Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

イーサネット リング プロテクション スイッチング機能について

頭字 語

イーサネット リングプロテクション スイッチング(ERPS)に関する議論では、以下の頭語を使用しています。

  • MA — 保守アソシエーション

  • MEP—メンテナンス アソシエーション エンド ポイント

  • OAM:運用、管理、管理(イーサネット リング プロテクション スイッチが接続障害スイッチを使用管理デーモン)

  • FDB — MAC 転送データベース

  • STP :スパニング ツリー プロトコル

  • RAPS —リング式自動保護スイッチング

  • WTB— ブロックされるのを待ちます。ERPSv1 ではサポートされていないのでEX2300スイッチおよびスイッチEX3400常に WTB は無効になります。ネットワーク スイッチおよびスイッチ上で WTB EX2300設定EX3400は効果がありません。CLI コマンド「show protection-group ethernet-ring node-state detail」からの出力にはWTB設定が表示されますが、この設定はEX2300スイッチとEX3400スイッチには影響しません。

  • WTR:復旧を待ちます。スイッチの構成EX2300とEX3400、WTR の構成は 5~12 分である必要があります。

  • RPL:リング プロテクション リンク

リング ノード

複数のノードがリングを形成するために使用されます。ノードには2種類のタイプがあります。

  • 通常のノード — ノードはリング上に特別な役割を持つ必要はありません。

  • RPL 所有者ノード —ノードが RPL を所有し、RPL を使用してトラフィックのブロックまたはブロックを解除します。

リング ノードの状態

次に、特定のリングの各ノードの状態を示します。

  • init — 特定のリングの参加者ではありません。

  • アイドル — リング上の障害なし。ノードは正常に動作している。通常のノードの場合、トラフィックは両方のリング ポートでブロック解除されます。RPL の所有者または RPL ネイバーの場合、RPL に接続するリング ポートでトラフィックがブロックされ、もう一方のリング ポートでブロック解除されます。

  • 保護 — リング上で障害が発生しました。通常のノードでは、障害リンクに接続するリング ポート上でトラフィックがブロックされ、動作しているリング ポートでトラフィックがブロックされます。RPL の所有者では、障害のないリンクに接続している場合、両方のリング ポートでトラフィックのブロックが解除されます。

  • 保留中 — コマンドを使用して前 clear の手動コマンドを削除した後、ノードは障害または状態から回復しています。保護グループが設定されている場合、ノードは保留中の状態になります。ノードが保留中の状態の場合、WTR または WTB タイマーが実行されます。すべてのノードは、保留中の状態で WTR または WTB タイマーの有効期限切れになります。

  • 強制スイッチ —フォース スイッチが発行されます。リング内のノード上で強制スイッチが発行された場合、リング内のすべてのノードが強制スイッチの状態に移動します。

    メモ:

    EX2300スイッチEX3400スイッチは強制スイッチをサポートしていない。

  • 手動スイッチ—手動スイッチが発行されます。リング内のノードで手動スイッチが発行された場合、リング内のすべてのノードが手動スイッチの状態に移行します。

    メモ:

    EX2300スイッチEX3400手動スイッチはサポートされていません。

各リングに RPL の所有者は 1 つのみです。APSプロトコルはこれをチェックできないので、ユーザー設定でこれを保証する必要があります。

デフォルトのポリシーでの基本的な状態の移行EX シリーズ スイッチ

最初のリリースJunos OS、14.1X53-D15スイッチEX シリーズ ERPS プロトコルの基本状態の移行を自動的にログに記録します。最初にJunos OS リリース 18.2R1、EX2300スイッチEX3400 ERPS プロトコルの基本的な状態の移行を自動的にログに記録します。このロギングを開始する設定は必要ありません。基本的な状態の移行には、ERPSインターフェイスが最大からダウンへ、最大または最大に切り替わるものがあります。ERPSの状態はアイドルから保護、保護はアイドルに移行します

基本状態の移行は、 erp-default という名前の単一のファイルに記録されます。erp-default は、スイッチの /var/log ディレクトリに存在します。このファイルの最大サイズは 15 MB です。

