Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show forwarding-options load-balance ecmp|trunk

構文

構文

説明

ハッシュ アルゴリズムと、関心のあるトラフィックの最後のエグレス インターフェイスで使用されるハッシュ パラメータを表示します。ECMP(レイヤー 3 ロード バランシング)またはアグリゲート イーサネット インターフェイス(レイヤー 2 ロード バランシング)にコマンドを使用します。これらのコマンドを使用して、パケット パスを把握する必要がある問題をトラブルシューティングします。

メモ:

一部のオプションが必要です。コマンドの入力時にこれらの必須オプションを指定しない場合は、フィールドに値を指定する必要があることを示すエラー・メッセージが表示されます。必要なオプションは、前述の構文セクションのテキストに boldface 表示され、次のオプション セクションで(必須)としてマークされます。

このコマンドを使用するには、スイッチで設定されているハッシュ モードに基づいて、そのオプションを選択して、 、またはl2必須オプションのいずれかをipv4ipv6指定します。コマンドをhash-mode使用して値をshow forwarding-options enhanced-hash-key確認します。デフォルトでは、ハッシュ モードは layer2-payload.ハッシュ モードの場合は layer2-payload、レイヤー 2 パケット(ARP、STP など)、IPv4 パケットのipv4オプション、および IPv6 パケットのオプションをipv6指定l2します。ハッシュ モードの場合は、layer2-headerすべてのタイプのパケットにl2オプションを指定します。次に、コマンド出力にマークYesされている有効な入力Hash settings show forwarding-options enhanced-hash-key指定します。同じコマンド出力のようにNoマークされているフィールドの入力Hash settingsには、0 (ゼロ) の値が自動的に指定されます。

メモ:

などの ECMP Next-hop Next-hop ID/Type フィールドに入力を指定する必要はありません(このドキュメントの後半のサンプルを参照)。これらのフィールドの値は自動的に提供されます。

オプション

宛先-ip destination-ip

(必須)宛先 IP アドレス。

宛先iPv4アドレス destination-ipv4-address

(必須)宛先 IPv4 アドレス。

宛先-ipv6-address destination-ipv6-address

(必須)宛先 IPv6 アドレス。

ディスティネーション Mac destination-mac

(必須)宛先 MAC アドレス。

エグレス-ae-interface interface

エグレス アグリゲート イーサネット LAG インターフェイスは、トラフィックの宛先となる LAG バンドルです。

イーサタイプ ethertype

イーサタイプ値。

イングレスインターフェイス interface

(必須)イングレス インターフェイスは、パケットがスイッチに入るネットワーク側のインターフェイスです。

iPv4

(必須)IPv4 パケット。

iPv6

(必須)IPv6 パケット。

l2

(必須)ハッシュ モード layer2-payloadの場合のレイヤー 2 パケット(ARP または STP など)ハッシュ モード layer2-headerが .

l4 宛先ポート l4-destination-port

レイヤー 4 宛先ポート番号。

l4 ソース ポート l4-source-port

レイヤー 4 送信元ポート番号。

次のヘッダー next-header

次のヘッダーは整数値です。IPv6 パケットの次のヘッダーのタイプを指定します。このフィールドは通常、パケットのペイロードで使用されるトランスポート レイヤー プロトコルを指定します。拡張ヘッダーがパケット内に存在する場合、このフィールドは、どの拡張ヘッダーが従うのかを示します。

パケット タイプ(ブロードキャスト | l2 マルチキャスト | l3-multicast|unicast |unknown-ユニキャスト)

パケット タイプ: broadcast、 、 l2-multicastl3-multicastunicastまたは unknown-unicastのいずれか。

プロトコル protocol

プロトコル(整数値)IPv4 ヘッダーのプロトコル フィールドには、データグラムのペイロード部分にあるデータのタイプを示す番号が含まれています。

source-ip source-ip

(必須)送信元 IP アドレス。

source-mac source-mac

(必須)送信元MACアドレス。

vlan-id vlan-id

VLAN ID。

必須権限レベル

ビュー

出力フィールド

表 1 は、and show forwarding-options load-balance trunk コマンドの出力フィールドをshow forwarding-options load-balance ecmp示しています。出力フィールドは、表示される順序で一覧表示されます。

表 1:show forwarding-options load-balance ecmp または show forwarding-options load-balance trunk Output フィールド

フィールド名

フィールドの説明

Hash parameters

選択したハッシュ モード layer2-payload または layer2-header.

Hash result

Egress interface: interface-name:パケットの ECMP メンバーまたはトランク メンバー。

サンプル出力

show forwarding-options load-balance ecmp ipv4

リリース情報

Junos OS リリース 20.4R1 で導入されたコマンド。