Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

priority-hold-time

構文

階層レベル

説明

VRRP(仮想ルーター冗長プロトコル)ルーターの優先ホールドタイムを設定し、動的な優先変更間の経過時間の最小長を定義します。追跡イベントによって動的優先が変更された場合、優先保持タイマーは実行を開始します。タイマーの実行中に別の追跡イベントまたは手動設定の変更が発生した場合、タイマーが期限切れになるまで、新しい動的優先更新が先送りされます。

メモ:

追跡機能が設定されている場合、追跡インターフェイスまたはルートの移行により VRRP がプリ empt される場合、設定済みのプリ empt ホールド タイムは無視されます。VRRP プライマリは、優先度保持時間の設定に従って事前に空きされます。

オプション

seconds—動的優先変更の間に経過する必要がある最小時間。

  • 範囲: 0through 3600秒

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 8.1 Junos OSで発表されたステートメント。