Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show interfaces extensive satellite-device

構文

説明

サテライト デバイスの拡張ポートを 1 つのスイッチにJunos Fusion。

オプション

デバイスエイリアス device-alias

指定されたデバイス エイリアスのみを使用して、サテライト デバイスの拡張ポート情報を表示します。

すべての

すべてのサテライト デバイスで設定されたメンバーとして拡張ポートを使用して、すべての拡張ポートとアグリゲート イーサネット インターフェイスの情報を表示します。

必須の権限レベル

ビュー

出力フィールド

表 1 は 、 コマンドの出力フィールドを示 show interfaces extensive satellite-device しています。出力フィールドは、概して表示される順序で一覧表示されます。

表 1: show interfaces extensive satellite-device Output Fields(広範なサテライト デバイス出力フィールド)

フィールド名

フィールドの説明

出力レベル

物理インターフェイス  

物理インターフェイス

物理インターフェイスの名前。

すべてのレベル

インターフェイス インデックス

初期化シーケンスを反映した、物理インターフェイスのインデックス番号。

詳細詳細なし

デバイス フラグ

物理デバイスに関する情報。

すべてのレベル

フロー制御

フロー制御ステータス:有効または無効 。

メモ:

このフィールドは、非対称フロー制御が設定されていない場合にのみ表示されます。

すべてのレベル

Pad to minimum frame size

Pad Tx VLAN タグ付きフレームは最小 68 バイトです。

デバイス フラグ

物理デバイスに関する情報。

すべてのレベル

インターフェイス フラグ

インターフェイスに関する情報。

すべてのレベル

現在の住所

設定済MAC アドレス。

詳細詳細なし

最後にフラグが立て

日付、時刻、インターフェイスがダウンからアップに移動した時間。形式は 最後に変換されます。 year-month-day hour: : : : : : ago minute second timezone hour minute second )。たとえば 、Last flapped: 2008-01-16 10:52:40(3d 22:58 前)

詳細詳細なし

統計情報の最後のクリア

インターフェイスの統計情報が最後にゼロに設定された時刻。

詳細詳細

Extended port information

サテライト デバイス ポート ID

トラフィック統計情報

物理インターフェイス上で送受信されるバイトおよびパケットの数とレート。

  • 入力バイト— インターフェイスで受信したバイト数。

  • 出力バイト— インターフェイス上で送信されたバイト数。

  • 入力パケット— インターフェイスで受信したパケット数。

  • 出力パケット— インターフェイス上で送信されたパケット数。

メモ:

帯域幅 bps カウンターは有効ではありません。

詳細詳細

IPv6 トランジット統計

物理インターフェイス上で送受信されるバイトおよびパケットの数とレート。

  • 入力バイト— インターフェイスで受信したバイト数。

  • 出力バイト— インターフェイス上で送信されたバイト数。

  • 入力パケット— インターフェイスで受信したパケット数。

  • 出力パケット— インターフェイス上で送信されたパケット数。

メモ:

帯域幅 bps カウンターは有効ではありません。

詳細詳細

入力エラー

インターフェイス上の入力エラー。次の段落では、分からない可能性があるカウンターについて説明しています。

  • エラー— 受信フレームの終了とFCSエラーの合計。

  • ドロップ—I/O Manager ASIC の入力キューで破棄されたパケット数。インターフェイスが飽和状態にある場合、ASICのREDメカニズムによりパケットが破棄されるごとに、この数字が増加します。

  • フレーム エラー —無効なFCS(フレーム チェックサム)を使用して受信したパケット数。

  • Runts— ラントしきい値よりも小さい受信フレーム数。

  • 巨大 —巨大なしきい値を超える受信フレーム数。

  • 基になる破棄— 受信パケット一致コードが認識されていない、または不要だったために破棄されたフレームの数。通常、このフィールドはデータを処理Junos OSプロトコルを報告します。

  • リソース エラー— 送信ドロップの合計。

広範囲

出力エラー

インターフェイス上の出力エラー。次の段落では、分からない可能性があるカウンターについて説明しています。

  • キャリアの移行— インターフェイスがダウンからアップに遷移した回数。この数字は通常、迅速に増加しません。ケーブルを取り外したり、端端システムの電源を切ってオンにしたり、別の問題が発生したりした場合にのみ増加します。キャリアの移行数が急速に増加した場合(おそらく10秒ごとに増加)、ケーブル、端システム、またはPICまたはPIMに障害が発生しています。

