Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 

show security idp status

構文

説明

現在のポリシー ポリシーのIDP表示します。

必須の権限レベル

ビュー

出力フィールド

表 1 は、 コマンドの出力フィールドを示 show security idp status しています。出力フィールドは、概して表示される順序で一覧表示されます。

表 1: show security idp ステータス出力フィールド

フィールド名

フィールドの説明

Intelligent Inspection State Details

インテリジェント インスペクションIDPのステータス。

State of IDP

現在のポリシー ポリシー IDPのステータス。

Packets/second

システムの集約スループット(パケット/秒)。

KBits/second

システムの集約スループット(1 秒あたりのキロビット)

Latency

  • 最小 — ノードによるパケットの送受信の最小遅延(マイクロ秒)。

  • 最大 — マイクロ秒でノードによるパケットの送受信が可能な最大遅延。

  • ave — マイクロ秒でノードによるパケットの送受信の平均遅延。

Packet Statistics

ICMP、TCP、および UDP パケットの統計情報。

Flow Statistics

ICMP、TCP、および UDP パケットのフロー関連システム統計情報。

Session Statistics

ICMP、TCP、および UDP パケットのセッション関連システム統計情報。

Number of SSL Sessions

現在の SSL セッション数。

Policy Name

実行中のポリシーの名前。論理IDPに対して設定されている場合は、 が idp-policy-combined 表示されます。

Running Detector Version

実行中の探知器の現在のバージョン。

Forwarding process mode

IDP モード: default, equal, idp, または firewall .

出力例

show security idp status(セキュリティIDPステータスを表示)

リリース情報

リリース9.2 Junos OS導入されたコマンド。リリース 10.1 でJunos OSされた複数の探知器情報。リリース 11.2 IDPで、出力が専用モードJunos OSに変更されました。全リリース リリース でインテリジェント インIDP モードをサポートするために出力がJunos OS変更19.2R1。