ERPS のデフォルト ロギングでは、ERPS インターフェースと状態の移行を最初に取得できます。ERPS プロトコルの開始プロセスの初期に発生した問題のトラブルシューティングに役立ちます。ただし、より堅牢なロギングが必要な場合は、階層内でステートメントを入力することで、ERPS traceoptions の traceoptions を有効 [edit protocols protection-group] にできます。

ERPS では、スイッチで一度にアクティブになるのはデフォルトのロギングまたは traceoptions に限定される点に注意してください。つまり、ERPS のデフォルト ロギングが自動的に有効になっている場合、ERPS に traceoptions を有効にした場合、スイッチはデフォルト ロギングを自動的に無効にします。反対に、ERPS の traceoptions を無効にした場合、このスイッチはデフォルトのロギングを自動的に有効にします。

論理リング

同じ物理リング上に複数の論理リング インスタンスを定義できます。論理リング機能は現在、物理リングのみをサポートしています。これは、リングの 2 つの隣接ノードが物理的に接続されている必要があります。つまり、リングは VLAN ではなく、物理インターフェイス上で動作する必要があります。通常、複数のリング インスタンスは通常、複数のリング トランク モードで定義されます。

FDB フラッシュ

リング保護スイッチングが発生すると、通常は FDB フラッシュ が実行されます。イーサネット リング コントロール モジュールは、STP と同じメカニズムを使用して FDB フラッシュをトリガーします。イーサネット リング コントロール モジュールは、FDB フラッシュを実行するために、リング ポート物理インターフェイスのデフォルト STP インデックスを制御します。

メモ:

すべてのスイッチおよびスイッチで最適化EX2300フラッシュEX3400サポートされていません。

Junos OS リリース 14.2 より、FDB フラッシュは、リング ノードの両方のポートで受信された RAPS メッセージに依存します。

トラフィックのブロックと転送

イーサネット リング コントロールは、ユーザー トラフィックの転送または破棄を制御するために、STP と同じメカニズムを使用します。イーサネット リング コントロール モジュールは、ユーザー トラフィックを制御するために、リング ポートの物理インターフェイスのデフォルト STP インデックス状態を転送または破棄に設定します。

RPL ネイバー ノード

Junos OS リリース 14.2 より、リング保護リンクネイバー ノードがサポートされています。RPLネイバー ノードはRPLの隣接し、RPLの所有者ではありません。ノードが 1 つのインターフェイスで保護リンク エンドとして設定され、その設定に保護リンク所有者が存在しない場合、ノードは RPL ネイバー ノードになります。

メモ:

RPL ネイバー ノードは、スイッチとスイッチEX2300 EX3400サポートされていません。

RAPS メッセージのブロックと転送

ルーターまたはスイッチは、リング型自動保護スイッチング(RAPS)メッセージを同じ扱いとして、2 つのリング ポート間で RAPS メッセージを転送するためにユーザー トラフィックを処理します。リング ポート物理インターフェイスのデフォルト STP インデックス状態では、2 つのリング ポート間の転送 RAPS メッセージも制御します。図 1 に示すように、2 つのリング ポート間での転送 RAPS メッセージ以外にも、CPU(イーサネット リング コントロール モジュール)とリング ポート間で RAPS メッセージを転送する必要があります。このタイプのフォワーディングは、リング ポート物理インターフェイスの STP インデックス状態に依存します。図 2 に示すように、RAPS メッセージは常にルーターまたはスイッチからリング ポートを介 して送信されます。破棄しているリング ポートから受信した RAPS メッセージはイーサネット リング コントロール モジュールに送信されますが、他のリング ポートには送信されません。

図 1:ネットワークからルーターへのプロトコル パケット Protocol Packets from the Network to the Router
図 2:ルーターまたはスイッチからネットワークへのプロトコル パケット Protocol Packets from the Router or Switch to the Network

