Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

アグリゲート イーサネット インターフェイスの設定

物理インターフェイスをアグリゲート イーサネット インターフェイスに関連付けできます。

アグリゲート イーサネット インターフェイスを設定するには、次の手順に示します。

  1. リンク アグリゲーション グループ インターフェイスを設定する必要がある設定を指定します。
  2. アグリゲート イーサネット インターフェイスを設定します。

リンク アソシエーションを完了するには x 、インターフェイス インスタンス番号を指定します。階層レベルで定義するステートメント aex[edit interfaces] 含める必要があります。必要に応じて、集約されたイーサネット インターフェイスに特別に適用されるその他の物理プロパティを指定できます。詳細については、「 イーサネット インターフェイス の概要 」を参照してください

メモ:

一般的に、アグリゲート イーサネット バンドルは、バンドル内のメンバー リンクにできる、サポートされるすべてのインターフェイスで使用可能な機能をサポートしています。例外として、ギガビット イーサネットIQ機能および一部の新しいギガビット イーサネット機能は、アグリゲート イーサネット バンドルでサポートされていません。

ギガビット イーサネットIQおよびSFPインターフェイスはメンバー リンクにできますが、すべてのメンバー リンクが個別にこれらの機能をサポートしている場合でも、IQおよびSFP固有の機能は、アグリゲート イーサネット バンドルではサポートされません。

警告メッセージを削除するには、アグリゲート イーサネット インターフェイスの正しいリンク速度を設定する必要があります。

メモ:

アグリゲート イーサネット設定をコミットする前に、アグリゲート イーサネット バンドルのメンバー インターフェイスでリンク モードが設定されていることを確認します。そうしないと、設定コミット チェックが失敗します。