  • エラー— 送信フレームの終了とFCSエラーの合計。

  • ドロップ—I/O Manager ASIC の出力キューで破棄されたパケット数。インターフェイスが飽和状態にある場合、ASICのREDメカニズムによりパケットが破棄されるごとに、この数字が増加します。

  • MTUエラー— サイズがインターフェイスの上限を超えたMTU数。

  • リソース エラー— 送信ドロップの合計。

広範囲

エグレス キュー

指定されたインターフェイスでサポートされるエグレス キューの総数。

詳細詳細

キュー カウンター

CoSキュー番号と、その関連付けられたユーザー設定転送クラス名。

  • キューに入れられます— キューに入れ込むパケットの数。

  • 送信パケット— 送信されたパケット数。

  • パケットの破棄 —ASICのR REDメカニズムにより破棄されたパケット数。

詳細詳細

キュー番号

キュー CoSキュー番号と、キュー番号にマッピングされた転送クラス。[Mapped forwarding class]列 には、各ルーティング キューにマッピングされた転送CoS一覧表示されます。

詳細詳細

アクティブなアラームとアクティブな欠陥

インターフェイスがパケットを通過妨げるイーサネット固有の欠陥。障害が一定時間持続すると、アラームが表示されます。スイッチの設定に基づき、アラームはスイッチの赤または黄色のアラーム ベルをリングするか、クラフト インターフェイス上の赤または黄色のアラームLEDをオンにできます。これらのフィールドには、 [なし] または [リンク] の値 を含 めできます

  • なし— アクティブな欠陥やアラームはありません。

  • リンク:インターフェイスはリンク状態を失いました。これは通常、ケーブルが抜かれているか、端のシステムがオフになっているか、PICに障害が発生している状態です。

詳細詳細なし

MAC 統計

PICMACサブシステムが報告する送受信統計情報。

  • 合計オクテ ット とパケットの合計— オクテットとパケットの総数。ギガビット イーサネットIQ PICでは、受信オクテット数はインターフェイス タイプにより異なります。

  • ユニキャスト パケット、ブロードキャスト パケット、マルチキャストパケット— ユニキャスト、ブロードキャスト、マルチキャストのパケット数。

  • CRC/Alignエラー — 長さが64~1,518オクテット(フレーミング ビットを除く、FCSオクテットを含む)で、整数のオクテットを持つ不良FCS(FCSエラー)または非整数のオクテットを持つ不良FCSを持つ受信パケットの総数(アライメント エラー)。

  • FIFOエラー — PIC上の ASICにより報告されたFIFOエラー数。この値が0以外の場合、PICに障害が発生している可能性があります。

  • MAC 制御フレーム—MAC 制御フレームの数。

  • MAC 一時停止フレーム— 運用コードを一時停止した MAC制御フレームの数。

  • サイズ超過フレーム— 設定以上のパケット数MTU。

  • Jabber フレーム— 1,518 オクテット(フレーム ビットを除く、FCS オクテットを含む)より長く、FCS エラーまたはアライメント エラーが発生したフレームの数。このJabberの定義は、IEEE-802.3セクション8.2.1.5(10BASE5)およびセクション10.3.1.4(10BASE2)での定義とは異なります。これらの文書では、パケットが20ミリ秒を超える状態としてJabberを定義しています。Jabberを検出するために許容される範囲は20~150ミリ秒です。

  • フラグメント フレーム— 長さが 64 オクテット未満(フレーム ビットを除く、FCS オクテットを含む)で、FCS エラーまたはアライメント エラーが発生したパケットの数。フラグメント フレームは通常、ラント(コリジョンによって引き起こされた通常の出現)とノイズのヒットの両方がカウントされたため、増加します。

  • VLAN タグ付きフレーム— VLAN タグ付きフレームの数。システムは、フレームにタグ付0x8100のTPIDを使用して、フレームにタグが付されていないかどうかを判断します。このカウンターは、スイッチ上ではEX シリーズ、常に0と表示されます。

  • コード違反— イベントにより PHYが「データ受信エラー」または「無効なデータ記号エラー」を示した回数。

広範囲

フィルター統計情報

PIC受信/送信統計情報は、PICの受信フィルタ サブシステムMAC アドレスされます。

広範囲

パケット転送エンジン構成

デバイスの設定に関する情報パケット転送エンジン:

