Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
このページの目次
 

例:EVPN-VXLAN 環境での IGMP スヌーピングによる帯域幅の維持

この例では、イーサネットVPN(EVPN)仮想拡張LANのプロバイダエッジ(PE)デバイスでIGMPスヌーピングを設定する方法を示します。マルチキャスト トラフィックが VXLAN コアに到着すると、EVPN で設定された PE デバイスは、IGMP リスナーが存在するローカル アクセス インターフェイスにのみトラフィックを転送します。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • CE に接続されたマルチホーム PE デバイスとして設定された 2 つのQFX10000 スイッチ、マルチホーム PE に接続された PE デバイスとして設定された 1 つのQFX10000デバイス、および CE デバイスとして設定された 1 つのQFX5110。

  • すべてのデバイスで実行されているJunos OSリリース17.2R1以降。

概要

IGMPスヌーピングは、ブロードキャストドメイン内のマルチキャストトラフィックを、関心のある受信者とマルチキャストデバイスに制限するために使用されます。大量のマルチキャスト トラフィックがある環境では、IGMP スヌーピングは、IGMP リスナーが存在するインターフェイスでのみマルチキャスト トラフィックが転送されるため、帯域幅を保持します。IGMP は、マルチキャスト グループ メンバーシップを管理するために有効です。

各 VLAN で IGMP スヌーピングをイネーブルにすると、デバイスは EVPN タイプ 7 およびタイプ 8 ルート(Join および Leave Sync Routes)をアドバタイズして、EVPN インスタンス内のマルチホーミング ピア デバイス間で IGMP の参加および退出状態を同期させます。アクセス側では、デバイスはサブスクライブされたリスナーにのみマルチキャストトラフィックを転送します。ただし、マルチキャスト トラフィックは、リモート レシーバーがない場合でも、EVPN コアにフラッディングします。

EVPN-VXLAN 環境で IGMP スヌーピングを設定するには、以下を実行する必要があります。

  • オールアクティブモードでのマルチホーミングピアPEデバイス。

  • IGMP バージョン 2 のみ。(IGMP バージョン 1 および 3 はサポートされていません。)

  • PEがローカルアクセスインターフェイスのIGMPクエリアになるようにプロキシモードで設定されたIGMPスヌーピング。

この機能は、VLAN 内マルチキャスト転送と VLAN 間マルチキャスト転送の両方をサポートします。いずれかまたは両方を実行するように PE デバイスを設定できます。この例では、VLAN 間転送を有効にするために、各 PE デバイスを静的に定義された PIM(プロトコル独立マルチキャスト)ランデブー ポイント(RP)として設定し、マルチキャスト転送を有効にします。また、 distributed-dr 各 IRB インターフェイスの 階層レベルで ステートメント [edit protocols pim interface interface-name] を設定します。このモードでは、このシナリオでは必要のない PIM 機能を無効にすることで、PIM はマルチキャスト トラフィックをより効率的に転送できます。このステートメントを設定すると、PIM は、インターフェイスで受信した IGMP レポートを処理するときに、インターフェイスの指定ルーター(DR)ステータスを無視します。インターフェイスが IGMP レポートを受信すると、インターフェイスの DR ステータスに関係なく、PE デバイスは PIM アップストリーム参加メッセージを送信してマルチキャスト ストリームをプルし、インターフェイスに転送します。

トポロジ

図 1 は、2 つの PE デバイス(PE1 と PE2)がカスタマーエッジ(CE)デバイスに接続されている EVPN-VXLAN 環境を示しています。これらのPEは、冗長性を提供するためにアクティブ-アクティブモードでデュアルホーム接続されています。3 番目の PE デバイスは、CE に接続する PE デバイスにトラフィックを転送します。IGMP は、IRB(統合型ルーティングおよびブリッジング)インターフェイスで有効になっています。CE デバイスは 5 つの VLAN をホストします。IGMP スヌーピングは、すべての VLAN で有効になっています。この実装はマルチキャスト ルーターの使用をサポートしていないため、PE 内の各 VLAN は IGMP レイヤー 2 クエリアとして有効になります。マルチホーム PE デバイスは、IGMP リスナーが存在するインターフェイス上でのみ、CE に向かってトラフィックを転送します。

