受信したバイト数。

  • 出力バイト — インターフェイス上で送信されたバイト数。

  • 入力パケット — インターフェイスで受信したパケット数。

  • 出力パケット — インターフェイス上で送信されたパケット数。

詳細詳細

ローカル統計

トラフィックから受信し、そのネットワークに送信されたトラフィックのルーティング エンジン。

詳細詳細

トランジット統計

ルーターを通過するトラフィックの統計情報。

詳細詳細

プロトコル

ローカル インターフェイス上に設定されたプロトコル ファミリー。可能な値については、 共通出力フィールドの説明 の「プロトコル フィールド 」セクションを参照してください

詳細詳細

MTU

論理インターフェイス上の最大送信単位サイズ。

詳細詳細

最大ラベル数

論理インターフェイス上MPLSプロトコル ファミリーに設定MPLS最大インターフェイス ラベル数。

詳細詳細なし

世代

技術サポートでのみ使用ジュニパーネットワークス一意の番号。

詳細詳細

ルート テーブル

論理インターフェイス アドレスが含されているルーティング テーブル。たとえば、 0 は inet.0 ルーティング テーブルを指します。

詳細詳細

アドレス、フラグ

アドレス フラグに関する情報。可能な値については、 共通出力フィールドの説明 の「アドレス フラグ 」セクションを参照してください

詳細詳細

Policer

インターフェイス上でパケットの受信または送信時に評価されるパサー。

詳細詳細

フラグ

論理インターフェイスに関する情報。可能な値については、 共通出力フィールドの説明 の「論理インターフェイス フラグ 」セクションを参照してください

詳細詳細

出力例

show interfaces irb extensive

show interfaces irb snmp-index

リリース情報

リリース Junos OSで導入された12.3R2。