Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

EVPN-VXLANによる柔軟なイーサネットサービスサポートについて

フレキシブル イーサネット サービスとは、物理インターフェイスが論理インターフェイス レベルでさまざまなタイプのイーサネット カプセル化をサポートできるようにするカプセル化タイプです。ジュニパーネットワークスは、EVPN VXLANを使用して柔軟なイーサネットサービスをサポートしています。

EVPN-VXLANによる柔軟なイーサネットサービスサポートのメリットには、次のようなものがあります。

  • 物理インターフェイスは、1 つ以上の論理インターフェイスで設定され、family inet他の論理インターフェイスで設定された仮想拡張 LAN(VXLAN)をサポートするfamily ethernet-switchingようになりました。

  • 物理インターフェイスは、1 つ以上の論理インターフェイスで設定されたレイヤー 2 VLAN、および他の論理インターフェイスで設定された VXLAN をサポートするようになりました。

  • 次のレイヤー 2 機能を論理インターフェイスユニット番号 0 のみで設定する代わりに、任意の論理インターフェイスユニット番号(ユニット 0 およびゼロ以外のユニット番号)で設定できるようになりました。

    • レイヤー2ブリッジング(family ethernet-switching)

    • レイヤー2ブリッジング(encapsulation vlan-bridge)

    • VXLAN

  • 物理インターフェイスでは、レイヤー2ブリッジング family ethernet-switching を1つ以上の論理インターフェイスに、レイヤー2ブリッジングを encapsulation vlan-bridge 1つ以上の論理インターフェイスに設定できるようになりました。

  • 物理インターフェイスでは、1つ以上の論理インターフェイス encapsulation extended-vlan-bridge を で設定し、1つ以上の論理インターフェイス interface-mode trunkを で設定できるようになりました。

このトピックでは、この機能の設定について次の情報を提供します。

サンプル構成 1 - 同じ物理インターフェイス上のレイヤー 2 VXLAN とレイヤー 3 IPv4 論理インターフェイス

この設定例では、レイヤー 2 VXLAN 転送用の論理インターフェイスとレイヤー 3 IPv4 ルーティング用の論理インターフェイスを同じ物理インターフェイス上で設定する方法を示します。

論理インターフェイスを設定するときは、次の点に注意してください。

  • この設定が正常にコミットされ、正しく機能するためには、物理インターフェイス レベルで設定ステートメントを指定する必要があります encapsulation flexible-ethernet-services (例 set interfaces xe-0/0/5 encapsulation flexible-ethernet-services:)。

  • レイヤー 2 VXLAN とレイヤー 3 ルーティングは、別々の論理インターフェイスで設定する必要があります。

以下の設定例では、フレキシブル イーサネット サービス カプセル化タイプが有効になっている物理インターフェイス et-0/0/16 を示しています。この物理インターフェイスは、VXLAN v100およびv500に関連付けられたレイヤー2(family ethernet-switching)インターフェイスである論理インターフェイス100と、レイヤー3(family inet)インターフェイスである論理インターフェイス600に分かれています。物理インターフェイス et-0/0/16 でフレキシブル イーサネット サービスのカプセル化タイプを指定すると、レイヤー 2 論理インターフェイスをゼロ以外のユニット番号(この場合は 100)で設定することもできます。

メモ:

この例では、物理インターフェイスと論理インターフェイス、および論理インターフェイス 100 が関連付けられている VXLAN の設定に焦点を当てています。このサンプル設定には、EVPN と VXLAN の包括的な設定は含まれていません。より包括的なEVPN-VXLAN設定については、 例:EVPN-VXLANの中央ルーティングされたブリッジングファブリックを設定するを参照してください。

サンプル構成 2 - 同じ物理インターフェイス上のレイヤー 2 VLAN および VXLAN 論理インターフェイス

この設定例では、レイヤー2 VXLAN転送用の論理インターフェイスとレイヤー2 VXLAN転送用の論理インターフェイスを同じ物理インターフェイス上で設定する方法を示します。

レイヤー 2 VLAN およびレイヤー 2 VXLAN 転送用に論理インターフェイスを設定する場合は、物理インターフェイス レベルで設定ステートメントを指定する必要があります encapsulation flexible-ethernet-services (例: set interfaces xe-0/0/5 encapsulation flexible-ethernet-services)。

メモ:

Junos OS リリース 20.3R1 以降、QFX5110スイッチと QFX5120 スイッチでは、サービス プロバイダ スタイルのインターフェイス設定のみを使用して、同じ物理インターフェイス上のレイヤー 2 VLAN および VXLAN 論理インターフェイスがサポートされています。

以下の設定例では、フレキシブル イーサネット サービスのカプセル化タイプが有効になっている物理インターフェイス xe-0/0/4 を示しています。この物理インターフェイスは、次の論理インターフェイスに分かれています。

  • VXLAN v100に関連付けられたレイヤー2(family ethernet-switching)インターフェイスである論理インターフェイス100。

  • 論理インターフェイス 200:VLAN v200 に関連付けられたレイヤー 2encapsulation vlan-bridge()インターフェイス

  • 論理インターフェイス300:VLAN v300に関連付けられたレイヤー2(encapsulation vlan-bridge)インターフェイス

物理インターフェイス et-0/0/4 でフレキシブル イーサネット サービスのカプセル化タイプを指定すると、すべてのレイヤー 2 論理インターフェイスをゼロ以外のユニット番号(この場合は 100、200、300)で設定できます。また、1 つ以上の論理インターフェイス(ここでは論理インターフェイス 100)上のレイヤー 2 ブリッジ family ethernet-switching ングと、1 つ以上の論理インターフェイス(この場合は論理インターフェイス 200 および 300)上のレイヤー 2 ブリッジング encapsulation vlan-bridge を設定できるようになりました。