Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

M、T、ACX、MX、PTX シリーズ ルーター、EX および QFX スイッチでのリアルタイム パフォーマンス監視にプローブを使用する方法について

RPM(リアルタイム パフォーマンス監視)では、トラフィックを追跡および監視するためにアクティブなプローブを設定できます。プローブは、PING Internet Control Message Protocol(ICMP)パケット、ユーザー設定ポートを備えたユーザーデータグラムプロトコルおよび伝送制御プロトコル(UDP/TCP)パケット、ユーザー設定の差別化サービスコードポイント(DSCP)サービスタイプ(ToS)パケット、ハイパーテキスト転送プロトコル(HTTP)パケットなど、宛先ごと、アプリケーションごとにパケットを収集します。RPM は、RFC 2925、 リモート Ping、Traceroute、ルックアップ操作の管理対象オブジェクト定義の拡張機能を使用して、MIB(管理情報ベース)をサポートします。

Junos デバイスで RPM が設定されている場合、デバイスはパケット応答時間、ジッター、パケット ロスに基づいてネットワーク パフォーマンスを計算します。デバイスは、IPアドレスで識別された指定されたプローブターゲットにプローブを送信することで、RPM統計を収集します。ターゲットがプローブを受信すると、デバイスが受信した応答が生成されます。

Junos OSリリース17.3R1以降、MS-MPCまたはMS-MICを使用している場合、PICベースおよびルーティングエンジンベースのRPMクライアントおよびサーバーのIPsecトンネルとGREトンネルにRPMを適用できます。パケット転送エンジンベースのRPMは、IPsecトンネルではサポートされていません。IPSecトンネルでRPMをサポートすることで、IPSecトンネルで転送されるトラフィックのSLA(サービスレベル合意)監視が可能になります。

メモ:

RPMは論理システムではサポートされていません。

リリース 20.1R1 Junos OS Evolved以降、RPM プローブを設定できます。Junos OS Evolvedでは、 階層レベルで [edit services monitoring rpm] RPMが設定されます。サポートの範囲は以下に限定されます。

  • 以下の RPM プローブ タイプのプローブ生成および受信(クライアント)およびリフレクション(サーバー)

    • icmp-ping

    • icmp-timestamp

    • udp-ping

    • udp-timestamp

  • プローブ履歴管理

  • syslog を介したレポートのみ

Junos OS Evolved リリース 21.2R1 以降、SNMP MIB オブジェクトによるレポートは RPM でサポートされています。ジュニパーがサポートするSNMP MIBの詳細については、 SNMP MIBエクスプローラを参照してください。

Junos OSでは、RPMサービスを設定して、ホストデバイスとその設定されたBGPネイバーの間にパスが存在するかどうかを自動的に判断することもできます。SNMP クライアントを使用して、検出の結果を表示できます。結果は、 、 、 jnxPingResultsTablejnxPingProbeHistoryTable、および pingProbeHistoryTablepingResultsTable格納されます。

MXシリーズルーターのJunos OSリリース18.4R1以降、RPMプローブを使用してリンクステータスを検出し、プローブ結果に基づいて優先ルートの状態を変更できます。RPM で追跡されるルートは、IPv4 または IPv6 にすることができ、単一の IPv4 または IPv6 ネクストホップをサポートします。この機能はrpm-tracking、 または [edit routing-instances routing-options] 階層レベルで ステートメントで[edit routing-options]設定します。たとえば、RPM プローブを IP アドレスに送信して、リンクが稼働しているかどうかを判断し、その場合は、ソフトウェアがルート テーブルに静的ルートをインストールできます。RPM追跡された静的ルートは、プリファレンス1でインストールされるため、同じプレフィックスの既存の静的ルートよりも優先されます。Junos OS リリース 19.1R1 以降、MX シリーズ ルーターでは、IPv4 または IPv6 RPM で追跡される静的ルートごとに最大 16 のネクスト ホップを追跡できます。Junos OS リリース 20.4R1 以降、PTX シリーズ ルーターへのサポートを拡張しました。さらに、この機能では、各 IPv4 または IPv6 宛先プレフィックスに対してルート優先度とタグ値を設定できます。Junos OSリリース22.3R1以降、ACX710およびACX5448ルーターのRPM追跡された静的ルートを設定できるようになりました。

Junos OSでは、プローブ設定とプローブ結果は、CLI(コマンドラインインターフェイス)とSNMPの両方でサポートされています。プローブオプション test test-name は、[]階層レベルのedit services rpm probe ownerステートメントで設定します。コマンドを show services rpm probe-results 使用して、最新の RPM プローブの結果を表示します。

以下のプローブ タイプは、DSCP マーキングでサポートされています。

  • HTTP get(BGP RPM サービスでは使用できません)

  • ICMP エコー

  • ICMP タイムスタンプ

  • TCP 接続

  • UDP エコー

  • UDP タイムスタンプ

メモ:

ACX ルーターの場合:

  • ACX710およびACX5448シリーズルーターは、Junos OSリリース22.3R1以降のステートメント設定をサポート hardware-timestamp しています。

  • ACX500シリーズ、ACX1000シリーズ、ACX2000シリーズ、ACX4000シリーズ、ACX5048ルーター、ACX5096ルーターは、 ステートメント設定を hardware-timestamp サポートしていません。

プローブを使用すると、以下を監視できます。

  • 平均のラウンドトリップタイム

  • 往復時間のジッター—最小往復時間と最大往復時間の差

  • 最大往復時間

  • 最小のラウンドトリップタイム

  • 往復時間の標準偏差(Junos OS のみ)

