Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

rpm (Services)

構文(Junos OS、QFX10000スイッチ、EX9200スイッチ、SRXデバイスを除く)

構文(EX9200およびQFX10000スイッチのJunos OS)

構文(SRX300およびSRX550HMデバイスのJunos OS)

構文(Junos OS Evolved)

Junos OS 階層レベル

Junos OS Evolved階層レベル

説明

RPM(リアルタイム パフォーマンス監視)を設定します。RPMでは、トラフィックを追跡および監視するアクティブプローブを設定できます。プローブは、PING Internet Control Message Protocol(ICMP)パケット、ユーザー設定ポートを備えたユーザーデータグラムプロトコルおよび伝送制御プロトコル(UDP/TCP)パケット、ユーザー設定の差別化サービスコードポイント(DSCP)サービスタイプ(ToS)パケット、ハイパーテキスト転送プロトコル(HTTP)パケットなど、宛先ごと、アプリケーションごとにパケットを収集します。RPM は、RFC 2925、 リモート Ping、Traceroute、ルックアップ操作の管理対象オブジェクト定義の拡張機能を使用して、MIB(管理情報ベース)をサポートします。

リリース 20.1R1 Junos OS Evolved以降、RPM プローブを設定できます。Junos OS Evolvedでは、 階層レベルで [edit services monitoring rpm] RPMが設定されます。サポートの範囲は以下に限定されます。

  • 以下の RPM プローブ タイプのプローブ生成および受信(クライアント)およびリフレクション(サーバー)

    • icmp-ping

    • icmp-timestamp

    • udp-ping

    • udp-timestamp

  • プローブ履歴管理

  • syslog を介したレポートのみ

Junos OS Evolved 20.3R1 以降、TWAMP プローブを設定できます。Junos OS Evolved 21.1R1 以降、RFC 2544 ベンチマーク テストを設定できます。Junos OS Evolvedでは、TWAMP は 階層レベルで [edit services monitoring twamp] 設定され、RFC 2544 ベンチマーク テストは 階層レベルで [edit services monitoring rfc2544] 設定されます。

Junos OS Evolved リリース 21.2R1 以降、SNMP MIB オブジェクトによるレポートは RPM でサポートされています。

残りのステートメントは別々に説明します。 CLIエクスプローラー でステートメントを検索するか、「構文」セクションでリンクされたステートメントをクリックして詳細を確認します。

必要な権限レベル

システム—設定でこのステートメントを表示します。

システム制御—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

Junos OS リリース 7.4 より前に導入されたステートメント。

Junos OS Evolved リリース 20.1R1 で導入されたステートメント。

traps リリース 21.2R1 Junos OS Evolved導入されたオプション。

source-address Junos OS リリース 21.4R1 で導入された TWAMP Light テスト セッションの オプションと local-link オプションのサブオプション target-address

リリース履歴テーブル
リリース
説明
21.4R1
Junos OS リリース 21.4R1 以降、EX9200 スイッチに RPM および TWAMP プローブを設定できるようになりました。
21.4R1
Junos OS リリース 21.4R1 以降、MX および PTX ルーター上の TWAMP Light テスト セッションでは、IPv6 リンクローカル ターゲット アドレスとそれに対応するソース アドレスを設定できます。
21.3R1
Junos OS 21.3R1 以降、QFX10000 シリーズ スイッチの RPM および TWAMP プローブを設定できるようになりました。
21.2R1 Evo
Junos OS Evolved リリース 21.2R1 以降、SNMP MIB オブジェクトによるレポートは RPM でサポートされています。
21.1R1 Evo
Junos OS Evolved 21.1R1 以降、RFC 2544 ベンチマーク テストを設定できます。
20.3R1 Evo
Junos OS Evolved 20.3R1 以降、TWAMP プローブを設定できます。
20.1R1 Evo
リリース 20.1R1 Junos OS Evolved以降、RPM プローブを設定できます。Junos OS Evolvedでは、[サービス監視rpmを編集]階層レベルでRPMが設定されます。