Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ip-prefix-routes

構文

階層レベル

説明

EVPN(イーサネット VPN)環境で、指定された顧客ドメインに関連付けられた IP プレフィックスをリモート データ センターへのタイプ 5 ルートとしてアドバタイズするデバイスを有効にします。また、メトロ トランスポート ネットワークで IP プレフィックス ルートを有効に設定できます。この機能は、レイヤー 2 ドメインがリモート データ センターやメトロ ネットワークのピアリング ポイントに存在しない場合に使用します。

タイプ 5 ルートを実装するための 2 つのモデルがサポートされています。

  • オーバーレイのネクスト ホップとタイプ 2 ルートを使用しない、純粋なタイプ 5 ルート

  • ゲートウェイ IRB インターフェイスをオーバーレイのネクスト ホップおよびタイプ 2 ルートとして使用したタイプ 5 ルート

純粋なタイプ 5 ルートは、サマリ IP プレフィックスをアドバタイズし、BGP MAC と呼ばれる拡張コミュニティを含む。ルーターの MAC は、送信MAC アドレスのパケットを運び、プレフィックスのネクストホップ到達可能性情報を提供します。対照的に、標準のタイプ 5 ルートでは、ネクストホップ オーバーレイとしてのゲートウェイ IP アドレスと、再帰的なルート解決を提供するサポートタイプ 2 ルートが必要です。

QFX5110とQFX10000のスイッチは、完全解決されたネクスト ホップ(EVPN ピュア タイプ 5 ルート)のみをサポートしています。QFX10000 スイッチは、タイプ 5 ルート仮想拡張 LAN EVPN スイッチ(VXLAN)のみをサポートしています(カプセルMPLSではありません)。

QFX5110、QFX5120、EX4650 の各スイッチでは、オーバーレイ EVPN-VXLAN ネットワークでピュア タイプ 5 ルーティングを設定する場合、階層レベルで overlay-ecmp ステートメントを設定する必要 [edit forwarding-options vxlan-routing] があります。ステートメントを設定 overlay-ecmp すると、スイッチのパケット転送エンジンが再起動し、すべての転送操作が中断されます。その結果、EVPN-VXLANが動作する前に、この設定を適用することをお勧めします。

EX9200は、タイプ 5 ルートの両方をサポートしますが、カプセル化を行う純粋なタイプ 5 ルートMPLSです。EX9200 スイッチは、ゲートウェイ IP アドレスをネクストホップ オーバーレイとしてMPLSと VXLAN のカプセル化を標準タイプ 5 ルートでサポートします。

注意:

EVPN-VXLANのピュアタイプ5ルーティングは、Junos OSスイッチJunos OSリリース15.1X53-D30リリースリリースでQFX10002しました。このリリースでは、このステートメント ip-prefix-support forwarding-mode symmetric は . Junos OS リリース 15.1X53-D60 ステートメント ip-prefix-routes advertise direct-nexthop は 、 です。 Junos OS リリース 15.1X53-D60後にアップグレードすると、アップグレード プロセスでは、元のステートメントで設定が新しいステートメントに自動的に ip-prefix-support 更新 ip-prefix-routes されます。

メモ:

最初のリリース Junos OS、15.1X53-D60 スイッチQFX10000タイプ 5 ルーティングをサポートします。

デフォルトでは、ジュニパーネットワークス タイプ 5 ルートをサポートする 5 つのデバイスは、/32 のマスク長で IP プレフィックスを純粋なタイプ 5 ルートとしてアドバタイズしないのです。/32 プレフィックスをアドバタイズするには、これらのプレフィックスを明示的にポリシーに受け入れるエクスポート ポリシーに条件を設定ルーティング テーブル。サンプル構成の抜粋を以下に示します。

オプション

advertise、 、 encapsulation vni number のオプションは必須です。オプション export routing–policy-name は必須ではありません。

直接ネクストホープのアドバタイズ

スイッチが EVPN ピュア タイプ 5 ルートを使用して IP プレフィックス情報を送信MAC アドレス有効にします。これには、スイッチのプロトコルの送信に使用されるルーター MAC 拡張コミュニティも含まれます。このルーターの MAC 拡張コミュニティは、オーバーレイのネクスト ホップやタイプ 2 ルートのサポートを必要とせずに、ネクスト ホップの到達可能性を提供します。

メモ:

純粋なルート タイプ 5 の場合、QFX5110 および QFX10000 スイッチは VXLAN のカプセル化のみをサポートし、EX9200 スイッチはカプセル化MPLSサポートします。

アドバタイズ ゲートウェイ アドレス(EX9200スイッチのみ)

エクスポートした IP プレフィックス ルートでゲートウェイ アドレスをアドバタイズするスイッチを有効にします。このゲートウェイ アドレスは、オーバーレイのネクスト ホップ到達可能性を提供します。

メモ:

ステートメントを含めてゲートウェイ アドレスを指定する必要 gateway-interface interface-name があります。

カプセル化(vxlan | mpls)

指定すると、リモート データ センターに送信するためにVXLANまたはMPLSトラフィックをカプセル化します。

メモ:

エンドツーエンドでは、同じタイプのカプセル化を使用する必要があります。スイッチVXLANのカプセル化はQFX10000サポートQFX5110されます。

donot-advertise-community

Junos リリース 19.4R1 より、リモート PE デバイスから学習したタイプ 2 の MAC および IP アドバタイズメントからタイプ 5 ルートが作成された場合、デフォルトの動作は、タイプ 5 ルートに type-2 ルート(存在する場合)からのコミュニティ情報を含ぶことです。このオプションを有効にすると、この動作を回避 donot-advertise-community できます。

エクスポート routing-policy-name

(オプション)階層レベルで設定されているルーティング ポリシー顧客ドメインのルートに適用するフィールドの [edit policy-options policy-statement policy-statement-name] 名前を指定します。エクスポート ポリシーを適用すると、アドバタイズする IP プレフィックスをさらに制御したり、各顧客の EVPN タイプ 5 ルートを使用して抑制することができます。1 つ以上の顧客ドメインにルーティング ポリシーなエクスポート ドメインを適用できます。これにより、各顧客は独自のポリシーを持つできます。

ゲートウェイ インターフェイス interface-name

標準タイプ 5 ルートのネクストホップ オーバーレイとして使用するゲートウェイ インターフェイスを指定します。このオプションは、 オプションと併せて使用する必要 advertise gateway-address があります。

vni number

顧客ドメインに関連付けられている識別子を指定します。各顧客ドメインには、一意の識別子が必要です。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定に表示します。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリースリリースJunos OSおよび15.1X53-D60リリースJunos OSで発表17.2R1。

ソフトウェア リリース リリース で追加されたMX シリーズルーター上の論理システムJunos OSサポート17.4R1。