Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

tcp-non-syn

構文

階層レベル

説明

最初の非 SYN TCP パケットをサービス PIC で処理する方法を指定します。サービスPICが処理のために最初の非S SYN TCPパケットを受信すると、パケットはドロップされます。

オプション

drop-flow

サービスPICが処理のために最初の非S SYN TCPパケットを受信すると、パケットはドロップされます。

サービス PIC に作成されたドロップ フローにより、同じ 5 要素の情報(送信元と宛先のアドレス、プロトコル、送信元と宛先のポート)を持つ後続の非 SYN TCP パケットが破棄されます。このステートメントが設定されていない場合、パケットがサービス セットにアクセスした際にセッションが作成され、パケットが非 SYN パケットである場合でもステートフル ファイアウォール ルールと一致します。

drop-flow-send-rst

サービスPICが処理のために最初の非S SYN TCPパケットを受信すると、パケットは破棄され、それ以上のパケットが生成されなかにはリセット パケットが発信元に送信されます。

サービス PIC に作成されたドロップ フローにより、同じ 5 要素の情報(送信元と宛先のアドレス、プロトコル、送信元と宛先のポート)を持つ後続の非 SYN TCP パケットが破棄されます。このステートメントが設定されていない場合、パケットがサービス セットにアクセスした際にセッションが作成され、パケットが非 SYN パケットである場合でもステートフル ファイアウォール ルールと一致します。

必須の権限レベル

system — このステートメントを設定に表示するには。

system-control— このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリースリリースで発表Junos OSステートメント16.1R2。