Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

EX9200スイッチのPEおよびPルーターでIGPを設定する

レイヤー 2 VPN、レイヤー 3 VPN、仮想ルーター ルーティング インスタンス、VPLS、EVPN、レイヤー 2 回線が正しく機能するためには、サービス プロバイダーの PE および P ルーターがルーティング情報を交換できる必要があります。そのためには、これらのルーターでIGP(OSPF や IS-IS など)またはスタティック ルートを設定する必要があります。IGP は、VPN に使用されるルーティング インスタンス内ではなく、つまり 階層レベルではなく、 [edit routing-instances] 階層レベルでルーティング プロトコル プロセスの[edit protocols]マスター インスタンスで設定します。

PE ルーターを設定する際、エリア境界で PE ルーターのループバック アドレスの要約を設定しないでください。各 PE ルーターのループバック アドレスは、個別のルートとして表示されます。