Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

インサービス ソフトウェア再起動の実行

概要 これらの手順に従って、ISSR(インサービス ソフトウェア再起動)を実行できます。

メモ:

インサービス ソフトウェアの再起動まで少なくとも 5 分待機することをお勧めします。

スタンドアロン デバイスでインサービス ソフトウェア再起動(ISSR)を要求する場合は、次の条件を実行します。

  1. 管理プロセス(MGD)では、グレースフル リスタート(GR)またはノンストップ ルーティングおよびグレースフル ルーティング エンジン スイッチオーバー(GRES)が有効になっているか検証します。

  2. ISSU の状態マシンは、RE(バックアップ カード)ルーティング エンジンソフトウェア バージョンとを生成します。

  3. ISSU の状態マシンは、バックアップ RE によってすべてのデータがプライマリ RE と同期されていないか確認します。

  4. ISSU の状態マシンは、ルーティング プロトコル プロセス(RPD)に、切り替えの準備を通知要求します。

  5. RPD は、登録プロトコルすべて通知によって GR またはノンストップ ルーティング手順を開始します。

  6. RPD は、ISSU のステート マシンに、切り替えの準備ができていることを通知します。

  7. プライマリ ロールは RE 間で切り替え、バックアップ RE はプライマリ RE になります。

  8. 古いプライマリ RE はシャット ダウンされます。

  9. RPD は新しいプライマリで生成され、GR またはノンストップ ルーティング手順を続行し、プロトコルの状態が同期された後、GR またはノンストップ ルーティングのいずれかを終了します。

ISSR を実行するには、次の手順に示します。

コマンドを実行request system reboot in-serviceします。

例えば: