Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

traceroute

構文

構文(QFXシリーズとOCXシリーズ)

説明

指定されたネットワーク ホストにパケットが受け取るルートを表示します。デバッグ・ツールとして使用 traceroute して、ネットワーク内の障害点を特定します。

オプション

host

IP アドレスまたはリモート ホストの名前。

as-number-lookup

(オプション)ホストから宛先へのパス上の各中間ホップの自律システム(AS)番号を表示します。

bypass-routing

(オプション)通常のルーティングテーブルをバイパスし、接続されたネットワーク上のシステムに直接リクエストを送信します。システムが直接接続されたネットワークにない場合は、エラーが返されます。このオプションを使用して、ルートを持たないインターフェイスを介したローカルシステムへのルートを表示します。

ce-ip IPv4 or IPv6 address

(MPCおよびMICインターフェイスを備えたMXシリーズルーターのみ)(オプション)VPLS(仮想プライベートLANサービス)とEVPN(イーサネットVPN)ネットワーク内のカスタマーエッジ(CE)IPアドレスへのルートを確認します。

clns

(オプション)コネクションレス ネットワーク サービス(CLNS)に属するルートをトレースします。

ethernet host

(オプション)ユニキャスト MAC アドレスを使用してイーサネット ホストへのルートをトレースします。

extension

(オプション)ICMP 拡張のトレース

gateway address

(オプション)ルートが通過するルーターまたはスイッチのアドレス。

inet | inet6

(オプション)IPv4 または IPv6 に属するルートをそれぞれトレースします。

interface interface-name

(オプション)パケットを送信するインターフェイスの名前。

logical-system (all | logical-system-name)

(オプション)このオプションは、Junos OS Evolved リリース 18.3R1 ではサポートされていません。すべての論理システムまたは特定の論理システムで、この操作を実行します。

tenant tenant-name

(オプション)traceroute 試行用の特定のテナント システムの名前。

monitor host

(オプション)指定されたホストのリアルタイム監視情報を表示します。

mpls (ldp FEC address | rsvp label-switched-path name)

(オプション)および をtraceroute mpls rsvp参照してくださいtraceroute mpls ldp

next-hop

宛先にパケットを送信するネクストホップ。

no-resolve

(オプション)IP アドレスに対応するホスト名の決定を試みないでください。

overlay

(オプション)Traceroute オーバーレイ パス。

port

(オプション)トレースルート プローブで使用するベース ポート番号。

propagate-ttl

(オプション)PE ルーティング デバイスでは、このオプションを使用して、ローカルに生成されたルーティング エンジントランジットトラフィックを表示します。これは、MPLS L3VPN トラフィックにのみ適用されます。

構成ステートメントを使用してコアネットワークでTTLデクリメントが無効になっている場合、ローカルプロバイダールーターからリモートプロバイダールーターへのホップバイホップ情報を表示する場合、トラブルシューティングに no-proagate-ttl 使用します。

メモ:

CEルーターで と traceroute を使用propagate-ttlしても、ホップバイホップ情報は表示されません。

routing-instance routing-instance-name

(オプション)traceroute 試行のルーティング インスタンスの名前。

source source-address

(オプション)- 発信トレースルート パケットの送信元アドレス。

tos value

(オプション)IP サービス タイプ(ToS)フィールドに含める値。値の範囲は~ 0 255です。

ttl value

(オプション)traceroute 要求に含める最大稼働時間値。値の範囲は~ 0 128です。

wait seconds

(オプション)traceroute 要求への応答を待つ最大時間。

残りのステートメントは別々に説明します。 CLI エクスプローラを参照してください。

必要な権限レベル

ネットワーク

出力フィールド

表 1 では、 コマンドの出力フィールド traceroute について説明します。出力フィールドは、概して表示される順序で一覧表示されます。

表 1:traceroute 出力フィールド

フィールド名

フィールドの説明

traceroute to

受信者の IP アドレス。

hops max

許容される最大ホップ数。

byte packets

送信されるパケットのサイズ。

number-of-hops

- 送信元から指定されたルーターまたはスイッチへのホップ数。

router-name

このホップのルーターまたはスイッチの名前。

address

このホップのルーターまたはスイッチのアドレス。

Round trip time

ミリ秒(ms)の平均往復時間。

サンプル出力

Traceroute

traceroute as-number-lookup host

traceroute の解決なし

traceroute propogate-ttl

traceroute(CE ルーター間、レイヤー 3 VPN)

traceroute(MPLS LSP を介して)

traceroute routing-instance no-resolve(MPLS LSP を介して)

traceroute(Junos OS Evolved、MPLS LSP を介して)

Junos OS Evolved traceroute コマンドは、L=label、E=exp_use、S=stack_bottom、T=TTL という Linux traceroute コマンドと同じ方法で MPLS データを解析します。以下の例では、 T=1/L=16 ラベル16を持つTTLを示しています。

traceroute no-resolve 拡張(QFX5100)