  • ディディ宛先スロット — FPC スロット番号。

  • CoSキューの送信— キュー番号とその関連付けられたユーザー設定転送クラス名。

  • 帯域幅 %— キューに割り当てられた帯域幅の割合。

  • 帯域幅 bps— キューに割り当てられた帯域幅(bps)。

  • バッファー %— キューに割り当てられたバッファー領域の割合。

  • バッファー usec— キューに割り当てられたバッファー領域の量(マイクロ秒)。バッファー サイズが時間として設定されている場合に限定され、この値は 0 以外になります。

  • 優先度 —キューの優先度:低または

  • 制限— キューにレート制限が設定されている場合に表示されます。指定できる値はなし、正確です。正確に設定されている場合、キューは設定された帯域幅までしか送信されません(帯域幅過剰が使用可能な場合でも)。なし設定されていない場合、キューは使用可能な場合、設定された帯域幅を超えて送信します。

広範囲

論理インターフェイス  

論理インターフェイス

論理インターフェイスの名前。

すべてのレベル

インデックス

初期化シーケンスを反映した、論理インターフェイスのインデックス番号。

詳細詳細なし

SNMP if

論理インターフェイスのSNMPインターフェイス インデックス番号。

詳細詳細なし

世代

技術サポートでのみ使用ジュニパーネットワークス番号。

詳細詳細

フラグ

論理インターフェイスに関する情報。

すべてのレベル

Statistics

  • Packets

  • pps

  • Bytes

  • bps

すべてのレベル

Bundle

アクティブな各バンドル リンクの情報を提供します。

  • Input

    • Packets

    • pps

    • Bytes

    • bps

    • Output

      • Packets

      • pps

      • Bytes

      • bps

すべてのレベル

Adaptive Statistics

  • Adaptive Adjusts

  • Adaptive Scans

  • Adaptive Updates

すべてのレベル

Link

リンク状態:アップまたはダウン。

すべてのレベル

LACP 情報

各アグリゲート インターフェイスの LACP 状態情報:

  • 役割の優先度—インターフェイスが果たす役割。以下のいずれかを実行できます。

    • アクター —LACP ネゴシエーションに参加するローカル デバイス。

    • パートナー— LACP ネゴシエーションに参加するリモート デバイス。

    • System identifier—48 ビット(6 バイト)のグローバル固有フィールド。

    • System priority:アグリゲート イーサネット インターフェイス レベルでの LACP システムの優先度。このシステム優先度値は、グローバル [シャーシの編集] 階層レベルで設定されたシステム優先度値よりも優先されます。

    • Port number

    • Port key

    • Port

すべてのレベル

LACP 統計

拡張オプションを使用すると、LACP統計情報が返され、次の情報が提供されます。

  • LACP Rx—正常な hello ごとに増加する LACP 受信カウンター。

  • LACP Tx— ログに記録された LACP 送信パケット エラー数。

  • 不明な Rx— ログに記録された認識されていないパケット エラーの数。

  • 不正な Rx— 無効な受信パケット数。

すべてのレベル

Marker statistics

拡張オプションを使用すると、マーカー 統計情報が 返され、次の情報が提供されます。

  • マーカー Rx— 通常の hello ごとに増加するマーカー受信カウンター。

  • Resp Tx— ログに記録された RESP 送信パケット エラー数。

  • 不明な Rx— ログに記録された認識されていないパケット エラーの数。

  • 不正な Rx— 無効な受信パケット数。

すべてのレベル

Protocol

論理インターフェイス上に設定されたプロトコル ファミリー。

すべてのレベル

MTU

MTU インターフェイスのインターフェイス サイズを変更します。リモート側MTU MRRU 要件を満たすためにネットワーク値がネゴシエートされた場合、この値は調整済みとしてマークされます。

すべてのレベル

Generation

技術サポートでのみ使用ジュニパーネットワークス番号。

すべてのレベル

Route table

このアドレスが存在するルーティング テーブル。たとえば、ルート テーブル:0は inet.0 を指します。

すべてのレベル

Mesh table

メッシュトポロジーに関する情報。

すべてのレベル

出力例

show interfaces extensive satellite-device all

リリース情報

リリースリリースでJunos OSされたコマンド14.2R3。