ジュニパーネットワークスとスイッチジュニパーネットワークスルーターは、さまざまな方法でこれらのルートを達成します。

スイッチは、転送データベース エントリーを使用して、RAPS メッセージを指示します。転送データベース のエントリー(RAPS マルチキャスト アドレス および VLAN を鍵と)には、関連付けられた複合ネクスト ホップがあります。コンポジット ネクスト ホップは、2 つのリング インターフェイスを転送データベース エントリーと関連付け、スプリット ホライズン機能を使用して、受信したインターフェース上でパケットを送信し続け防止します。これは、RAPSマルチキャストMAC(コマンドの結果)に関連する転送データベース エントリーの例 show ethernet-switching table detail です。

ルーターは明示的なフィルタを使用して ERP ルートを達成します。暗黙的なフィルタは、それぞれブリッジ ドメインにバインドされます。そのため、特定のリング インスタンスの東リング ポート制御チャネルと西リング ポート制御チャネルは、同じブリッジ ドメインに設定する必要があります。リング ポート制御チャネルごとに、フィルタ条件が生成され、RAPS メッセージ転送を制御します。フィルタ番号は、リング制御チャネルを含むブリッジ ドメインの数と同じです。ブリッジ ドメインに複数のリングからの制御チャネルが含まれている場合、このブリッジ ドメインに関連するフィルタは複数の条件を持ち、各条件は制御チャネルに関連します。このフィルターには、コマンドパーツと制御チャネル関連のパーツがあります。

  • 一般的な用語:

  • チャネル関連条件の制御:

専用のシグナリングコントロールチャネル

リング ポートごとに、専用 VLAN ID を持つ専用シグナリング制御チャネルを設定する必要があります。イーサネット リング設定では、 この制御論理 インターフェイスだけが設定され、基礎となる物理インターフェイスは物理リング ポートになります。各リングには、2 つの制御物理インターフェイスを設定する必要があります。これら 2 つの論理インターフェイスは、2 つのリング 制御物理インターフェイス間で RAPS プロトコル データ ユニット(PDUS)を転送するために、ルーター用のブリッジ ドメイン(またはスイッチの同じ VLAN)で設定する必要があります。ルーター制御チャネルの論理インターフェイスがトランク ポートではない場合、制御論理インターフェイスのみリング ポート設定で設定されます。このルーター制御チャネルの論理インターフェイスがトランク ポートで、制御チャネルの論理インターフェイスの他に、ルーター用に専用VLAN IDを設定する必要があります。スイッチの場合は、すべてのリンクに必ず VLAN 名または VLAN ID を指定します。

RAPS メッセージの終了

RAPS メッセージは、発信ノードから始まり、リング全体を通過し、障害がリング内に存在しない限り発信ノードで終了します。作成元ノードは、RAPSメッセージ内のソースメッセージ内MAC アドレスがそれ自体に属している場合、RAPSメッセージをドロップする必要があります。ソース ノードMAC アドレスノード ID です。

復帰モードと非復帰モード

取り消し操作では、スイッチの原因となる状態が消去された後、RPL でトラフィックがブロックされ、作業トランスポート エンティティに復元されます。ノンリバー運用では、スイッチの状態がクリアされた後でも、トラフィックに RPL が障害が発生していない場合、RPL を使用できます。

メモ:

すべてのスイッチおよびスイッチで、元に戻EX2300 モードEX3400サポートされていません。

複数のリング

イーサネット リング コントロール モジュールは、各ノードで複数のリングをサポートします(2 つの論理インターフェイスが各リングの一部です)。リング 制御モジュールは、複数のリングの相互接続もサポートします。2 つのリングの相互接続は、2 つのリングが同じリンクを共有する、または同じノードを共有する可能性があることを意味します。リング相互接続は、非仮想チャネル モードを使用する場合のみサポートされます。仮想チャネル モードを使用したリング相互接続はサポートされていません。

メモ:

複数のリングの相互接続は、複数のスイッチEX2300サポートEX3400されています。

ノード ID

リング内の各ノードについて、一意の ノードIDが 各ノードを識別します。ノードIDはノードのMAC アドレス。

ルーターの場合のみ、ノード上でリングを設定する際にこのノードIDを設定するか、STPのようにIDを自動的に選択できます。ほとんどの場合、これを設定すると、STP のようにルーターがノード ID を選択します。製造と製造MAC アドレス。製造プロセスを変更した場合でも、リング ノード ID を変更MAC アドレス。リングMAC アドレスの各ノードのノードのノード ID が異なっている必要がある場合、任意のノードを使用できます。スイッチのノード ID は自動的に選択され、設定できません。

