Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

post-cli-implicit-firewall

構文

階層レベル

説明

CLI設定(explicit firewall)が暗示的なファイアウォールよりも優先されることを確認します。インライン TWAMP クライアントまたはサーバーは、暗黙的なファイアウォールを使用してその機能を実現します。

メモ:

CLI ファイアウォールの設定に誤りがあると、インライン TWAMP クライアントまたはサーバーが不適切に機能する可能性があります。この設定ステートメントを有効または無効にした後、その操作を有効にするには、ルーターを再起動するか、 コマンド restart remote-operationsを使用してリモート操作を再起動する必要があります。

コマンド restart remote-operationsを発行すると、すべての TWAMP セッション(クライアントとサーバーの両方)が強制的に停止します。すべての RPM セッションとすべての TWAMP セッション(クライアントとサーバーの両方)を再起動する必要があります。

既定

この設定ステートメントのデフォルトは無効な状態です。

必要な権限レベル

インターフェイス—設定でこのステートメントを表示します。

インターフェイス制御—設定にこのステートメントを追加します。

リリース情報

Junos OS リリース 15.1 で導入されたステートメント。