Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

EVPN-MPLS環境でのMLDスヌーピングによるマルチキャスト転送の設定

マルチキャスト転送によるMLDスヌーピングにより、IPv6マルチキャストトラフィックがブリッジドメインまたはVLAN内およびブリッジドメイン間のサブスクライブしているすべての受信者に確実に到達し、転送されるマルチキャスト制御とデータトラフィックの量を減らすことで、アクセス側で帯域幅を確保します。

MPLS 環境上のイーサネット VPN(EVPN)のプロバイダ エッジ(PE)デバイスで、MLD スヌーピングを使用してマルチキャストを設定できます。以下のように、EVPN PEデバイスにマルチホームされている受信者のIPv6マルチキャストトラフィックをサポートするには、この環境でMLDスヌーピングを有効にする必要があります。

  • ピア PE デバイスは、全アクティブ マルチホーミング モードで動作している必要があります。

  • プロキシモードでMLDスヌーピングを有効にします。

  • 各マルチホーミング ピア PE デバイスで同じ設定を設定し、コミットします。

メモ:

この環境のPEは、特別な設定オプションを使用して、ソース固有マルチキャスト(SSM)モードでMLDv1およびMLDv2メンバーシップレポートを処理し、MLDv2メンバーシップレポートをサポートします。PEが MLDレポートを処理する方法の詳細については、IGMPまたはMLDバージョンとサポートされているグループメンバーシップレポートモード を参照してください。

さらに、ブリッジ ドメインまたは VLAN 間でマルチキャスト トラフィックをルーティングするために、ブリッジ ドメインまたは VLAN にまたがるマルチキャスト グループのホストを持つPE は、IRB インターフェイスで PIM 分散指定ルーター(PIM DDR)モードを使用します。IRB インターフェイスに PIM DDR が設定されている場合、IRB がそのブリッジ ドメインまたは VLAN で選択された PIM 指定ルーター(DR)ではない場合でも、すべての PE デバイスは IRB インターフェイスを介して、対応するブリッジ ドメインまたは VLAN 上の関心のあるレシーバにトラフィックをローカルに送信します。詳細については、 EVPN-MPLS で PIM を使用したブリッジ ドメインまたは VLAN 間のマルチキャスト ルーティングの設定 を参照してください。

このトピックでは、デフォルトの ASM グループ メンバーシップ レポート処理(MLDv1 および MLDv2)または SSM のみのグループ メンバーシップ レポート処理(MLDv2)を使用して、マルチホーミング EVPN-MPLS 環境で PE デバイス上で MLD スヌーピングを設定する設定タスクについて説明します。このトピックでは、この環境でのMLDスヌーピングとマルチキャスト動作の検証に使用できるCLIコマンドも要約しています。

MLDv1またはMLDv2を使用したデフォルトのASM(Any-Source Multicast)グループメンバーシップ処理に対するMLDスヌーピングの設定

デフォルトでは、EVPN-MPLSネットワークは、MLDv1とMLDv2を使用してASM(*,G)メンバーシップレポートのみを処理します。

ACXシリーズルーターでは、タイプ evpnの1つ以上のルーティングインスタンスでのみMLDスヌーピングを設定できます。他のタイプのデバイスでは、タイプまたはすべてのブリッジ ドメインまたは VLAN のルーティング インスタンス、または特定の evpn ブリッジ ドメインまたは virtual-switch VLAN に対してのみ、ASM を使用して MLD スヌーピングを設定できます。

例えば:

  • ルーティングインスタンスのEVPN-MPLSネットワーク内のPEデバイス上で、プロキシモードでMLDスヌーピングを default-switch 設定するには:

  • インスタンス内のすべてのブリッジ ドメインまたは instance-type virtual-switch VLAN に対して、または としてinstance-type evpn設定された特定のルーティング インスタンスに対して、PE デバイス上でプロキシ モードで MLD スヌーピングを設定するには:

  • を使用して、特定のブリッジドメインまたはEVPNインスタンスのVLANに対して、PEデバイス上で instance-type virtual-switchMLDスヌーピングを設定するには:

PE デバイスは ASM(*,G)レポートと SSM(S,G)レポートの両方を同時に処理することはできませんが、SSM(S,G)メンバーシップ レポートのみを処理するように PE を設定することもできます。 ソース固有のマルチキャスト グループ メンバーシップ レポートのみを処理する MLDv2 による MLD スヌーピングの設定を参照してください。

以下のサンプル設定では、EVPN-1という名前のタイプ evpn のインスタンスに対して、MLDスヌーピングがプロキシモード(およびIGMPスヌーピングの場合も同じ)で有効になっています。

以下のサンプル設定では、CUST-2 というタイプ virtual-switch のルーティング インスタンスで、3 つのブリッジ ドメイン(V100、V200、V300)に対して MLD スヌーピングが有効になっています。

ソース固有のマルチキャスト グループ メンバーシップ レポートのみを処理するための MLDv2 による MLD スヌーピングの設定

デフォルトでは、EVPN-MPLSネットワークは、MLDv1とMLDv2を使用してASM(*,G)メンバーシップレポートのみを処理します。または、MLDv2 SSM(S,G)メンバーシップレポートのみを処理するようにPEを設定することもできます。これを行うには、MLDスヌーピングをevpn-ssm-reports-only[edit protocols mld-snooping]設定する際、設定ステートメント階層で オプションを使用します。

このオプションを有効にすると、デバイスはASMレポートを処理せず、これらのパケットを破棄します。この環境でPEがMLDレポートを処理する方法の詳細については、 IGMPまたはMLDバージョンとサポートされているグループメンバーシップレポートモード を参照してください。

以下の MLD スヌーピングを設定すると、SSM のみの処理を有効にできます。

  • タイプ evpnのルーティング インスタンス内のすべてのブリッジ ドメインまたは VLAN。

  • インスタンス内のすべてのブリッジ ドメインまたは特定のブリッジ ドメインまたは VLAN virtual-switch

メモ:

ACXシリーズルーターでは、タイプ evpnの1つ以上のルーティングインスタンスでのみMLDスヌーピングを設定できます。他のデバイスでは、タイプ evpn または virtual-switchのルーティングインスタンスに対してMLDスヌーピングを設定できます。

例えば:

  • EVPNルーティングインスタンスのMLDv2でSSMメンバーシップレポートのみを処理するようにMLDスヌーピングを default-switch 設定するには:

  • ルーティング インスタンス内のすべてのブリッジ ドメインまたは VLAN の SSM メンバーシップ レポートのみを処理するように MLDv2 を使用して MLD スヌーピングを設定するには:

  • プロキシモードでMLDスヌーピングを設定し、特定のブリッジドメインまたはEVPNインスタンス instance-type virtual-switchのVLANに関するSSMメンバーシップレポートのみを処理するには、

以下のサンプル設定では、MLDスヌーピングは、EVPN-2という名前のタイプ evpn のルーティングインスタンスのSSMメンバーシップレポートのみを処理するように設定されています。

CLIでのEVPN-MPLSのMLDスヌーピングマルチキャスト情報の表示

以下のEVPNコマンドは、EVPN-MPLS環境でMLDスヌーピングマルチキャスト情報を表示するためにサポートされています。これらのコマンドの出力には、PE デバイス上のネイティブ MLD スヌーピングから学習し、EVPN タイプ 7 Join Sync Route およびタイプ 8 Leave Sync Route メッセージから学習した情報が含まれます。