リング ID

リング ID は、ERP 制御プロセスによって生成された、RAPS プロトコル データ ユニット(PDUS)の MAC 宛先アドレス フィールドの最後のオクテットの値を決定するために使用されます。リング ID は、非照合リング ID を持つこの ERP 制御プロセスで受信した RAPS PDU を破棄する場合にも使用されます。リング ID 値 1~239 がサポートされています。

リング ポートを使用したブリッジ ドメイン(MX シリーズ ルーターのみ)

ルーターでは、保護グループは、任意のブリッジ ドメインに設定できる抽象的な論理ポートと見なされます。そのため、1 つのリング ポートまたはブリッジ ドメイン内の論理インターフェイスを設定する場合、別の関連リング ポートまたは論理インターフェイスを同じブリッジ ドメインに設定する必要があります。リング ポートを含むブリッジ ドメインは、他の任意のブリッジ ドメインとして動作し、IRB レイヤー 3 インターフェイスをサポートします。

ブロック待機タイマー

RPL 所有者ノードは、リバーティブ 動作モードで RPL ブロックを開始する前、または手動コマンドをクリアした後で IDLE 状態に戻す前に、遅延タイマーを使用します。WTB(Wait-to-Block)タイマーは、クリアやコマンドの際に force switch 使用 manual switch します。複数の force switch コマンドをイーサネット リングで共存することができるので、WTB force switch タイマーを使用すると、1 つのコマンドをオフにしても RPL の再ブロッキングはトリガーされません。コマンドをクリア manual switch すると、WTB タイマーは、RPL Owner Node manual switch がリカバリ プロセス中に古いリモート リクエストを受信するタイミング異常が発生する可能性のために、クローズド ループの形成を防ぐ。

コマンドから回復する場合manual switchforce switch、遅延タイマーは、潜在的なリモート、信号障害、またはコマンドを受信するのに十分な長みがある必要manual switchがあります。この遅延タイマーは WTB タイマーと呼ばれ、ガード タイマーよりも 5 秒長く設定されます。この遅延タイマーは、RPL 所有者ノードでアクティブになります。WTB タイマーが期限切れになると、RPL 所有者ノードは RAPS(NR、NR、NR)メッセージを送信して再変換プロセスを開始します。優先度の高いリクエストが前に応答すると、WTB タイマーが非アクティブ化されます。

メモ:

ERPSv1 ではサポートされていないため、イベント スイッチおよびスイッチEX2300 EX3400のブロック 待機タイマー(WTB)は常に無効になります。WTB 設定に対して行った設定は影響を与えるしません。CLI コマンド「show protection-group ethernet-ring node-state detail」からの出力にはWTB設定が表示されますが、その設定は効果がありません。

ノードの追加と削除

Junos OS 14.2 から、イーサネット リング内の 2 つのノード間のノードを追加または削除できます。コマンドを使用してノードを追加または削除 force switch します。

メモ:

EX2300スイッチEX3400スイッチは強制スイッチをサポートしていない。

リリース履歴テーブル
リリース
説明
18.2R1
最初にJunos OS リリース 18.2R1、EX2300スイッチEX3400 ERPS プロトコルの基本的な状態の移行を自動的にログに記録します。
14.2
Junos OS リリース 14.2 より、FDB フラッシュは、リング ノードの両方のポートで受信された RAPS メッセージに依存します。
14.2
Junos OS リリース 14.2 より、リング保護リンクネイバー ノードがサポートされています。
14.2
Junos OS 14.2 から、イーサネット リング内の 2 つのノード間のノードを追加または削除できます。
14.1X53-D15
最初のリリースJunos OS、14.1X53-D15スイッチEX シリーズ ERPS プロトコルの基本状態の移行を自動的にログに記録します。