Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

FEC128 LDP-VPLS から EVPN への移行の概要

仮想プライベート LAN(VPLS)ネットワークとイーサネット VPN(EVPN)ネットワークを持つサービス プロバイダは、これらのネットワークを相互接続する必要があります。Junos OS リリース 17.3 以前は、VPLS および EVPN ルーティング インスタンスの相互接続ポイント上の論理トンネル インターフェイスが使用されました。この場合、各ネットワークの PE(プロバイダ エッジ)デバイスが、他のテクノロジ ネットワーク内の PE デバイスに気づいていなかったのです。Junos OS リリース 17.3 から、すべての VPN ルーティング インスタンスについて、FEC128 LDP-VPLS から EVPN への段階移行を可能にするソリューションが導入されました。このソリューションでは、同じ VPN ルーティング インスタンスとシングルホーム セグメントに対して EVPN と VPLS を実行する PE デバイスを共存できます。移行中は、影響を受けるお客様のためにカスタマー エッジ(CE)デバイス間のトラフィック転送をCEへの影響を最小限に抑えます。

以下のセクションでは、LDP-VPLS から EVPN への移行について説明します。

テクノロジの概要とメリット

VPLS(仮想プライベート LAN サービス)は、イーサネットベースのポイント to マルチポイント レイヤー 2 VPN です。この技術により、レイヤー 2 接続を維持しながら、地理的に分散したデータ センターの VLAN を複数のバックMPLS互いに接続できます。VPLS 規格で定義された高可用性機能(LER デュアル ホーミングなど)および BGP シグナリングを使用したトポロジの自動検出機能により、VPLS は拡張性に優れ、導入が容易です。VPLS はコアMPLSを使用し、低遅延変動と、仮想ネットワーク内での統計的限界の低いコンバージェンスMPLSします。

一方、EVPN(イーサネット VPN)は、レイヤー 2 およびレイヤー 3 VPN の統合ソリューションで、現在の技術よりも拡張性、耐障害性、効率が高いソリューションです。サービスプロバイダや企業は、ネットワークの効率性、信頼性、拡張性、仮想マシン(VM)のモビリティー、ポリシー制御の向上など、さまざまなメリットを実現できます。

VPLS は幅広く導入されているレイヤー 2 VPN 技術ですが、サービス プロバイダ ネットワークは拡張上のメリットと導入しやすさを理由として EVPN に移行します。EVPN には次のようなメリットがあります。

  • コントロール プレーン のトラフィックは、BGP分散され、ブロードキャスト およびマルチキャスト トラフィックは、共有マルチキャスト ツリーまたはイングレス 複製を使用して送信されます。

  • 制御プレーンの学習は、MAC および IP アドレスに対して制御プレーンデータ プレーン使用されます。MAC アドレス学習では、未知のユニキャストと ARP フレームのフラッディングが必要になります。IP アドレス学習ではフラッディングは必要とされないのです。

  • ルート リフレクタは、PE デバイス間の BGP のフル メッシュを、PE デバイスとルート リフレクタ間の単一の BGP セッションに削減するために使用します。

  • BGP による自動検出は、特定の VPN に参加している PE デバイス、特定の冗長グループに参加する PE デバイス、トンネル カプセル化タイプ、マルチキャスト トンネル タイプ、マルチキャスト メンバーを検出するために使用されます。

  • 全アクティブ マルチホーミングが使用されます。これにより、特定の CE デバイスが複数の PE デバイスに複数のリンクを持ち、その CE デバイスとのトラフィックがこれらのリンクすべて(イーサネット セグメント)をフルに利用します。

  • CE デバイスと PE デバイスの間のリンクに障害が発生すると、その EVI(EVPN インスタンス)の PE デバイスに、単一の EVPN ルートの取り出しによって障害が通知されます。これにより、PE に関するツールを使って、問題のあるリンク(mass withdrawal)に関連付けられているすべてのサービスについて、出MAC アドレス PE デバイスをネクスト ホップとして削除できます。

FEC128 LDP-VPLS から EVPN への移行

VPLS への投資を維持したいサービス プロバイダもいます。これにより、EVPN を実行する新しいネットワークに古い VPLS ネットワークを接続する必要があります。この目的のために、VPLS および EVPN ルーティング インスタンスの相互接続ポイント上の論理トンネル インターフェイスを使用しました。ただし、他のすべての PE デバイスは VPLS ネットワークまたは EVPN ネットワークに属し、他の技術を気づいていませんでした。

EVPN は、Junos OS リリース 17.3 から、VPLS サービスへの影響を最小限に抑え、既存の VPLS ネットワークに導入できます。VPLS PE デバイスでは、一部の顧客は EVPN に移動し、他の顧客は引き続き VPLS PseudoWire を使用できます。他の PE デバイスは完全に VPLS に設定し、他の PE デバイス上の顧客を EVPN に切り替えます。このソリューションは、シームレスな移行のためのインターネット ドラフト(有効期限は 2018 年 1 月)、 (PBB-)EVPN シームレス 統合(PBB-)VPLS)をサポートします。