ICMP タイムスタンプ プローブの一方向測定には以下が含まれます。

  • エグレスおよびイングレス時間の最小、最大、標準偏差、ジッター測定

  • 受信したプローブ応答数

  • 送信されたプローブ数

  • 失われたプローブの割合

以下のRPMしきい値を設定できます。

  • イングレス/エグレス遅延

  • ジッタ

  • 往復時間

  • 標準偏差(Junos OSのみ)

  • 連続して失われたプローブ

  • 失われたプローブの総数(テスト当たり)

また、 設定ステートメントを使用して、入力インターフェイスで受信した通常のデータパケットよりもRPMパケットのCoS分類子と優先度を dscp-code-points 設定することもできます。

表 1 は、MPC、MS-MIC/MPC、およびルーティング エンジンでの RPM および関連するタイムスタンプ サポートに関する情報を提供します。

表 1:ICMP プローブの RPM および関連するタイムスタンプ サポート

機能

役割

IP バージョン

サポート(Y/N)

ルーティング エンジン上のタイムスタンプ

MPC 上のタイムスタンプ(ハードウェアタイムスタンプ)

MPC(si-interface)のタイムスタンプ

MS-MIC/MPC(delegate-probes)のタイムスタンプ

Rpm

クライアント

IPv4

Y

Y(μsec)

最大 2,000 個のプローブ

Y(μsec)

最大 2,000 個のプローブ

N

Y(msec)

最大 100 万個のプローブ

IPv6

Y

Y(μsec)

最大 2,000 個のプローブ

N

N

Y(msec)

最大 100 万個のプローブ

サーバー

IPv4

Y

Y(μsec)

最大 2,000 個のプローブ

Y(μsec)

最大 2,000 個のプローブ

N

Y(msec)

最大 100 万個のプローブ

IPv6

Y

Y(μsec)

最大 2,000 個のプローブ

N

N

Y(msec)

最大 100 万個のプローブ

リリース履歴テーブル
リリース
説明
22.3R1
Junos OSリリース22.3R1以降、ACX710およびACX5448シリーズルーターのパケット転送エンジンのRPMプローブメッセージでRPMプローブを設定し、タイムスタンプを有効にすることができます。
22.3R1
Junos OS リリース 22.3R1 以降では、複数のネクストホップや、各 IPv4 または IPv6 宛先プレフィックスの優先度とタグ値の設定など、ACX710 および ACX5448 ルーターの RPM トラッキングスタティック ルートを設定できます。
21.4R1
Junos OSリリース21.4R1以降、EX9200シリーズスイッチのパケット転送エンジンのRPMプローブメッセージでRPMプローブを設定し、タイムスタンプを有効にすることができます。
21.3R1
Junos OSリリース21.3R1以降、QFX10002、QFX10008、およびQFX10016スイッチのパケット転送エンジンのRPMプローブメッセージでRPMプローブを設定し、タイムスタンプを有効にすることができます。
21.2R1-EVO
Junos OS Evolved リリース 21.2R1 以降、SNMP MIB オブジェクトによるレポートは RPM でサポートされています。
21.2R1
Junos OS リリース 21.2R1 以降、PTX5000 ルーターのパケット転送エンジンの RPM プローブ メッセージでタイムスタンプを有効にできるようになりました。
20.4R1
Junos OS リリース 20.4R1 以降、PTX シリーズ ルーターへの RPM 追跡スタティック ルート機能のサポートを拡張しました。さらに、この機能では、各 IPv4 または IPv6 宛先プレフィックスに対してルート優先度とタグ値を設定できます。
20.1R1-EVO
リリース 20.1R1 Junos OS Evolved以降、RPM プローブを設定できます。Junos OS Evolvedでは、[サービス監視rpmを編集]階層レベルでRPMが設定されます。
19.3R2
MXシリーズルーターで次世代サービスを有効にする場合、RPMはサポートされていません。
19.2R1
Junos OSリリース19.2R1以降、MX240、MX480、MX960ルーターのMPC10E-15C-MRATEラインカード、およびMX2008、MX2010、MX2020ルーターのMPC11Eラインカードのパケット転送エンジンホストプロセッサーのRPMプローブメッセージでタイムスタンプを有効にすることができます。
19.1R1
Junos OS リリース 19.1R1 以降、MX シリーズ ルーターでは、IPv4 または IPv6 RPM で追跡される静的ルートごとに最大 16 のネクスト ホップを追跡できます。
19.1R1
Junos OS リリース 19.1R1 以降、PTX シリーズ ルーターは、パケット転送エンジン上の RPM プローブ メッセージのタイムスタンプをサポートしています。
18.4R1
MXシリーズルーターのJunos OSリリース18.4R1以降、RPMプローブを使用してリンクステータスを検出し、プローブ結果に基づいて優先ルートの状態を変更できます。RPM で追跡されるルートは、IPv4 または IPv6 にすることができ、単一の IPv4 または IPv6 ネクストホップをサポートします。たとえば、RPM プローブを IP アドレスに送信して、リンクが稼働しているかどうかを判断し、その場合は、ソフトウェアがルート テーブルに静的ルートをインストールできます。RPM追跡された静的ルートは、プリファレンス1でインストールされるため、同じプレフィックスの既存の静的ルートよりも優先されます。
17.3R1
Junos OSリリース17.3R1以降、MS-MPCまたはMS-MICを使用している場合、PICベースおよびルーティングエンジンベースのRPMクライアントおよびサーバーのIPsecトンネルとGREトンネルにRPMを適用できます。
51-D10 x 12.3
Junos OS リリース 12.3X51-D10 以降、RPM のサポートを ACX シリーズ ルーターに拡張しました。