図1:EVPN-VXLAN環境 IGMP Snooping in an EVPN-VXLAN EnvironmentにおけるIGMPスヌーピング

構成

EVPN-VXLAN環境でIGMPスヌーピングを設定するには、次のタスクを実行します。

CLIクイック構成

この例を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致させる必要がある詳細情報を変更し、コマンドを 階層レベルでCLI [edit] にコピーアンドペーストして、設定モードから を入力します commit

デバイスPE1

デバイスPE2

Ce

PE3

PE1の設定

手順

次の例では、設定階層のいくつかのレベルに移動する必要があります。CLI のナビゲーションについては、 CLIユーザー・ガイド の コンフィギュレーション・モードでのCLIエディタの使用を参照してください。

デバイスPE1を設定するには:

  1. 集約されたイーサネット論理インターフェイスの数を指定します。

  2. インターフェイスを設定します。

  3. アクティブ-アクティブマルチホーミングを設定し、各集合型イーサネットインターフェイスでLACP(リンクアグリゲーション制御プロトコル)を有効にします。

  4. 各集合型イーサネットインターフェイスをトランクポートとして設定します。

  5. IRB インターフェイスと仮想ゲートウェイ アドレスを設定します。

  6. 自律システムを設定します。

  7. OSPFを設定します。

  8. BGP内部ピアリングを設定します。

  9. VLAN を構成します。

  10. EVPNを有効にします。

  11. エクスポート ルーティング ポリシーを設定して、EVPN トラフィックをロード バランシングします。

  12. VXLAN トンネルの送信元インターフェイスを設定します。

  13. VLAN に関連付けられている IRB インターフェイスで IGMP を有効にします。

  14. VLAN で IGMP スヌーピングを有効にします。

  15. 静的ランデブー ポイントを定義し、VLAN に関連付けられた IRB インターフェイスで有効にして、PIM を設定します。

    メモ:

    この手順は、VLAN 間転送を設定する場合にのみ必要です。PE デバイスが VLAN 内転送のみを実行している場合は、この手順を省略します。

結果

設定モードから、 、 show policy-optionsshow interfacesshow switch-options show routing-optionsshow vlansshow protocolsおよび コマ ンドを入力してshow chassis、設定を確認します。出力結果に意図した設定内容が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

PE2の設定

手順

次の例では、設定階層のいくつかのレベルに移動する必要があります。CLI のナビゲーションについては、 CLIユーザー・ガイド の コンフィギュレーション・モードでのCLIエディタの使用を参照してください。

デバイスPE2を設定するには:

  1. 集約されたイーサネット論理インターフェイスの数を指定します。

  2. インターフェイスを設定します。

  3. アクティブ-アクティブマルチホーミングを設定し、各集合型イーサネットインターフェイスでLACP(リンクアグリゲーション制御プロトコル)を有効にします。

  4. 各集合型イーサネットインターフェイスをトランクポートとして設定します。

  5. IRB インターフェイスと仮想ゲートウェイ アドレスを設定します。

  6. 自律システムを設定します。

  7. OSPFを設定します。

  8. BGP内部ピアリングを設定します。

  9. VLAN を構成します。

  10. EVPNを有効にします。

  11. エクスポート ルーティング ポリシーを設定して、EVPN トラフィックをロード バランシングし、転送テーブルに適用します。

  12. VXLAN トンネルの送信元インターフェイスを設定します。

  13. IRB インターフェイスで IGMP を有効にします。

  14. IRB インターフェイスで IGMP スヌーピングを有効にします。

  15. 静的ランデブー ポイントを定義し、IRB インターフェイス上で有効にして PIM を設定します。

    メモ:

