Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

traceoptions

構文

階層レベル

説明

ルーティング デバイスのすべてのルーティング プロトコル機能を追跡する追跡操作を定義します。

複数のトレース操作を指定するには、複数のステートメントを flag 含める必要があります。

メモ:

Junos OS Evolved では traceoptions 、op、イベント、コミット スクリプトは無効になります。代わりに、 Junos OS Evolved でログに記録されるデフォルトの追跡およびトレース メッセージを有効にします /var/log/traces

既定

このステートメントを含めない場合、グローバル トレース操作は実行されません。

オプション

値:

無効 —(オプション) トレース操作を無効にします。このオプションを使用して、追跡操作のグループ(すべてなど)を定義した場合、1 つの操作を無効 にできます

ファイル filename—トレース操作の出力を受け取るファイルの名前。名前を引用符で囲みます。すべてのファイルは、ディレクトリ /var/ログに配置されます。グローバル ルーティング プロトコル トレースの出力は、ファイル routing-log に配置することをお勧めします

ファイル number—(オプション)最大トレース ファイル数。名前が指定されたtrace-filetrace-fileトレース ファイルの最大サイズに達すると、最大トレース ファイル数に達するまで、.0trace-file、次に .1 などという名前が変更されます。その後、最も古いトレース ファイルが上書きされます。ファイルの最大数を指定する場合は、 size オプションを使用して最大ファイル サイズも指定する必要があります。

  • 範囲: 2~1000ファイル

  • デフォルト: 10ファイル

フラグ flag:動作を追跡して実行します。複数のトレース操作を指定するには、複数のステートメントを flag 含める必要があります。グローバル ルーティング プロトコル トレース オプションは次のとおりです。

  • all — すべてのトレース操作

  • condition-manager — Condition-manager イベント

  • config-internal — 内部構成

  • 全般 — すべての正常な運用とルーティング テーブル変更(通常のトレース操作とルート トレースの操作の組み合わせ)

  • グレースフルリスタート:グレースフルリスタート操作

  • 通常 — すべての通常の運用

  • nsr-packet — BFD ノンストップ アクティブ ルーティングの詳細なトレース情報のみ

  • nsr-同期—ノンストップ アクティブ ルーティングの動作を追跡

  • nsr-同期 — ノンストップ アクティブ ルーティング同期

  • 解析 - 設定解析

  • ポリシー — ルーティング ポリシーの運用とアクション

  • regex-parse — 正規表現解析

  • ルート — ルーティング テーブルの変更

  • 状態 — 状態の変化

  • タスク — インターフェース トランザクションおよび処理

  • タイマー — タイマーの使用状況

世界を読み取る必要なし —(オプション) ユーザーによるログ ファイルの読み取りを防止します。

サイズ size—(オプション)各トレース ファイルの最大サイズ(KB)、メガバイト(MB)、またはギガバイト(GB)名前が指定されたトレース ファイルtrace-fileがこのサイズに達すると、.0 の名前がtrace-file変更されます。再び最大trace-fileサイズに達するとtrace-file、.0 の名前が trace-file.1 に設定trace-fileされ、.0 の名前がtrace-file変更されます。この名前の変更は、トレース ファイルの最大数に達するまで続きます。その後、最も古いトレース ファイルが上書きされます。最大ファイル サイズを指定した場合は、files オプションを使用して最大トレース ファイル数を指定する必要があります。

  • 構文: xk(KB x を指定)、m(MB を指定)、xg(GB を指定)

  • 範囲: システムでサポートされる最大ファイル サイズまで 10 KB

  • デフォルト: 128 KB

:(オプション)任意のユーザーにログ ファイルの読み取りを許可します。

必須の権限レベル

routing and trace — このステートメントを設定に表示します。

routing-Control と trace-control — このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。

BGP、IS-IS、LDP、OSPF の nsr 同期フラグが、Junos OS リリース 8.4 で追加されました。

BFD セッション用nsr 同期および nsr-packet フラグが、Junos OS 8.5 で追加されました。

RIP および RIPng 用の nsr 同期フラグが、Junos OS 9.0 で追加されました。

リリース9.1で追加されたレイヤー2 VPNおよびVPLS用のnsr Junos OSフラグ。

インターフェイス リリース 9.3 で追加された PIM Junos OS nsr-同期フラグ。

リリース10.1で追加MPLSされたJunos OS nsr-同期フラグ。

リリース 12.1 で追加された MSDP Junos OS nsr-同期フラグ。