FEC128 LDP-VPLS から EVPN ソリューションへのシームレスな移行は、以下の機能をサポートします。

  • VPNインスタンスごとにサイトごとにEVPNに移行します。たとえば、EVPN PE デバイスにプロビジョニングする新しい EVPN サイトがあります。

  • 同じ VPN インスタンスとシングルホーム セグメントに対して EVPN と VPLS の両方を実行する PE デバイスの共存を可能にします。

LDP-VPLS から EVPN への移行では、一部の顧客が EVPN に移行されている PE デバイスと、VPLS を使用してサービスを提供している他の顧客がスーパー PE デバイスと呼ばれるのです。スーパー PE デバイスは、ルーティング インスタンス内で他のスーパー PE デバイスを検出すると、EVPN 転送を使用して他のスーパー PE デバイスおよび VPLS 偽ワイヤと VPLS を実行している PE デバイスと通信します。EVPN を認識し、すべての顧客に VPLS のみを実行している PE デバイスは、VPLS PE デバイスと呼ばれる。

スーパー PE に接続された CE デバイスは、EVPN 専用 PE デバイスまたは VPLS 専用 PE デバイスに接続された CE デバイスに到達できますが、EVPN 専用 PE デバイスに接続された CE デバイスは、VPLS 専用 PE デバイスに接続された CE デバイスに到達することはできません。

LDP-VPLS から EVPN への移行はルーティング インスタンスごとにサポートされ、ルーティング インスタンスが PE デバイス上の複数の顧客にサービスを提供している場合は、すべてが移行されます。EVPN は EVPN にアップグレードされた PE デバイス間のデータ転送を設定し、VPLS は VPLS を実行する PE デバイスへのデータ転送を引き続き設定します。すべての PE デバイスで VPLS pseudowire を使用しているお客様には、影響はゼロでなければなりません。

メモ:

LDP-VPLS から EVPN への移行では、以下の機能はサポートされていません。

  • FEC129 VPLS から EVPN への移行

  • BGP-VPLS から EVPN への移行

  • VPLS サーバーの EVPN 仮想スイッチへの仮想スイッチ。

  • VPLSルーティングインスタンスからEVPNへの仮想スイッチ。

  • VPLS ルーティング インスタンスまたは PBB-VPLS から PBB-EVPN への移行

  • EVPN から VPLS へのシームレスな移行

  • VPLS でサポートされる一連のツールやステートメント、コマンドをサポートするための EVPN の強化

  • アクティブ/アクティブおよびアクティブスタンバイのマルチホーミング。EVPN への移行は、単一ホームの導入でのみサポートされています。

  • EVPNおよびVPLS PEデバイス全体で全アクティブにスパニングしても、VPLSでは全アクティブマルチホーミング機能がサポートされていないため、機能しません。

  • スーパー PE デバイスを介して、EVPN 専用 PE デバイスと VPLS 専用 PE デバイスを接続します。

  • 現在、EVPN ではサポートされていないので、IPv6、論理システム、マルチチェシ サポート、SNMP の機能です。

LDP-VPLS から EVPN への移行の設定例

以下のセクションでは、LDP-VPLS から EVPN への移行の実行に必要な構成例を示します。

LDP-VPLS 設定

一般的な静的 LDP-VPLS ルーティング インスタンスの設定は次のとおりです。

EVPN 移行の構成

FEC128 LDP-VPLS から EVPN への移行を実行するには、以下の手順に従います。

  1. バックアップ サーバーで、ルーティング エンジン リリース リリース Junos OSロード17.3R1。

  2. ISSU(インサービス ソフトウェア アップグレード)を実行して、主な役割を獲得します。VPLS 統合型 ISSU が VPLS 転送に何の影響も与えなかからず、

  3. EVPN への移行が必要なルーティング インスタンス(顧客)を識別します。

  4. 1 つのルーティング インスタンスで EVPN を有効にする。

    • ルーティング インスタンス タイプを に変更evpnevpn [edit routing-instances routing-intance-name protocols] vplsし、階層レベルにステートメントを含め、同じ階層にステートメントを含め、VPLS コマンドをサポートします。

      例えば:

  5. リモートネットワークでファミリーEVPNシグナリングをBGP。

    例えば:

EVPN 移行の設定がコミットされた後、ルーティング プロトコル プロセスとレイヤー 2 アドレス学習プロセスは、インターフェイス、ブリッジ ドメイン、ピア、ルートを反映するように EVPN 状態の構築を開始します。ローカルで学習した MAC アドレスは、instance.vpls.0 のレイヤー 2 アドレス学習プロセスによってルーティング プロトコル プロセスに同期されます。ローカルMACがインスタンス.vpls.0から時間がかかっている場合、ルーティングプロトコルプロセスはレイヤー2アドレス学習プロセスによって通知されます。

EVPN ピアが学習すると、ルーティング プロトコル プロセスが新しいメッセージをレイヤー 2 アドレス学習プロセスに送信して、ピアのラベルスイッチ インターフェイスまたは仮想トンネル論理インターフェイスを VE メッシュ グループから削除し、その上で MAC 学習を無効にします。その後、EVPN IM ネクスト ホップが VE メッシュ グループに追加されます。BGP 上での MAC アドレス学習のルーティング プロトコル プロセスにおける EVPN 動作と、MPLS ネクスト ホップのレイヤー 2 アドレス学習プロセスを維持すると通知します。