    この手順は、VLAN 間転送を設定する場合にのみ必要です。PE デバイスが VLAN 内転送のみを実行している場合は、この手順を省略します。

結果

設定モードから、 、 show policy-optionsshow interfacesshow switch-options show routing-optionsshow vlansshow protocolsおよび コマ ンドを入力してshow chassis、設定を確認します。出力結果に意図した設定内容が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

CEデバイスの設定

手順

次の例では、設定階層のいくつかのレベルに移動する必要があります。CLI のナビゲーションについては、 CLIユーザー・ガイド の コンフィギュレーション・モードでのCLIエディタの使用を参照してください。

デバイスCEを設定するには:

  1. 集約されたイーサネット論理インターフェイスの数を指定します。

  2. インターフェイスを設定し、集合型イーサネットインターフェイスでLACPを有効にします。

  3. レイヤー2カスタマーブリッジドメインと、そのドメインに関連するVLANを作成します。

  4. 指定されたVLAN識別子でタグ付けされたパケットを受信するためのトランクポートとしてCEドメインに含めるように各インターフェイスを設定します。

結果

設定モードから、 および show interfaces コマンドを入力してshow chassis設定を確認します。出力結果に意図した設定内容が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

PE3の設定

手順

次の例では、設定階層のいくつかのレベルに移動する必要があります。CLI のナビゲーションについては、 CLIユーザー・ガイド の コンフィギュレーション・モードでのCLIエディタの使用を参照してください。

デバイスPE3を設定するには:

  1. インターフェイスを設定します。

  2. 各論理イーサネット インターフェイスを、指定した VLAN 識別子でタグ付けされたパケットを受信するためのトランク ポートとして設定します。

  3. IRB インターフェイスと仮想ゲートウェイ アドレスを設定します。

  4. 自律システムを設定します。

  5. OSPFを設定します

  6. PE1とPE2でBGP内部ピアリングを設定します。

  7. VLAN を構成します。

  8. EVPNを有効にします。

  9. エクスポート ルーティング ポリシーを設定して、EVPN トラフィックをロード バランシングします。

  10. VXLAN トンネルの送信元インターフェイスを設定します。

  11. IRB インターフェイスで IGMP を有効にします。

  12. IRB インターフェイスで IGMP スヌーピングを有効にします。

  13. ローカル ランデブー ポイントを定義し、IRB インターフェイスで有効にして PIM を設定します。

    メモ:

    この手順は、VLAN 間転送を設定する場合にのみ必要です。PE デバイスが VLAN 内転送のみを実行している場合は、この手順を省略します。

結果

設定モードから、 、 show policy-optionsshow interfacesshow switch-options show routing-optionsshow vlansshow protocolsおよび コマ ンドを入力してshow chassis、設定を確認します。出力結果に意図した設定内容が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

検証

設定が正常に機能していることを確認します。

IGMP メッセージが同期されていることの確認

目的

各PEで、IGMP の参加および退出メッセージが同期されていることを確認します。

アクション

オペレーショナルモードから、 コマンドを実行します show evpn instance extensive

意味

SG Sync is Enabled および フィールドにIM Core next-hopは、有効なルートが表示されます。

送信元アドレスが学習され、マルチキャストトラフィックが転送されていることを確認する

目的

各PEで、マルチキャスト受信者がVXLANトンネルの送信元インターフェイスを学習したことを確認します。

アクション

動作モードから、 コマンドと コマンドを入力しますshow evpn igmp-snooping database extensive l2-domain-id 1show igmp snooping evpn database vlan VLAN1

これらのコマンドは、VLAN1の出力を表示します。これらを使用して、設定された各VLANの出力を表示できます

動作モードから、 を入力して show evpn multicast-snooping next-hops 、ダウンストリームインターフェイスが学習されたことを確認します。