VPLS ステートメントおよびコマンドは、PE デバイスと、そのデバイスから学習した MAC アドレスの間の VPLS 偽ワイヤに引き続き適用されます。EVPN ステートメントおよびコマンドは、EVPN を実行している PE デバイスに適用されます。

VPLS への復帰

EVPNへの移行で問題が発生した場合、問題が理解されるまでVPLSに戻す必要があります。以下の設定を有効にすることで、ルーティング インスタンスは致命的ではない方法でスーパー PE から VPLS PE に戻されます。

EVPNからVPLSへの移行を取り消す場合、以下が発生します。

  1. EVPNの状態情報は削除されます。

  2. EVPN プロトコルのルートの撤回コントロール プレーントリガーがあります。

  3. ルーティング プロトコル プロセスは、ラベルスイッチ インターフェイスまたはルーティング インスタンスとピアの仮想トンネル論理インターフェイスを使用して、レイヤー 2 アドレス学習プロセスに新しいメッセージを送信します。

  4. ラベルスイッチまたは仮想トンネル インターフェイスにより、新しいメッセージがフラッド グループに追加され、MAC学習が有効になっています。

  5. エグレス IM ネクスト ホップはルーティング プロトコル プロセスによって削除され、レイヤー 2 アドレス学習プロセスにフラッド グループから削除するよう求めるプロンプトが表示されます。

  6. リモート MAC アドレスは、ラベルスイッチ インターフェイスまたは仮想トンネル論理インターフェイスを通して再び学習されます。

LDP-VPLS から EVPN への移行などの機能

表 1 は、マルチホーミング、IRB(統合型ルーティングおよびブリッジング)、LDP-VPLS から EVPN への移行など、関連する機能の一部を示しています。

表 1:EVPN の移行と他の機能のサポート

機能

EVPN 移行でサポートされる機能

MAC 移動

MAC の移動は、VPLS 専用 PE デバイスとスーパー PE デバイスの間でサポートされています。

MAC アドレス が VPLS 専用 PE デバイスからスーパー PE デバイスに移動すると、BGP を超える情報が学習され、ルーティング プロトコル プロセスによって、EVPN ネクスト ホップのレイヤー 2 アドレス学習プロセスが foo.vpls.0 ルーティング テーブル に更新されます。

MAC アドレス PE デバイスから VPLS 専用 PE デバイスに移動すると、ラベルスイッチ インターフェイスまたは仮想トンネル インターフェイス上の パケット転送エンジン で学習されます。レイヤー 3 アドレス学習プロセスでは、VPLS またはラベルスイッチ インターフェイスのネクスト ホップに更新されます。

EVPN BGP によってタイプ 2 ルートが取り下げられた場合、MAC アドレス は転送テーブルから削除されないので、データを失う必要はありません。

転送 MAC テーブルは VPLS と EVPN で共有されます。EVPNとVPLS mac-table-size mac-table-aging-time の両方で設定できる属性や、 などの属性があります。競合が発生した場合は、EVPN の値が優先されます。

IRB

IRB で変更を行う必要はありません。

スーパー PE デバイスでは、EVPN はレイヤー 3 の仮想ルーティングと転送の EVPN ピアから学習した/32 ホスト ルートを MAC+IP タイプ 2 ルートで追加し、サブネット ルートを使用した VPLS IRB 転送は、VPLS を実行しているサイト上で動作します。

階層型 VPLS

ハブアンドスポーク型 PE デバイスを使用する H-VPLS ネットワークでは、ハブ PE デバイスを EVPN に移行する場合、アクセス ラベルスイッチ インターフェイスまたは仮想トンネル インターフェイスを通じて学習したローカル MAC アドレスを BGP にアドバタイズする必要があります。そうすると、他の EVPN 専用 PE デバイスまたはスーパー PE デバイスからアクセスできます。

H-VPLS ネットワークを EVPN に移行する際には、以下を考慮してください。

  • 通常、ハブは、インタースポークトラフィックがハブを介して転送される際にローカル スイッチングが有効になっています。スポーク単独を EVPN に移行し、スポークがレイヤー 3 または MPLS 到達可能性を互いに持つ場合、ハブへのラベルスイッチまたは仮想トンネル インターフェイスと EVPN ネクスト ホップ(リモート スポーク)が VPLS エッジ(VE)フラッド グループに存在します。これにより、リモート スポークが受信した BUM(ブロードキャスト、未知のユニキャスト、マルチキャスト)トラフィックの 2 つのコピーが作成されます。この動作を回避する方法の 1 つは、ハブを EVPN に移行する方法です。

  • EVPN は階層を認識していない。すべてのピアはコアに接続されたと見なされます。ハブとスポークが EVPN に移行された後、スプリット ホライズンにより、BUM トラフィックが他のコアに接続した PE デバイスに転送されません。

ESI 構成

ESI(イーサネット セグメント識別子)は、物理インターフェイスまたはポート レベルで設定されています。